無料ブログはココログ

« 今年も菊花展へ・・・三島楽寿園にて・・part1 | トップページ | 秋色深まる駿府城公園 »

2015年11月13日 (金)

今年も菊花展へ・・・三島楽寿園にて・・part2

2015年11月13日

前回の続きです

それより 池の方に行って見るか 確か今水が有る筈だから と
いやその前に昼だ 昼を食べてから池の方へ行って見るかと
園内にある休憩所で 昼食 その後小浜池方面に向かい 池を眺め 
再度 この盆景の前へ

その前に菊の展示ブースを見ていくか 道すがらだしと

ここは作者の丹精が偲ばれるところ
その一つ一つを眺めながら 小浜池方面に足を向けるImg_5784懸崖、鉢物、3本仕立て等々
コンクールも同時に行われており 色々な賞が各花につけられていたが
悲しいかな素人目にはすべての花が同じように見えたのも事実であるImg_5785
Img_5790
Img_5829
Img_5835子の展示ブースを離れ 色づき始めたモミジなどを見ながら
池へ足を運ぶImg_5806
Img_5808楽寿園の云われについては 以前にもこの場で紹介している為 今回は省略するが
小浜池に水が有るのは最近では珍しい
昔は年中なみなみと水が有ったんだが
今は涸れていることも有る 小浜池 周囲の木々を写しなんか絵になる様なImg_5813下の写真は 遊歩道を挟んで反対側の水路
水の流れが気持ちが良いImg_5815
Img_5820小浜池を一回りし元に戻れば
下の写真の様なモニュメント
これは箱根西麓にこの12月14日にオープンするという観光用の吊り橋
三島スカイウォークのミニチュアだImg_5825これらを見ながら 再度盆景の前に
改めて じっくり眺めImg_5841反射炉のモニュメントも再度眺めImg_5848楽寿園を後にする

園外へ出た時 時計を見れば12時半
かれこれ2時間か
帰るか 今帰れば悪くとも2時半には帰れるだろう

車に戻り 元来た道をひた走る

帰りは意外と順調
行きに比べ 30分程早く帰着
2時少し過ぎた頃だった。

と云う事で この項 これでお終い じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・11月11日
場所・・・・・・・・・・・・・三島楽寿園にて

菊の花言葉・・・・・・・高貴、 高潔、 高尚

« 今年も菊花展へ・・・三島楽寿園にて・・part1 | トップページ | 秋色深まる駿府城公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜

菊って奥が深いですね。
種類も色も、、、そしてお花の大きさも様々で。
その菊の花を絵の具や貼り絵のように自在に空間に描くことができるし。。。。。

昔、小さい頃菊人形展を見に行ったことを思い出しました。
その頃、その人形が怖くて怖くて仕方なかったのを覚えています。

今でも、、、人形はちょっと苦手。
ハッピーのパパさんの写真にあるお城?の屋根に敷き詰めた菊に花がすごく素敵で、和の芸術って感じがします。
白と黄色の菊で散りばめた屋根が素敵でため息が出ちゃいました。

coldsweats01パパさん!まとめ読みです。ぺこりん!
ここに来ると季節がしっかり解りますね。
菊花展も今年は行ってません。これからある所を見せtもらうつもりです。
モミジのはも色着いて来ましたね。かわらっこは、まだです。
今日は、竹林寺に行ける予定でしたが、高知市で足止めでした。
次回に行く時には、紅葉も進みそうです。
*ハッピーちゃんの所で書かずにいましたが・・どんどん体力が低下?してるかなぁ?
 PC画像のハッピーちゃんをなでている私です。

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!いっぱい文字がむちゃくちゃ!
なんだかPCも変です。自分も変ですが~・・(笑)適度に理解して読んでやって下さいね。☝

今晩は♪
近くに春は桜の名所、秋は菊祭りで有名な公園がありますが
今年も菊祭りはご無沙汰。
ベランダの菊で済ませていますが
そちらの菊は豪華絢爛ですねv
菊を咲かせる人の丹精がしのばれます。

パパさん ハピちゃん おっはよーです(^O^)

菊、って 大きさ色、形、びっくりする程 種類が豊富!!なんです
子どもの頃は 菊と、聞くと ( ´艸`)プププ
どうしても 仏壇のお花のイメージがありましたが
可愛らしい小さな菊もあるんですね〜〜

こころぐ郁美さん

ハッピー?うん 以前と比べるとかなり落ちてるね 歩き方が違うもの それから認知症になってるのかな 言う事を聞かないことも有るし。仕方ないと思うけど。

野花さん

有りましたねー 菊人形なんてのが 幼い頃見た事有ります。それに比べたら最近は豪華になりましたよ しかも種類の多い事 吃驚しますよ やはり時代の違いなんですかね。

マコさん

そうですね 確かに豪華です それと同時にコンクールもやっているんですが 間近でそれを見ると作者の丹精が偲ばれますよ。

うずちゃん

仏壇かー そういえばそうだよね 今でも菊が多いもの。けど種類が多いにも確かだね大きいのから小さいの 丹精込めて作るんだね 菊花展見に行くと作者の労が偲ばれるもの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/62668391

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も菊花展へ・・・三島楽寿園にて・・part2:

« 今年も菊花展へ・・・三島楽寿園にて・・part1 | トップページ | 秋色深まる駿府城公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック