無料ブログはココログ

« 夕暮れ迫る河川敷・・・・・彼岸花と富士の山 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part18・・今日も歩くよ同じ道 »

2016年9月29日 (木)

遠く弥生の時代に想いをはせて・・・登呂遺跡にて

2016年9月29日

27日 この日は天候もよく当初は安倍奥の山へと思っていたんだが
何となくその気が失せて 午前中自宅でグダグダ
それでもなんとなく欲求不満気味 結局 昼過ぎ出かけてくる

行った場所は登呂遺跡 自転車でちょっくらだ
家を出て 登呂までは ノンビリ走っても20分そこそこ
正面入り口の横の方に自転車を止め 公園内へ

登呂と云えば弥生式住居が復元されていることで有名だ
毎年 県内内外から大勢の人が訪れている場所
最近では外国人も来ているという

今の時期 田んぼには米が実り 風情ある風景が楽しめる
又園内には博物館もあり
当時の人の生活状況などが偲ばれる

そんな登呂遺跡だが 今までも何度か行っている
行く度に当時の人達の生活は如何だったんだろうか
色々不便はなかっただろうか
思いは、考え方は
等と 色々頭に浮かんできていたのも事実だ
もしかしたら せせこましい今の時代よりも よほど良かったのかも知れないなどと
考えながら見て歩いていた

今回もそうだ
生活そのものは色々と不便だったかも知れないが
自然そのものはタップリだったでしょうし
考え方は当時の方が・・・ 如何だったんだろうなー????
そんな事に想いをはせながら
園内を一回り いや 三回り位したか

時間にして凡そ 写真撮りながら 1時間と少しだったがまあそれなりに欲求解消
だがこの登呂遺跡 良く周囲を見渡せば 住宅地のど真ん中
竪穴住居だけ見ている分にはいいのだが・・・・・・・
と云う事で その時撮って来た写真数点をここに
まずはImg_4287送電鉄塔と復元住居 全く アンバランスだ もう少し何とかならないのかしら
等と考えてしまう
次は 復元住居の正面からImg_4288次は 田圃越しに集落を見るが 向こうの建物・・・・・・Img_4294次は 復元住居2棟 バックはまあ・・・・・・。Img_4299次は 木立の中の復元住居Img_4303次は 上の住居の内部 一部だが 床面には雨が吹き込んだんだろう
水たまりImg_4309次は 水路を挟んで 左側に住居と祭礼用の建物 右側が田圃だImg_4307次は 手前が住居 向こう側が高床式穀物蔵Img_4316次は 実った稲の向こうに祭礼用の建物 祭礼殿とでも言うんだろうかImg_4319次は いつものように逆光で 穀物蔵を写すImg_4332最後に もう一度全体を
尚 この建物 入口が海側を向いて建っている Img_4336と云う事で 今日は この辺で

ーー追記ーー
登呂遺跡は太平洋戦争真っただ中の昭和18年 軍需工場を建てるために
工事を始めた処 その最中 土中から多量の木製器や土器の破片等が出土し
遺跡が発見された
当時は戦争中
本格的な調査は昭和22年~25年にかけ 実施されたという
又 多くの人が手弁当で参加したという
・・・・この文は静岡今昔より引用す・・・・

今は 国指定の重要遺跡として保存されている

じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・・・9月27日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡登呂遺跡


























« 夕暮れ迫る河川敷・・・・・彼岸花と富士の山 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part18・・今日も歩くよ同じ道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

パパさんの超大昔のご先祖さまもここで農耕とかなさっていたのかしら(゚m゚*)
冬は寒そうな気がします。
歴史ロマンあふれる登呂遺跡ですね♪

こんばんは。
 もう何十年も昔に行った記憶があります。
回りの景色も変わったのは時代の流れで仕方ありませんね。
でも太古のロマンを感じて・・・。
三内丸山遺跡に近い青森美術館へ行きましたが、
遺跡はパスしました・・・。

人間が自然の一部であった時代・・・地球からも好かれていたのかもしれません。
写真拝見して、ふとそんな思いにかられました^.^/

(*^-^)行ってきましたか!!
やはりいいですね。
天候の影響もあるでしょうか?
思いをずっとずっとはせてみるのもいいものですね。
パパさん!逆光~~☆ナイス☆
タイムスリップしたみたいな気がしました(*^▽^*)

らるごさん

もしかしたら そうかもよ(笑)。

マコママさん

確かにそうなんですよね 如何しようも無い事です。

キハ58さん

ええ それは思いますね 現代人よりはるかにね。

こころぐ郁美さん

うん 行って来たよ、遺跡を見て遠い昔に想いを巡らせるのも たまにはいいかなと思ってね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64268685

この記事へのトラックバック一覧です: 遠く弥生の時代に想いをはせて・・・登呂遺跡にて:

« 夕暮れ迫る河川敷・・・・・彼岸花と富士の山 | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part18・・今日も歩くよ同じ道 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック