無料ブログはココログ

« 枝垂れ梅咲き誇る花庭園・・・掛川龍尾神社 | トップページ | 伊豆の瞳 八丁池へ・・part2・・池の畔で »

2016年2月28日 (日)

伊豆の瞳 八丁池へ・・part1・・天城稜線歩道を歩く

2016年2月28日

ここへ来るとこの曲が頭をかすめる
さよならも言えず泣いている 私の踊り子よ ああ船が出る・・・・・・・・
そう伊豆の踊子の曲である

こことは天城旧街道・・・・・・

27日の事 今から行ってくるよと 出かけたのは朝6時半

前日に明日は八丁池まで行ってくる
ハッピーの散歩はして置くからと

静岡から高速に乗り 沼津ICから縦貫道へ 途中混雑するも
天城トンネル手前水生地(すいしょうじ)Pに着いたのは8時50分ごろだ
足ごしらえをし国道を横断し天城大橋を右に見て旧天城街道へ入るImg_8483
Img_8484狩野川源流の本谷川に沿いながらImg_8486歩く事800m程で水生地
そこから1k程で
旧天城トンネル入り口に着く 車から20分ほどの距離であるImg_8491この時口ずさんでいたのが伊豆の踊子 踊り子たちも通ったであろう旧街道を歩きながら
自然口から出ていた。
トンネル右横から登りに入る
人1人の狭い急な九十九折の登り道 歩く事20分ほどで天城稜線歩道に出る
ここは現在の天城峠Img_8494右へ行けば旧天城峠を経て仁科峠方面へ ちなみに幕末時ハリスが通ったと云われる
峠は旧天城峠である 今は二本杉峠と云っているようだが。
真っ直ぐ伸びる道は河津七滝(ななだる)方面だ
目指す八丁池方面は左方面である 当然左へ
その前に行ったん小休止 喉を潤し出発
先行者を追い越し 快調に歩いて行けば 途中から右へ
あらら まっすぐ行く道は通行止め
崩れたかなんかしたのかな 止むを得ないな その道
右へピークめざし中々の急登
足元に注意しながら ピークを過ぎればImg_8504_2上の写真はピークをやや過ぎたあたりからの眺め 富士山が薄く見えていた


下り着いたところが向峠
当然真っ直ぐだImg_8528右に左に曲がりながら僅かなアップダウンを繰り返し
やがて左へ大カーブ 山葵田を横目に快調に飛ばすImg_8530道は天城特有の原生林 ブナやヒメシャラや馬酔木の混交林を見ながら徐々にImg_8535徐々に目的地へ近づいて行く

そして迷う事なし一本道
適当なところで一服し
喉を潤し
水生地遊歩道を左に見て
やがて最後の登りImg_8539両側が馬酔木に囲まれた中登って行けば 寒天林道側から登って来る道とぶつかる
其処を左へ曲がればすぐそこだ

その前に展望台へ寄って行くかと 左へ 1分ほどで展望台
鉄製の台へ登れば眺望は360度
目の下には八丁池Img_8542向こうには戸塚山から天城主峰の万三郎 その向こうに万次郎Img_8544西側には遠く駿河湾Img_8543天候に恵まれれば富士山も見えるという
又 今はすっかり葉を落とした冬景色だが 新緑から紅葉に至る季節は
目にも鮮やかな風景が望めるという

一回り見回して 展望台を後に八丁池目指す 後5分ほどである。

と 言う事で 続きは次回に 今日はこの辺で じゃあ又。

« 枝垂れ梅咲き誇る花庭園・・・掛川龍尾神社 | トップページ | 伊豆の瞳 八丁池へ・・part2・・池の畔で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
よく歩かれることshoeshoeお元気な証拠ですね。
去年、妹たちと伊豆へ行きましたが、旧天城トンネルへは行きませんでした。
八丁湖池も初めてしりました。
七滝は一部のみ見ましたが・・・。
続きを楽しみにしております。

パパさん・(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
寒々とした木々の中を抜けての山歩きは大変そう。
登山慣れしたパパさんはなんてことないのかもしれませんね。
いながらにして素晴らしい景観を拝ませていただきいつもいつもありがとうです♪
山の空気は新鮮でオゾンたっぷり♪パワーも沢山充電できそうヽ(*´∀`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63275854

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の瞳 八丁池へ・・part1・・天城稜線歩道を歩く:

« 枝垂れ梅咲き誇る花庭園・・・掛川龍尾神社 | トップページ | 伊豆の瞳 八丁池へ・・part2・・池の畔で »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック