無料ブログはココログ

« こんな所に抜け殻が❢ | トップページ | 盛夏の甘利山~千頭星・・part2・・山で出会った花々 »

2016年8月14日 (日)

盛夏の甘利山~千頭星・・part1・・目指すお山は雲の中

2016年8月14日

着いた 標高2139mの千頭星 前回登ったのは確か3年ほど前
レンゲツツジ咲く頃だったと思うが

この山 厳密には千頭星山と云う 手元にある古いガイドブックによると
正式には「せんずぼしやま」というらしいが いつの間にか「せんとうぼしやま」と呼ばれ
現在に至っているという
この山に登ったのは今回で5回目 過去4回はいずれもレンゲツツジ咲く6月中旬の頃
その時には大勢の登山者でにぎわっていた山も
7月を過ぎ8月中旬になろうとしている今回は 人1人出合わない静かな山行となった
・・・・・・・

出掛けたのは13日土曜日
相棒はFUJIKAZEさんである
何時もの様に朝6時に自宅に来てもらう
行先は以前より予定していた山梨県甘利山~千頭星へのコース
清水ICから高速に入りJCTから新東名へ 新清水ICからR52へ
増穂ICから中部横断道路へ
途中車の窓から山の方を見るのだが 雲だらけ 何処が何処だか???である
目指す甘利山は???
そんな状態だから南アルプスなど見える筈がない
まあ 雨さえなければいいだろうと
白根ICから再びR52へ
釜無川にかかる船山橋手前を左へ
後は道なりだ どんどん高みをまし 右へ左へカーブを切りながら
登って行く
下から見ていた通り 段々霧が濃くなり
時には真っ白に
前方の道路状況に神経を使い 家を出てかれこれ3時間
甘利山駐車場に着く
レンゲツツジ咲く頃は大賑わいの駐車場も 今は 閑散とし 車が数台止まっていたのみ
早速ザックを背負い歩き出す
ここから甘利山山頂まではユックリ歩いても20分といった処か
足元に咲く夏の花々を見ながらやがて山頂
早速記念写真を 晴れていれば360度の眺望を楽しめたのだが・・・
また条件次第では目指す千頭星も見えるのだが今回は・・・・Img_3624ここまでは誰でも登れるように道はよく整備されているのだが
(正直レンゲツツジ咲く頃 大勢の観光客が押し寄せ 道路も大渋滞を引き起こす)

目指す山へは ここからが本格的な山登りとなる

標高差は400m程 ただし 幾分昇り降りが有る為500m位になるだろうか
いずれにせよ時間にして2時間ほどだ

まずは奥甘利山まで 甘利山頂から一旦ゆるく下りImg_3629草尾根の急登を登り返す
天気さえ良ければ富士山がバッチリ見えるこのコースも今回は全然☓
ただ足元に咲く花に元気を貰いながら登って行く

やがて頂への道を右に見送りImg_3638再び ゆるく下り
次なるピークを目指す
標高2066mの大西峰(おおにしうら)への急登であるImg_3642時折後ろを振り返り FUJIKAZEさんがついてきているか確認しながらの登行
この辺まで登ってくると いかにも南アルプス そんな様相であるImg_3643ダケカンバ、シラビソ、落葉松などの混交林を登って行けば
やがて分岐点 御所山から青木鉱泉方面へ続く道であるImg_3655其処を右に見送り そのまま登って行けば
きつかった登りもゆるくなり
やがてどこかの庭を歩いているかのような案外平坦な道Img_3657ゆるゆると霧が流れる中15分位歩いただろうか 目の前に目指す頂が見えてくる
白い霧が流れ ボンヤリとだが見えてくるImg_3659こんな天候でも時折覗く青空 Img_3660眩しいと思う間もなく霧に覆われるのだがImg_3665やがて最後の急登Img_3664先行をFUJIKAZEさんに譲り 5回目の登頂を果たす
時計を見れば11時10分程
ほぼ予定通りだ
早速いつものように山頂標識の前にザックを置き記念写真を撮りImg_3668休憩タイムとする

ただこの山 眺望は一切なしImg_3674ダケカンバとシラビソに覆われ
木漏れ日が暖かく感ずるそんな頂だImg_3672だが3角点はある
2等点だ 昔は眺望も良かったんだろうな そんなことを思いながら11時40分山を
後にする。

という事で 次回は この山行で出会った花々をここに。

じゃあ 又。


 

« こんな所に抜け殻が❢ | トップページ | 盛夏の甘利山~千頭星・・part2・・山で出会った花々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 やはりFUJIKAZEさまとご一緒だったのですね。
もっと霧が晴れていたら素晴らしい眺望だったことでしょう。
続きを楽しみにしております。

おはようございます!

甘利山~千頭星山、ゆっくり山登りを楽しめましたね(o^-^o)
確かに晴れていれば絶景が楽しめますが、こんな霧に包まれたり、ぱあっと青空がのぞいたり、そんな山行も好きですnote
雨になると合羽も蒸すでしょうし、安全な登山道もスリップしたりで気が抜けないし。
ここはレンゲツヅジのときは混みそうですが、それ以外の時期は静かでいいですねsign03
ダケカンバとシラビソの森、すがすがしいですヽ(´▽`)/

らるごさん

確かにそうですね 晴れていれば絶景 でも山ってそう上手く行く時ばかりじゃないですから 却って涼しくて良かったですよ おまけにこの時期ならではの花々に会えたし。静かで良い山行でした。

マコママさん

ええ 晴れてさえいればね まあでも山ですから 仕方ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64057180

この記事へのトラックバック一覧です: 盛夏の甘利山~千頭星・・part1・・目指すお山は雲の中:

« こんな所に抜け殻が❢ | トップページ | 盛夏の甘利山~千頭星・・part2・・山で出会った花々 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック