無料ブログはココログ

« 中秋の名月と云うけれど・・・・・・ | トップページ | 焼津の最高峰 高草山へGO・・・part2・・下山 »

2016年9月18日 (日)

焼津の最高峰 高草山へGO・・・焼津アルプスの1峰

2016年9月18日

静岡と焼津の市境地区に見える低山地帯
いつの間にか焼津アルプスと呼ばれている

確かにハイキングに適した山は幾つか有るが
アルプスと呼べるのか如何なのか・・・・・・・・・・・

中でも人気の山が満観峰 特に冬の良く晴れた日 富士山から駿河湾 安倍奥から南ア
新南部の山々が手に取る様に見える
次に花沢山 この山は南アの最南端にあたる500mにも満たない山 その先は海
もう一つ 高草山 この山は焼津市の最高峰でもあり 眺めも良く満観峰とセットで
登られる山でもある

だが 実際歩いてみると 意外ときつい 急登がここかしこに有りしかも
登ったり下ったりの連続だ
標高こそ低いが足慣らしには最高の山々だ
昨日17日はそんな山々の高草山へ足慣らしとしゃれこんだ
相棒はFUJIKAZEさん
朝9時に自宅に迎えに来てもらい
途中の店で食料を購入し 登山口のPを目指す

これらの山々 登山口は幾つかるが 今回は焼津側の花沢の里から歩き出す
Pへ到着 時計を見れば9時33分だったか 歩き出す
空は曇り 風は無し
意外と蒸し暑い
体が次第に汗ばんでくるのが分かる

花沢の集落を通り過ぎImg_4121やがて法華寺 天台宗のお寺である
まずはここに立ち寄り観音堂で手を合わせ今日の無事を願うImg_4123
Img_4124山門前に咲く彼岸花 あまりの美しさにレンズを向ける
向こうに見えるのが観音堂
このお寺の歴史は古い ここにそれを載せると長くなるので割愛するが
興味のある方は 歴史を紐解くと色々面白いかもImg_4126
下が観音堂 二人で観音堂に手を合わせ その後登山道へImg_4127鞍掛峠という満観峰と高草山の最低鞍部になっている
峠道そこを目指す
標高は300mにも満たない峠道だが これがまた意外ときつい登り道
植林帯の中の九十九折の急登をせっせと登る
いつの間にかFUJIKAZEさんはかなり後ろになってしまった
途中2回ほど林道を横断し 峠には40分ほど そこで彼を待つImg_4130上の写真は もうすぐ峠に出るという所だ

私自身はハッピー連れて何度も歩いている道 どうという事も無いのだが
何分蒸し暑い
彼は大丈夫だろうか その事が頭をよぎる
やがて姿が見える 一安心
少しばかり休憩し 高草山頂上目指す
植林帯の中の道 登ったと思えば平坦に 又 登ったと思えば平坦に
少し下ったと思えば又登り道
今考えると こんな所 よくもハッピー登ったもんだと関心もしたり
所々樹林が切れ満観峰方面やら花沢山方面が見えるのだが・・・・・・
空は下の様な感じ
一番奥の山が花沢山 そのすぐ下を新幹線、東海道本線、国道150号が走る
大動脈となっているImg_4132下の写真で一番左が満観峰 500mにも満たない山だが 良く晴れた日には
素晴しい眺望が得られる山で 訪れる人も多い
ハッピーもこの山に何度か登っているImg_4136階段もある 嫌らしい階段 それを避けるかの如く横に歩いた後も
道は相変わらず植林帯 何度歩いても面白くも無い道であるImg_4137頭の上では ツクツクホウシやミンミンゼミが高らかにうたっている

何度か彼を待ち その内 焼津坂本方面からの合流点 ここからは頂きまで5分と
かからない
ここを下って行けば 焼津坂本 あるいは 石脇方面へ 帰路の道だImg_4139やがて彼が追い付いてくる
そこで先頭を譲り後ろからついてゆく

やがて山頂 確か三角点はない 花沢山にはあるが ここは標高のみ
素晴しい眺望なのに まあ兎に角
何時もの様に早速記念写真 そして時計を見ればここまで凡そ2時間Img_4140まあこんなもんかと一応は納得

頂には小さな神社がある 高草山神社とか 向こうの木の陰だ 敢えて手を合せなかったがImg_4141そして 頂には ドコモの通信施設がで~~ん
それにしても眺望は????☓☓☓
霧で真っ白け まあ こんな感じに
見える道路はこの施設への工事用道路 従って一般車は通行禁止
岡部坂下から登ってきている道だImg_4142この霧どうかすると焼津方面が薄ーくぼんやりと見えるのみ
これじゃあ如何しようも無いなと写真を諦め
降られるよりはいいでしょうと 昼食休憩とする

焼津市の人と話をすることが出来た
その人の話の中でこんな面白い事を言っていた
高草山へと云うと あまりに知られ過ぎている為 何だあんな山 と云って
プイと横を向いてしまう
そこで焼津アルプスと云うと 話しに乗ってくるという

へ~ そんなもんですかね~ でも何時頃から焼津アルプスって云うようになったんですか?
と 問えば
さ~ と 答えていた。


と云う事で この続きは 又次回に

« 中秋の名月と云うけれど・・・・・・ | トップページ | 焼津の最高峰 高草山へGO・・・part2・・下山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この時期のアップダウンは標高が低いと言えども。。。蒸し暑くて大変ですよね。
いやいや。。。低いから余計に暑い?

蒸し暑い中の歩きは体力使ったのではないかと思います。

ここをハッピーちゃんと一緒に登っていたとは。。。
そんな時もあったのですね。
きっとここをくるたびに、ハッピーちゃんと来たことが思い出されるのでしょう。
それだけ思い入れのあるお山?

それにしても単独のお山の名前、高草山を出しても見向きもしないのに、焼津アルプスで乗ってくるなんて。。。。
名前のイメージって。。。すごいですね。
アルプスと言えば。。。。なんかすごい感じ。。。しますもの~
大きいお山、百名山もいいですが、地元に根付いたお山も季節感たっぷりでいいですね。

次回来るときは素晴らしい眺めが見られるといいですね~

こんにちは。
 「焼津アルプス」とは何とオシャレな名前に・・・?
ハッピーちゃんとの思い出も一緒に登られたのですね。
FUJIKAZEさまとのいいコンビshoeshoe
 そう言えば何処かに「〇〇ロマンチック街道」も
ありますよね?本場のロマンチック街道は通りましたが、
道路標識に日本語で書いてあったのでびっくり!
日本人旅行者が多い証拠かもしれません。

野花さん

ええ この山域はハッピー連れて良く登りましたよ それも午後からですがね 秋から冬が多かったんですが ほとんど駆け足状態でしたよ 今ではいい思い出です。で 面白いでしょう 高草山って聞けば横向いてもアルプスの名がでれば話に乗ってくるって云うんですから それを聞いて笑えましたよ。次回行くとすれば冬 富士山が雪化粧した時です。

マコママさん

何時からそう呼ばれるようになったかは知りませんがね しゃれてますね 確かに標高こそ低いけれど凸凹が多い山域 だからアルプスの名を付けたんだかも知れません。
それにしても・・・・・・です。で ハッピー連れて良く行きました ハッピーも山好きでしたのでね、いつも駆け足で追いかけてましたよ。いい思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64220763

この記事へのトラックバック一覧です: 焼津の最高峰 高草山へGO・・・焼津アルプスの1峰:

« 中秋の名月と云うけれど・・・・・・ | トップページ | 焼津の最高峰 高草山へGO・・・part2・・下山 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック