無料ブログはココログ

« 今年も行って来た富士宝永山・・・・part1 | トップページ | 今年も行って来た富士宝永山・・・・part3・・5合目へ »

2015年9月14日 (月)

今年も行って来た富士宝永山・・・・part2・・頂より

2015年9月14日

前回の続きです

ここはお中道 宝永山馬の背を越え ずっと歩いて行けば多少の上り下りは
有るものの吉田口 いや 大沢崩れまで続いている
勿論後ろへ戻っても大沢崩れまで
だが今回の目的地はあくまで宝永山だ
まずは火口底めざし一歩一歩 浮石に足をとられ無いよう慎重に歩を進める


意外と急な下り坂
途中フジアザミが咲いていた そう云えば去年も見たようなImg_4090下り始めて およそ10分 火口底へ着く
ここの標高は2420m
5合目が2400m 6合目が2600mぐらいだから 200mぐらいを登ったり下ったり
ここまで歩き始めてかれこれ1時間だImg_4093これからが難所 と云えるかどうか分らないが 火口壁に設けられた道を登って行く
道は細かく砕けた溶岩 言って見れば砂道だ
其処を蹴り足で一歩一歩確実に登って行くImg_4094高低差で半分程登った時 後ろを振り返れば
なんと雄大な風景よ Img_4095富士の山頂は火口壁が邪魔してまだ見えないが 雲の流れが面白い
この場でザックを降し一服 しばし空を見上げるImg_4096登りはまだまだ続く さあ行くぞ
歩きは蹴り足 砂の中に爪先を蹴り込むように歩いて行くImg_4097やがて 富士の山頂が見えるようになれば 宝永の頂は近い
さあ もうすぐだ
お中道から別れ 宝永山へ直接登る道へ入る
風は強い たくし上げてる袖を降ろし 被っているキャップを手に持ち
一歩一歩
間もなく稜線だ
其処から改めて富士山頂を眺めれば そこには何とダイナミックな事よ
昨年登った時は半分ガスに覆われ見えなかった山が
今回は全て見渡せるImg_4102ここからほんの3分宝永の頂だ 5合目から歩いて2時間ほど

標高は2693m 2700mにはやや届かない だが遮るものない大展望

下界方面を見れば 青い空に 一面の雲海 何と雄大な事よImg_4103目をやや右に移せば 下は御殿場口のPも見えるImg_4105富士の山頂方面を見れば 向こうから流れてくる雲が面白い
見る間にその形を変えていく
そのまま目を雲海方面に移せばImg_4107雲の切れたあたりが三保半島だ
そのはるか向こうは・・・・・・・・・Img_4110この時 この頂には4組ほどのグループ
その人達が少し移動した隙に記念写真としゃれ込むImg_4115ただ風が強い まるで吹き荒れていたような宝永山山頂

余りの風の強さに 長居は無用と ここに居た時間は15分程

馬の背廻りで下山する 帰りは宝永第二火口壁から宝永遊歩道経由で5合目に

その事については次回に続くとして 今日は この辺で じゃあ又。

« 今年も行って来た富士宝永山・・・・part1 | トップページ | 今年も行って来た富士宝永山・・・・part3・・5合目へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
すがすがしいですね。
日常の瑣事を忘れてしまいそうです。

雄大な景色に圧倒されましたfuji

青い空と雲海をみている瞬間の感動が伝わってきて思わずscissorsサインをしてしまいましたcoldsweats01

さすが富士山fuji
真っ青な空に様々な雲!
登った方だけへのご褒美presentですね。

きいろひわさん

ええ その通りですよ 山に入ると日常からは遠くなりますからね 余分な事は一切忘れますよ。まあ その時だけですが。

てんこさん

✌サインですか(笑)そう言ってもらえると行って来た甲斐があります 有難う。

マコママさん

ええ まさにその通りです 当日は天候が味方してくれました ただ 風が強かったですが。見上げれば青い空に白い雲 しかも形が様々で見ていて楽しくなりました 登った甲斐がありましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/62278399

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も行って来た富士宝永山・・・・part2・・頂より:

« 今年も行って来た富士宝永山・・・・part1 | トップページ | 今年も行って来た富士宝永山・・・・part3・・5合目へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック