無料ブログはココログ

« スーパームーンと云うけれど・・・・・ | トップページ | 甲州 茅が岳へ・・・・part2・・頂は360度 »

2015年10月 1日 (木)

甲州 茅が岳へ・・・・part1・・金峰山と富士の大展望

2015年10月1日

何時も思う 山から下りてきたときに
後ろを振り返り よくもこんな急坂を事故もなく下りてきたもんだと・・・・・・

昨日もそうだった
今回登った茅が岳 2度目なんだが 前回行った時 そう急登にも感じなかった
無論下山時も
だが 何故だろう 年のせいなのか 時間がたてば当然道の様相も
変わってくるのは当たり前
それが よく踏まれた道でも・・・・・・・

茅が岳 中央道を通る時 あるいは明野へ向日葵を見に行く時
何時も目にする山
何となく気にはなっていた 又 何時か登るぞ と

天気も良いし 明日 行ってくると 29日に家内に話し 荷物を準備
車の中に積み込んでおく
翌30日朝6時15分前自宅を出る
何時もの様に新東名を走り 新清水ICからR52(別名富士川街道と云う)へ

富士山が綺麗だ 今日の山行を喜んでいてくれるかのごとく
途中富士見坂で停車し まずは1枚

Img_4544目を右方向に移せば おお 素晴らしい 遠くに愛鷹連峰が朝の光を
浴びて浮かんでいる これもゲットImg_4545富沢の道の駅で小休止し
早川町のコンビニに立ち寄り昼食ゲット
後は富士川沿いに縦貫道増穂IC目指す
双葉JCTから中央道へ入れば すぐに韮崎IC そこで高速を降り
右へ 昇仙峡ラインをひた走り ICから15分ほどか
深田公園のPへ着く 下は そこに有った茅が岳案内板だ
ここから深い樹林の道をまずは女岩を目指す
そこまでが案内板によれば1.5時間 山頂までは女岩から1時間と有ったが
結果からいうと2時間で山頂は それは後へ置いといて
取り敢えず女岩目指すImg_4549Pからあるく事数分でT字路 左は深田公園へ ちょいと立ち寄ってみる
下の写真は あの 深田久弥氏と茅が岳の関係を記した案内板
興味のある人はどうぞ 読みにくいかも知れないけどImg_4553下の写真は 公園にある東屋と 向こうに茅が岳Img_4554公園を後にし 先ほどのT字路から登山道へ 鬱蒼とした樹林帯だ
夏はまだ凄いらしい おまけに蒸し暑い様だが 今は空気がヒンヤリ
まことに歩き易い道が続くImg_4558韮崎方面からの林道を過ぎたあたりからだんだん登り坂に
その内下の様にImg_4573登山口から1時間と10分位か 正面に通行止めのテープが
何だろうと見てみれば ここが女岩 落石が多くこの先通行止めとか
岩の直ぐ側まで行って見たかったのだが 止むを得ない
道はここを右へ
岩場の急登が始まるImg_4574浮石に注意しながら高度を稼げばImg_4575やがて稜線乗越 正面に奥秩父の金峰山が見えてくる ただ 樹林の間からだ
稜線にでれば左へ
目を頭の上にやれば ツツジの紅葉だ 光を浴びて 綺麗に輝いている
これをゲットし 道なりに登って行くImg_4597女岩から40分位 いやもう少し早かったか 登山道の傍らに 深田久弥氏終焉の
碑が佇んでいる
この山に初めて来た時はそんな事はつゆ知らず 吃驚したのだが

今回は 軽く手を合わせ 今日の山行の無事を祈るImg_4600山頂まであと少しと云う段になって 道は 岩が多くなる
手を使い よじ登る様な所もImg_4603いい場所に来た むろん岩の上だが まだ山頂には至ってない
見えた 何も邪魔者は無い 向こうに奥秩父金峰山 五条岩が良く見える
一番低い所が大弛峠だろうか その右手には国師と北奥仙丈岳が・・・・Img_4607後ろを振り返れば 富士の大展望 しばしこの眺めに呆気に取られるも
山頂はまだ もう少し登らなければImg_4609・・・・・・・・

ここから5分ほどだったろうか 山頂到着

其処からの眺め 大展望が待っていた 少々木が邪魔するものの360°の眺めだ
富士山をはじめ 奥秩父、八ケ岳、はるか向こうに北アルプス、南アルプス
文句の無い眺望だ ただ山頂は狭い しかも石ころだらけ
早めの昼食をとり 下山と相成るのだが 山頂からの眺めと下山については
次回にするとして 今日はこの辺で じゃあ又。

« スーパームーンと云うけれど・・・・・ | トップページ | 甲州 茅が岳へ・・・・part2・・頂は360度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
いつも有難うございます。
凄い景色fuji登った方だけへのご褒美ですね。
好天に恵まれたのもよかったです!

パパさん・(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
登山途中の険しい道のりも素晴らしい山の展望に元気を貰って登れるのですね♪
そんな眺望を登らずしていつも見せて頂きヾ(*´∀`*)ノ

変わりやすい山の天気には詳しい情報をキャッチしてお出かけくださいね。

いつも富士山の大パノラマありがとうhappy01
包み込んでくれるようななだらかな裾野が大好きなんですheart04

身延線乗ったり、富士山の周りに行ったのに見えなかった富士山・・・嬉しいです^^/

山歩きしながら見える富士山、すっごくステキshine
越後の山からは見ることが出来ない景色に感動ですぅ~lovely
紅葉が始まった登山道の風景もイイわぁ~maple

tuba姐さん

うん 良いでしょう 何処の山へ行ってもこっちでは大抵富士山見えるからね 勿論全部が全部じゃないけど でも 嬉しいね富士山が見えると。

マコママさん

好天 山はそれだけですよ 始めから悪天が予想される時は絶対に行きませんから。

koutanbabaさん

そうですね 見えるであろう眺望 やはり期待して登りますね で 実際それが見えると疲れなど吹き飛びますよ それが又次につながるのかも知れませんがね。むろん悪天が予想される場合は 朝 どんなに天気が良くても絶対に出かけません。

キハ58さん

富士山の周辺と云えど富士山が見えるとは限りませんからね 麓より遠くからの方が良く見える場合も有りますよ 季節や気候の関係などでね。一概には言えませんが冬の方が見える確率は大きいと思いますよ。それと身延線は富士川に沿って走ってる時は全く駄目ですね。それだけは確かです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/62384603

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州 茅が岳へ・・・・part1・・金峰山と富士の大展望:

« スーパームーンと云うけれど・・・・・ | トップページ | 甲州 茅が岳へ・・・・part2・・頂は360度 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック