無料ブログはココログ

« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part1・・スズランの森にて | トップページ | 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part3・・頂にて »

2016年5月30日 (月)

芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part2・・釈迦ヶ岳へ

2016年5月30日

スズランの森を出て駐車場を通り過ぎ林道にでて少し歩けば 左側に指導表
釈迦ヶ岳への登山口だ 山頂までは70分とある
この道 以前にも歩いた事が有る 稜線まで一気に登りつめる近道だ
最初は緩やかな登り道だがその内段々傾斜がきつくなってくる
歩き始めてしばらくたったころ山ツツジの歓迎を受ける
至る所に咲いていて良い目の保養だ
25分ほどで稜線に出る 右へ行けばどんべー峠を経て黒岳へ続く道
左へ曲がる
道はよく踏まれ歩きやすい
凸凹を何個か通り過ぎれば3等三角点のある府駒山
だがここは樹林帯 周囲は何も見えずだ 休憩も取らずそのまま通過
やがて岩がちの登山道となり
その内急傾斜
何カ所かロープ場を過ぎ 岩をよじ登れば やがて山頂に至る
山頂には三角点はないが山梨百名山だ
周囲の眺望は360度
南アルプスから八ヶ岳 奥秩父の山々 目の前には御坂山塊の向こうに富士の山
素晴しい山だ
以前登った時にはそこまで意識していたかどうか
兎に角眺望がすばらしかった それだけだ
山頂は至って狭い
東西に細長い大きな岩がゴロゴロ
山頂には小さな夫婦仏が富士を背に祭られている 中々立派で可愛らしい
お地蔵様である 又 南無妙法蓮華経の石碑と山梨百名山登拝修行の
御一行が安置した石碑もおかれている。

さて釈迦ヶ岳の語源だが 昔 岩がごつごつした山なので
嵯峨ガ岳と呼んでいたそうな
それが五感が似ている所から釈迦ヶ岳となったとか

下の写真は登山道入り口から山頂までの間に撮った写真です
まずは入口からImg_1700始めはこのように全く緩やかな登り道Img_1701それが進むにつれ段々急登になって行く
下の写真は途中で迎えてくれたオオヤマツツジImg_1752こんなのがいたるところに 目にも鮮やかに咲いていたImg_1753これが 稜線に出た所 三叉路になっている
ここを左へ(西方向へ)道をとるImg_1754足元には可憐な まいづる草Img_1763下の写真が府駒山山頂標識だ 標高は読んで字の如し1562m 眺望は0Img_1767下の写真は途中咲いていたチゴユリImg_1772こんな道を歩いたりImg_1775途中には雲がなければ見える筈の富士山 稜線がほんの少し見えているImg_1778又 こんな所を攀じ登り(ロープは使わずじまい)Img_1782途中で見かけたこの花は?一輪だけ咲いていたImg_1784ここまでくれば山頂は近い ここで先行をFUJIKAZEさんに譲り 後ろからノンビリ歩くImg_1786着いた所が山頂
三角点はない だが眺めは360度
雲がなければ最高の眺めだが こればかりは仕方なし
取り敢えずいつものようにザックを置き記念写真
ここの標高は1641m府駒山よりも80mぐらい高いのだが・・・・Img_1788着いた時には富士山には雲がかかっていて見えなかったのだが
昼食を済ませ 少し待つ間に見えてきた富士の姿
それを写真に収め 下山開始する

人気の山 ハイカーも続々と上がってくる 狭い山頂
それほど座る場所も無いのだが・・・・・

という事で 次回は この山頂から見た富士の姿をここに
他にも雲に浮かぶ南アルプスや八ヶ岳、奥秩父方面の山々等

じゃあ又。

« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part1・・スズランの森にて | トップページ | 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part3・・頂にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山梨百名山という釈迦ヶ岳への登山は登ったのですから下って帰ってくるのですよね(笑)
とても急な岩場を攀じ登り~スゴ~いupwardright
普段、足腰を鍛えるストレッチなどをしてないと無理ですよね?

パパさんの登山レポで登った気になっています~ありがとう♪

今までに登ったことがある一番高い山は大菩薩峠(独身時代)ですがとても苦しかったこと思い出しますcoldsweats02
頂上に着いた時の達成感~感動は忘れられませんヽ(´▽`)/

おはようございます。

沖縄本島の山はジャングルの様で、眺めの良い登山道はほとんどありません。うらやましいです。

今の時期のそちらの山は色々な植物がみられ楽しみですね。
過去に何度か本州に行った時、見た花も有り懐かしく思いました。

釈迦が岳。。。。
大好きなお山です。
って一度しか行ったことはありませんが、最後の急登、そして狭い頂上。
展望もよく、自分だけの世界のような気になってしまう。。。

一輪だけ咲いてたお花はなんでしょうね。
黒っぽい色?
まさか黒百合ではないですよね。
気になります。

お花との出会いも楽しいこの時期の釈迦が岳でしたね。

野花さん

何なんでしょうねー クロユリではないと思いますがね。又 調べてみますよ ただし忘れなければですが。

koutanbabaさん

そうですね 登った以上は下って来なきゃ帰る事は出来ませんからね(笑)それと攀じ登るって言っても道はちゃんとついてますから大した事はないですよ 誰でも登れる山ですから。

yanbaru(やんばる)さん

はい 全くその通りですよ 山域によって咲く花は幾分異なりますが 楽しめますよ。

こんばんは♪
お花見山行、イイですねぇー🌷
何だろうのお花、ミヤマハンショウズルみたいだけどぅ・・・。
雲に隠れた富士山も、イイなぁー

tuba姐さん

そうですねー 花見山行は楽しめますね 花と景色とで。ところでミヤマハンショウヅルですか ここに載せた後で図鑑見てもしかしたらと思っていたんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63705122

この記事へのトラックバック一覧です: 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part2・・釈迦ヶ岳へ:

« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part1・・スズランの森にて | トップページ | 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part3・・頂にて »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック