無料ブログはココログ

« 展望の山 天水へ・・・・part1 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part3 »

2016年5月 7日 (土)

展望の山 天水へ・・・・part2・・頂からの大展望

2016年5月8日

前回の続きです

山犬の段から東へ伸びる稜線は寸又峡までの間に4つのピークを持っている
まずは八丁の段 標高1562m この山稜で一番高い山である
2番目の山が板取山 標高は1513m
3番目が天水     標高は1521m
そして沢口山     標高1425m この山は寸又3山に数えられている
この沢口山を最後に 寸又渓谷に落ち込んでいる

そして このどれもが一大展望を持っているのだが 中でも天水が最高だろう

だが 山頂域は極々狭い 座敷で言うなら6畳あるかないか
しかも畳を縦に並べたような 本当に狭い山頂だ
大勢のハイカーが来たら とても居場所のないような・・・・

そんな天水からの展望 昔は眼下を流れる大間川の流れも見えたんだが
今は樹林が育ち それだけは不可能
だが大展望そのものは昔とちっとも変らない

見れば見る程惚れ惚れする眺めで有る
まことに贅沢な眺めだ
南アルプス南部の大パノラマから遠くに富士山も

以下はその時撮った写真です
まず 下の写真
すぐそこの山が沢口山 天水から歩いて1時間ほど
一度急下降してうつなし峠に下り再び登り返せば到着するImg_1326はるか向こうに富士山 手前の山は安倍東山稜の十枚山と下十枚だ
その手前が富士見峠から続く井川高原の山並み
それを大きく撮ったのが下の写真だImg_1329下の写真はやはり寸又3山の朝日岳 その向こうに見えるのは大無限から大根沢山
信濃俣などが見えている
中央部のはるか奥に聖岳 上河内岳 茶臼岳などが見えている
左手前の稜線は前黒法師岳だImg_1327下の写真は聖岳方面をクローズアップして撮った物
中央部の残雪の山が聖岳 右側の少しトンガリが上河内岳
その左が茶臼岳であるImg_1338下の写真は 前黒法師岳、黒法師岳、不動岳などが写っている
中央の黒法師岳の左隣は房子山だ
今いる天水から稜線続きの山であるImg_1328下の写真は黒法師岳をクローズアップして撮った物 
この山は我が静岡の駿河大橋上からも望むことは出来る南ア深南部の雄峰であるImg_1330こんな写真を撮ったり眺めたり かれこれ50分程いただろうか
そろそろ戻りますかと FUJIKAZEさんと話をし
山頂を後にする 帰路は同じ道 足元を確かめながら慎重に歩く
途中岩場にカモシカがいるのをFUJIKAZEさんが発見
が 写真撮る間もなくどこかに行ってしまうハプニングも
又樹林の切れ目からは八丁の段が大きく見えるImg_1344風の音を聞きながら新緑の中を歩いて行けば いきなり 目の前に小鳥
行く先をじっと見ていれば なおも近くへ
チャンスだとばかりに一枚
だがこの鳥の名前 FUJIKAZEさんにも分らない
まあいいさ 後で調べれば分かる事だしと 山犬の段に戻った処で判明
其処にはこの付近で見られる鳥たちを描いた標識が
それによればこの鳥[ひがら]というらしい
人を恐れず 平気で側によってくるとか 成程ねー 逃げないわけだと納得Img_1356いつの間にか要注意場所を通過し 板取山を通過Img_1365広河原峠を過ぎ
急登を登り一下りすれば朝歩いてきた舗装道路に飛び出す
如何します?折角だから八丁の段を回って行きますかと
FUJIKAZEさんに問えば そうしましょうとの返事
工事中のホウキナギを迂回するように作られた急な木製階段を
上り始める
途中後ろを振り返ればImg_1373今歩いてきた山稜の向こうに富士山が
右側のピークが天水だ
木製の階段を登る事20分ほど 八丁の段の山頂到着
だがここは樹林帯 展望は0 展望地はもう少し先だ
行って見ますかとそちらへ回るものの
う~~ん 大した事ないなと 行っただけですぐに縦走路へ戻る
其処から15分ほどで再び舗装路へImg_1378すると 右側に白ヤシオ 朝 行く時には確か蕾だったはず
それが見事に開花していた
しばらくここへ釘付けになったのは言うまでもない
だがいかんせん風が強い
ピント合わせても合せても風にあおられユーラユラ
何枚撮ったんだろう
結局ほとんどがピンボケImg_1405まあいいか 見れたんだからとImg_1407車に戻る ザックを降し しばし休息の後 下山開始
再びあの石ころだらけのでこぼこ道を慎重に
大札山の肩からは舗装道路
ここまでくれば国道まではそれほど時間はかからない 後は一気に静岡まで
途中一部で渋滞が有ったものの
無事に家まで送ってもらい 次の山行を約して この日は別れる

風は強風だったが天候は良く 素晴らしい山行を終わることが出来た
という事で この項 終わります

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・・5月5日
場所・・・・・・・・・・・・・・南アルプス深南部 山犬の段から天水

白ヤシオの花言葉・・・愛の喜び

 

« 展望の山 天水へ・・・・part1 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 素晴らしい眺望ですね。
登った方だけが味わう大パノラマfuji
山々のお名前も詳しくていらっしゃる・・・。
新緑と白やしおに可愛い小鳥にも会えて
良かったですね。
FJIKAZEさまとのコンビも最高sign03
またお楽しみに・・・。

ヽ(´▽`)/こんばんは!!
天候良く最高でしたね。
素敵な景色を素敵な案内で登らせていただきました(^^ゞ
こんな体力があるパパさん,FUJIKZUさん・・素晴らしい☆
富士山もいいもんですね。黒法師岳・・名前の通り黒いんだ!
「ひがら」は何かくわえてますね。巣作り?
最後の「白ヤシオ」・・バッチリですね。
*お疲れさまでした(^_-)-☆

おはようございます!
五月晴れに山の緑がすがすがしい素晴らしい山行でしたねfuji
富士山や聖岳も見渡せ、視界もよく何よりでしたヽ(´▽`)/
黒法師岳、カッコイイお山ですね!
シロヤシオにも会えたのですねheart04
清楚な感じがして好きな花です✿
FUJIKAZEさんも雨男返上の1日でしたね^m^

地表からばかり山を眺めているので、こうして山歩き気分を味わえるのは嬉しいです!
高いところから観る富士山は、格別ですね!

キハ58さん

そうですね 富士山は富士山ですが 地表から眺めるのと違って 目線で見ることができますからね 良いですよ。

らるごさん

ええ 彼も言ってましたよ そして喜んでましたね。それを聞いて又嬉しくなったんですが 来て良かったって。実際風は強かったんですが 雲のほとんど無い空 山では珍しかったですね。

こころぐ郁美さん

稜線歩きだから道を間違えない限りそれほど体力は要いらないな。で 富士山はいつもの富士山だけど で 黒法師岳その名の通り 黒木に覆われて黒く見えるからって名づけられた山名も納得だね。ひがらは写真見て分ったさ 目の前に止まった時は夢中でシャッター押しただけだからね 多分巣作りだと思うよ。それから白ヤシオ 確か行くときは蕾だったと思うけど 帰りに咲いてるのを見た時 アッ咲いてるって しばらくその場から離れなかったよ。

マコママさん

ええ 眺望は素晴らしいですよ ただ樹木が育って眼下の風景が見られなくなっていたのは少し残念に思えましたがね それ以外は昔とちっとも変っていませんでしたよ ただこの風景何時まで見えるのか 何れ樹木が大きく育って 見えなくなるのは必定ですから。この景色に彼も喜んでくれて 一緒に行った甲斐が有りました。

富士山くっきり、アルプスも見えて。。。。
そしてシロヤシオにカモシカまで。。。

充実した一日ですね。
頂上でゆっくり景色を眺める時間がたっぷりとれてよかったですね。

私は本来がつがつ登るより、ぼ~っと景色を眺めてのんびり歩くのが好きなのですが、
あまりに歩くのが遅いために、そんなゆっくりもしていられず。。。

ハッピーのパパさんみたいに自分の思いや時間配分で山に行けたらいいなあ~と思います。お友達も一緒に同じ思いで行かれたのかしら。。。。
共感してくれる人が一緒だといいですね。

野花さん

時間配分は慣れかな この程度の山ならこのくらいで歩けばって。歩き方のコツを憶えればどうという事もありませんよ 足が速い遅いは関係ないですね。彼はまだ山は始めたばかりですから 慣れるまでは今少し時間が必要かも知れませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/63592660

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 天水へ・・・・part2・・頂からの大展望:

« 展望の山 天水へ・・・・part1 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック