無料ブログはココログ

« 冬の温もりの下で | トップページ | 早春の花見 室内牡丹園へ・・・遠州 可睡斎 »

2016年1月 9日 (土)

ローバイ香る頃

2016年1月9日

今月5日頃だったか TVのニュースで流れていた
羽鳥地区にある洞慶院というお寺の梅園に咲くローバイが見ごろになっているという

へー もう満開なの?
早いなー じゃあ近いうちに見に行ってくるかな

平年に比べると1週間ほど早いという

とまあ そういう事で 7日昼過ぎ花見に出かける
今までならハッピーも必ずと言っていいほど一緒だったんだが
もう それも不可能に近い 家で留守番だ

洞慶院までは家から20分ほど
梅園Pへ到着
洞慶院と云うお寺 歴史は古く 静岡では名刹だ 開創当初は真言宗だったようだが
後で改宗し僧堂宗となったお寺である

とにもかくにも その梅園の奥まった所にローバイは植えられている
満月ローバイと蘇秦ローバイ

その両方とも一部蕾はあったものの見ごろを迎えていた
以下はその時撮った写真をImg_6922ここは山あいに位置するため 風はそれほど当たらず 日中は意外とポカポカ
ただ 日が陰ると途端に寒くなる
このため 他の地域よりも少し遅れて見ごろを迎える筈だったんだが
やはり暖冬が影響してるのかImg_6924これは満月ローバイ
順光線で見れば良いかも知れないのだが どうしても光を透かして見たくなるImg_6928
Img_6929周囲に芳香をまき散らしながら冬空の下で咲き誇るローバイ
見る者の心に一時の安らぎを与えてくれる
これが目的なのかは知らないが この日 次から次へ見に訪れる花見客
狭いPが余計狭くなるImg_6933これは蘇秦ローバイ 花の形が満月とは全然異なる
この写真を撮った後ろ側には早咲きの梅Img_6936木全体で見ると 4分咲きぐらいだったか ピンクが風に優しく揺れていた。Img_6939これは同じ園内にある藪椿 開花具合は1分ぐらいだったかImg_6941そして再び蘇秦ローバイを
う~ん いい香りだImg_6947これは満月ローバイ
この後お寺の本堂前から庫裡の裏側へ そして墓地前から又梅園へ向かうImg_6952これは鐘楼近くに植えられている日本水仙 ローバイとのコラボもと考えたんだが
結局上手く行かず 単独で撮影Img_6955これは蘇秦ローバイ 樹高5mぐらいあっただろうか 大きな木であった。
そしてちらほら咲いていた白梅をImg_6969最後にもう一枚 逆光の満月ローバイImg_6976ここの梅園 古木が多く中々風情のある所で その見頃は例年2月末から3月初め
その時分は大勢の花見客で賑わう
市内でも有数の梅の名所でもある

無論 過去 何度も花見を楽しみに出かけている その内何回かはハッピーも連れて

と 言う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・1月7日
場所・・・・・・・・・・・・静岡市羽鳥 洞慶院 梅園にて


ローバイの花言葉・・・・・先導、 先見、 慈愛、 優しい心

梅の花言葉・・・・・・・・・・・高潔、 上品、 忍耐、 忠実、 独立、 厳しい美しさ、 あでやかさ

水仙の花言葉・・・・・・・・・自己愛

椿の花言葉・・・・・・・・・・・理想の愛、 謙遜、 控えめな美点







































« 冬の温もりの下で | トップページ | 早春の花見 室内牡丹園へ・・・遠州 可睡斎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

特にラスト1枚、お日様に恥ずかしそうにしている感じの姿がイイですね!

ヽ(´▽`)/いやぁ~~~お見事ですね。❀
香りがどんどん届いてきますよ~✿❀❀❀❀~微笑み~❀

こんにちは。
あ~香りが届きそう~
色とりどりのお花が一斉に咲いた感じですね。
これも暖冬の恵みでしょうか?

マコママさん

そうですねー 暖冬の影響が有るでしょうね。

こころぐ郁美さん

見事でしょう ただ少し時期が早すぎますね それが良いのか悪いのか何とも分かりませんが。

キハ58さん

ええ こんな感じで撮るのが好きで 必ず一枚や二枚撮る様にしてますよ。

逆光のマジック、凄い!
より一層美しい花に見えるから不思議。
アタシも逆光で見てもらったら、美しく見えるかしら?( ´艸`)

いち早く咲き始める蝋梅。
私も大好きです。
近くに蝋梅の公園があるのですが、私も行かなくっちゃー

うんうん。。。太陽に透かして見たくなりますよね。
2枚目の写真、
透けるよな薄い黄色が儚く感じて。。。
中心が濃くて深みもあって。。。。
この写真すごく好きです。

香りも漂ってきそうですね。

tuba姐さん

うん?うん もしかしたら・・・・・・。

野花さん

ローバイ どうしても逆光で撮りたくなりますよ 順光線より深みが出ますからね 2枚目もそんな中の1枚です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63032914

この記事へのトラックバック一覧です: ローバイ香る頃:

« 冬の温もりの下で | トップページ | 早春の花見 室内牡丹園へ・・・遠州 可睡斎 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック