無料ブログはココログ

« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part2・・釈迦ヶ岳へ | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part8・・寝る全くよく寝る »

2016年5月31日 (火)

芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part3・・頂にて

2016年5月31日

前回の続きです

着いた時には富士山には雲がかかっていて見えなかったのだが
昼食を済ませ 少し待つ間に見えてきた富士の姿
それを写真に収め 下山開始する

人気の山 ハイカーも続々と上がってくる 狭い山頂
それほど座る場所も無いのだが・・・・・

という事で 次回は この山頂から見た富士の姿をここに
他にも雲に浮かぶ南アルプスや八ヶ岳、奥秩父方面の山々等


という事で 下にその時の写真を 北の方角から
まずは雲の中に浮かぶ八ヶ岳
手前に頭だけ見せている茅が岳
この右方向に奥秩父の山並みが見えていたんだが・・・・・Img_1789目を左へ転ずれば南アルプス
甲斐駒から鳳凰連山 仙丈岳が少し覗いている
この左隣に北岳、間の岳、農鳥岳が見えてる筈なんだが あいにく木が邪魔して
視認不可能(場所を変えれば良かったかも知れないが)Img_1790下はやはり南アルプス 右から荒川岳、赤石岳、聖岳と並んでいるImg_1791目を180度転じやや左側を見れば 左に見えるのが御坂黒岳 隣が 破風だ
黒岳よりもっと左方向に目を転ずれば三つ峠山も見えていたが
それはついに撮らずじまいImg_1793そして南側正面に富士山 やっと雲が切れてきた処だ
手前の山は節三郎岳 黒岳と尾根続きになっているImg_1794下の写真は もう少しズームアップして撮った物Img_1798だが なんとも羽虫が多い じっとして居ると煩い位に寄ってくる
季節柄仕方ないかも知れないが

下の写真は見た通り なんとも愛らしい夫婦仏にツツジを入れて富士山を
この頃になるとかなり雲が動き富士の姿が良く見えるようになってきていた
見ればFUJIKAZEさんも富士の撮影に夢中になっていたようなImg_1806下の写真 手前の白い花にピントを合わせれば富士がボケる
止むを得ず 富士にピントを合わせるImg_1808季節柄 次から次へハイカー
狭い山頂 荷物を置きっぱなしにするわけにもいかず それでも40分位
いただろうか
そろそろ下山しますか と 元来た道を下り始める
下り始めるも次から次へすれ違うハイカー
狭い山頂 座る所が有るんだろうか と 余計な心配も
登り優先で その都度 道を開ける
そして途中甲府盆地の方を見下ろせば
リニアの実験線が良く見えるImg_1809ロープ場のある急下降を下り 小さな凸凹を通り過ぎImg_1811府駒山で改めて記念写真Img_1815登って来た道を右に見送り
どんベー峠を目指すImg_1821下り初めて1時間位経ったろうか
時計を確認してない為 分らないが 兎に角どんベー峠に下りたち林道へImg_1822後はPめざしのんびりと歩いて行く

Pへ着いて驚いた
スズランを見に来た人達の車で満車状態
又 道路端まで車が溢れてる
早いうちに来ていて助かりましたね と 話をし
祭りの為に開設されているテント場で蕎麦を食べ帰る事に

帰途 朝霧の道の駅に寄ってもらい サクランボを土産に購入
この頃になると 富士の姿は霧の中
何も見えずだ

後はそのまま静岡へ 家まで送って貰い 次に会う日を約束し この日は別れる

という事で この項 これでお終い じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・5月28日
場所・・・・・・・・・・・・スズランの森 及び 釈迦ヶ岳


スズランの花言葉・・・・・・純愛、 幸福が帰る、 幸福の再来、 意識しない美しさ

山ツツジの花言葉・・・・・・
努力、 燃える思い

マイヅル草の花言葉・・・・清純な少女の面影

ギンランの花言葉・・・・・・おとなしい貴婦人



« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part2・・釈迦ヶ岳へ | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part8・・寝る全くよく寝る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南アルプスや富士山。。。その眺めは最高ですね。

山頂が狭いから、ほかの登山客の方に気を遣いながらのお山でだったようですが、いい景色見られてよいかったですね。
夫婦仏。。。
愛らしいですよね。荒々しい頂上がおかげでホッとする地になっている感じがします。
それに躑躅を入れた富士山の一枚。
いいですね~

私が行ったときは誰も来なかったのでのんびりできましたが、こんなきれいな景色は見られませんでした。
う~ん。。。。人がいないけど景色はイマイチなのがいいのか、、、人が沢山だけど景色がいいのがいいのか。。。
やっぱり景色がいい方がいいなあ~

野花さん

そうですね 展望の山は 矢張り景色ですね 人の多さは二の次ですよ。これで晴れてたら余計に良かったかも知れませんが 欲を言ったらきりがないですから。

こんばんは。
 富士山fujiも眺められて良かったですね。
色々な山の名前をよくご存じですね。
 ここへ引っ越して来た頃、
冬に富士山の横にちょこっと北岳の真っ白な
頂きが見えていたのですよ。
日本で2番目に高いお山ですよね?

マコママさん

山の名前は 知らない方が多いんですがね それでも登っていて自然に覚えましたね。ところで北岳ですが そうです 日本で第2位の高さの山です 標高は3192m
勿論登ったことも有りました。夏山ですがね。

こんにちは✿
愛らしいスズラン観賞の後は雄大な眺めの釈迦が岳、今回も素晴らしい山行でしたねnote
真っ赤なツツジがアクセントになり、風景をひき立てて!
特に南アの雄姿は羨ましいですfuji
茨城から富士山は見えても赤石岳なんてむ~り~\(;゚∇゚)/
次はFUJIKAZEさんとどこにいらっしゃるのでしょう(゚▽゚*)
楽しみですconfident

らるごさん

一応計画だけは立てて有るんですが どうなりますかねー お楽しみに。

晴わたった青空に富士山もいいですが、
雲の合間から、見える姿も、絵になりますね~

やさしいお顔の夫婦仏に癒されました。
一緒に、登れる友達がいると、また楽しいですね。

みぽりんさん

ええ 単独で歩いていた時に比べるとはるかに心強いですからね 話も共有できるし 楽しみも倍加するし 有り難い事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63709438

この記事へのトラックバック一覧です: 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part3・・頂にて:

« 芦川スズランの森and御坂釈迦ヶ岳へ・・part2・・釈迦ヶ岳へ | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part8・・寝る全くよく寝る »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック