無料ブログはココログ

« 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ | トップページ | 今年もやってきた桜の季節 »

2016年3月18日 (金)

親思う山 思親山へ

2016年3月18日

思親山 この名前にひかれ 初めて登ったのは 今からおよそ20年ほど前
その時 山頂からの眺望があまりに素晴らしく その時のイメージのままでいた。

また この山 日蓮上人と切っても切れない縁が有るという
親思いの上人が
この山に登って 遠く 故郷房州をしのんだ故につけられた名前と云う 思親山

山は東海自然歩道にも組み込まれており 指導標は立派に完備 道もそれなりに
整備はされているんだが・・・・・

そんな山へ 行って来たのは17日の事
朝から良く晴れ 絶好の山日和
自宅を出たのは7時15分前 新東名を使い 新清水からR52へ
富沢道の駅の少し先にある富栄橋で富士川を渡り 内船の街へ
身延線の駅の手前を右折し内船上佐野線に入る
この道 車1台がやっとの曲がりくねった簡易舗装路 慎重に車を操り
やがて大嶺平林道とクロス 車をそこへ置き 後は歩くことに
林道を佐野峠まで そこから稜線を思親山を目指すことになるのだが
稜線に入ってしばらくは自然林が続くんだが その内 ほとんど植林帯
山頂手前で一部展望に恵まれた場所が有ったには有ったんだが
いずれにせよそこも植林帯 まだ木が育っていないだけ 後 数年すれば・・・・
山頂でも展望は有ったのだが 樹木が伸び あれだけ素晴らしかった展望が
・・・・・・う~~ん
これじゃ仕方ないと 喉を潤し写真を数枚撮っただけで先へ行くことに、
するとこれが又 何処まで続くか植林帯 そういう感じでついに大展望には縁がなし
唯一 切り開きの佐野峠だけが絶景を見ることが出来た今回の山旅
イメージががらりと変わってしまったのは致し方ない。

殆ど休憩せず歩き通しで 車に戻ったのは まだ11時にもなっていなかった
歩きだしが8時15分 予定では1時半ごろ戻る予定だったが・・・

昼は初夏紫陽花で有名な内船公園に立ち寄り そこで昼食をとる
以下はその時の写真を数点
まずは車を降り 佐野峠を目指す途中 伐採後の空き地から
安倍奥の連山を望む 前々日降った雪で稜線は白くなっていたImg_9010次は 前方の切り開きが佐野峠
ここまでが歩きだして30分経っていたかどうか 手元のガイドブックだと1.5時間と
なっているのだがImg_9012次は佐野峠からの富士山の絶景Img_9014次は 稜線を登り始めて間もなくの所 このあたりはまだ自然林だったのだが
向こうに見える黒い影が植林帯Img_9017次は山頂のすぐ手前で 伸び始めた杉やヒノキの若木越しに
まずは天子湖を真下にのぞみ
はるか向こうには駿河湾が見えてる筈なんだがImg_9021次は 同じ場所で 富士山と愛鷹連峰を望む
望むといっても伐採した後の切株の上に立っての撮影となった。
樹木が伸びればこれらの風景も見えなくなるのは目に見えているImg_9022次は山頂にて 昔はもう少し眺望が良かったのだが 
20年も経てば仕方ないのかも
ここまでが歩き始めて凡そ1時間と10分位 早いのか遅いのか・・・・Img_9025
Img_9027そうそう ここの標高だが1030.9m 静岡の竜爪山とほぼ同じだ
三角点は2等点が埋め込まれていた

下山はそのまま南へ 起伏の少ないくそ面白くない樹林帯の山稜をどんどん下るImg_9029昔は相之山を通過したと思ったんだが
指導標は迂回
その通りに歩いて行けば やがて大嶺平林道とクロス
其処を右折し5k程歩いて車を回収
再びあの細い曲がりくねった内船上佐野線をユックリユックリ下り
内船公園に立ち寄る
其処は底抜けに明るい
眺望も素晴らしい 公園のベンチで昼食を取り
改めて今歩いてきた思親山方面を眺め イメージを一新
下の写真で中央部の山がその思親山だImg_9078もう登ることも無いとは思うが 一応 胸に刻み 車を静岡めざし走らせる
帰宅した時 午後2時 余りの早い帰宅に家内も吃驚

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・3月17日
場所・・・・・・・・・・・・・思親山 及び その周辺




















« 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ | トップページ | 今年もやってきた桜の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 「思親山」は何とお読みするのでしょうか?
親を思う山なんていいですね。
親を思わない子もいないですもの・・・。
20年も前に登られたのですから、回りの景色も
変わるのですね。
それでも雄大な富士fujiが望めて素晴らしい景色を
堪能されたと思います。

ヽ(´▽`)/絶景なり!!ですね。
もったいなく・・見せて頂きました。ありがとうございます(^O^)/

こんばんわ〜
良い名前の山ですね、日蓮さんも人の子親を思ってその方向を見るんですね〜
 我が家のベランダから見える52号の山は雪化粧でした、寒かったのでは?
昔の記憶と少しかけ離れて残念でしたがそれは時間が回っている事でしょうか。
また素敵な山を思い出して尋ねてください。

佐野峠からの富士山は、見事の一言です!
そろそろ、春霞になってきますかね^^;

マコママさん

ええ 富士山が半分目的のようなものでしたから それにしても20年の月日は 景観を変えますねー 当たり前かも知れませんが。

こころぐ郁美さん

いやいや 見てもらって有難う。

せせらぎさん

ええ 良い名前の山ですよね 子の名前にひかれて行ったんですから。でも一口に20年って長い時間ですよね 景観が変わるのも無理からぬことですよ。

キハ58さん

絶景でしょう 遮るもの何もなかったですからね この佐野峠からの眺めは、後は植林帯やら大きくなった木が邪魔したりで・・・。

富士山はイイですねぇ~
佐野峠からの富士山、いつもとは違った風景で、また一段と美しく見えますねfuji

こんにちは✿
思親山、素敵なお名前ですconfident
富士山の眺め、安倍奥もすばらしく良い日に登られましたねヽ(´▽`)/
でも、昔のイメージがガラリと変ってしまったことは一抹の寂しさを感じますね。

tuba姐さん

ええ 佐野峠は意外と人気が有る場所のようですよ。兎に角遮るもの何もない絶景でしたから。

らるごさん

ええ 何しろ前回登ってから20年たってますから 変わっていて当たり前でしょうね 何処か寂しくも有りますが。でも富士山には会えたし それはそれで良しとします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63361305

この記事へのトラックバック一覧です: 親思う山 思親山へ:

« 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ | トップページ | 今年もやってきた桜の季節 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック