無料ブログはココログ

« やっぱり橋は長かった | トップページ | 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ »

2016年3月15日 (火)

子供の頃の思いを胸に歩く平沢路

2016年3月16日

平沢路
子供の頃よく歩いた思い出の道
どうかすると歩きたくなる思い出の道
春夏秋冬関係なく 歩いても別に何の変哲もない山里の道だが無性に歩きたくなる

子供の頃 よく 遊びに来たものだ
側を流れる川では季節に関わらず魚釣りや沢蟹獲り
夏は蝉やクワガタ、カブトムシ
秋は栗
冬は田圃の氷と戯れ
春は山菜取り 等々

そんな平沢路 昔の事を思い出しながら14日午後 歩いてきた
カメラをぶら下げブラブラと
車は県立美術館に併設されている駐車場に置き
一回り

自宅からPまでは20分程
其処から平沢まで歩いて 普通なら30分程なのだが
兎に角ノンビリ 途中から川沿いの道に入る
ここは日本平ハイキングコースの一部にもなっていて よく整備はされている。

その道を昔を思い出しながら歩いて行けばImg_8951足元にはレンゲソウ Img_8953ツクシンボが春の到来を教えてくれているImg_8962直ぐ側には吉田川 今でこそ護岸整備された川だが 昔は両岸 竹が密集
その竹で良く実鉄砲を作ったものだ
又 釣竿代わりにも。
それも昭和49年だったかな七夕豪雨 それに伴う洪水で 河川改修が行われ
今の様な川岸となってしまった。Img_8965そんな事を思い出しながら歩を進めて行けば やがて平沢集落
チョイト高みに登り 向こうを見れば はるか向こうに竜爪山
懐かしい眺めである
集落に入ってすぐに平澤寺(へいたくじ)真言宗のお寺である
ここまで来たらお参りしてかなきゃと
山門をくぐり 向こうに見える石段を登ればImg_8967観音堂が鎮座 この観音堂に祭られているのは千手観音
行基菩薩が納めたと云われる観音像だ
ここで手を合わせ 今度は石段ではなく坂道を下りお寺を後にするImg_8971足元にタンポポが咲き競う道をImg_8976吉田川を渡り 竹藪の中の道を登って行けばImg_8978舞台芸術公園に出る
その中につけられた道を 又 平沢路目指してのんびりと
途中正面に富士を望みImg_8984歩いて行けば
おんや 蕗の薹だよ
昔は良く採ったものだよImg_8997少し上の方を見れば 群落
写真ではこんなものしか写ってないが 有るは有るは 一面蕗の薹
斜面のため足元に注意しながら写真だけ撮りImg_9001平沢路に戻る
やがて先ほど歩いて行った道との合流点
昔懐かしい風景を眺めながら 車に戻った 春の午後のひと時Img_9003

この道 ハッピーも連れて行った事が有る ただ 近くに射撃場が有り
その射撃音に驚き それ以上歩かなくなってしまった記憶も蘇る

何の変哲もない山里の田舎道だが 時折無性に歩きたくなる平沢路

間もなく桜の時期 その時には又歩きに行くだろう

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・3月14日
場所・・・・・・・・・・・静岡市内

レンゲの花言葉・・・・・・・心が和らぐ、私の苦しみを和らげる、感化

土筆の花言葉・・・・・・・・・向上心、意外、驚き、努力

蕗の薹の花言葉・・・・・・・待望、愛嬌、真実は一つ、仲間

« やっぱり橋は長かった | トップページ | 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
懐かしい場所を歩くのっていいものですよね?
子供時代の思い出が詰まっていて・・・。
 私も数年前、妹たちと育った場所を訪れて
すっかり変わった建物や変わらないものなど懐かしさで
一杯だったのを思い出しました。
 蕗の薹は採ってはいらっしゃらなかったのですか?
レンゲソウやつくしんぼ、すっかり春ですね。
霊峰富士も見事は姿fuji

こんばんは!
私は、写真の竹藪を登った辺りの劇場の手前で野鳥を撮ってますよ。
今年も行きます。
夏鳥がやって来るのは、あと、ふた月くらいですかね。
楽しみですよ。

タイムスリップしたような田舎の風景に和んでいますhappy01
足元には春を感じ、変わらず富士山は堂々としてそびえ立ち良い眺望ですね。
ここに模専属モデルのハッピーがいたらな~って思ってしましますheart04

おはようございます✿
小さい頃歩いた道は懐かしさでいっぱいですねヽ(´▽`)/
レンゲソウにつくし、タンポポ、小川にはめだか、田んぼにはおたまじゃくしがいましたnote
1枚目のお写真に、煙が見えますeye
何か枯れた物を燃してるのですね。
そんな煙の香りも、今では懐かしいです。
富士山もきれいに見えて、よいところですねfuji
こんな道はほっとしますconfident

マコママさん

ええ 思い出がいっぱいですよ 景観もそれほど変わっていないしね 良い所です
で 今回は蕗の薹 写真だけでしたよ 以前ならすぐにでも採ったんですがね。

FUJIKAZEさん

そうだったんですか そういえばあのあたり鳥がいますからねー。この時も良い声で囀ってましたよ。

koutanbabaさん

タイムスリップ そうなりますかね まあ山里ですから。過去ハッピーももちろん連れて行ってますよ 今はもう無理ですが。 

らるごさん

ええ 懐かしい思い出いっぱいです 景観はほとんど昔のままだし 違うって云えば道路が舗装されてるくらいで 歩くのには良い所ですよ。1枚目の写真の煙ですが 何の煙かなって帰り道確認した処 茶の木を燃やしてる煙でしたね 新しく植え替えるんだと思いましたが。

なんて癒しの風景なんでしょう。
たくさんの思い出が詰まった場所でもあるのですね。
蕗の薹、懐かしいです。昔はその辺この辺に生えていたのに、今では探さないと見つかりませんweep
こんなところでゆったりと数日過ごしてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63348833

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃の思いを胸に歩く平沢路:

« やっぱり橋は長かった | トップページ | 夜桜ならぬ夜モクレンもいいもんだ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック