無料ブログはココログ

« 今日も富士山ネタで | トップページ | 安倍東山稜 青笹山へ・・・part2・・下山 »

2016年10月11日 (火)

安倍東山稜 青笹山へ・・・part1・・お山の上は真っ白け

2016年10月11日

ふ~ 着いた着いた 20年ぶりか~ でもまあ何だこのガス❢
真っ白けで何も見えないじゃん・・・・・・・

安倍奥は青笹山へ行くつもりで 前日から支度をしておいた
出掛けたのは10日朝7時
天気は雲が広がっていたが 予報を信じてそのまま決行
窓から顔を出すハッピーに
言ってくるよ ちゃんと帰るからな お利口にしてろよ といい
車を発進
途中のコンビニで弁当を購入し安倍街道を遡る
平野を過ぎ 下渡 上渡を過ぎ 渡本から有東木(うとうぎ)方面に入る
有東木と云えば日本の山葵発祥の地で有名だが まあそのことについては
ここでは割愛とし
葵高原に入る
ここは昔開拓地として開墾された場所だが 今ではその名残はあるが どちらかと云ったら
登山基地の様相だ ここで標高920m 山はすぐ目の前
車数台おけるスペースに滑り込ませ 履物を登山靴に履き替え ザックを背負い出発
この時時計は8時半
支林道を少し上り 左側に山葵打田を見ながら登山道へ入る
沢の音を聞きながらユルユル登って行けば 道は山葵田の中を突っ切る様に通っており
動物除けのネットをくぐれば本格的な登山道
下山の時に下りてくる細島峠方面への道を左に見送り 登って行けば
だんだん傾斜がましてくる植林帯の道
途中女性のハイカー2人組に追いつき追い越し追い越し
何処かで鳴いている鹿の声を聞きながら
廃止となった山葵田を左に見ながら
急登をマイペースで登って行けば やがて植林帯の道も平道に
支尾根に出たのかしばらくは歩き易かったのだが・・・・
その内植林帯も切れ混交林に と 同時に始まった岩交じりの急登
おまけに道は細い
しかも両側は切れ落ちている 木が生えているだけましだが。
一歩一歩確実に登って行けばやがて見えてくるロープ場
其処を上れば稜線の道
左へ行けば細島峠方面
青笹山は右だ 幾つか凸凹を過ぎ 青笹山よりわずかに高いうつろ木山(標高1558m)
を通り越せば
見えてきた青笹山山頂

だが お天気の意地悪な事よ
富士川から次から次に湧き上がるガスで見えていた僅かばかりの風景も
あっという間にミルク色
頂に着いた時は完全にガスの中であった
この時先客3名ほど 皆さんに挨拶を交わす
20年ぶりの山だというのに 意地悪な天気
そして時計を見れば10時20分
途中引っかかりながら登って来たから まあ 妥当だろうと 適当な場所にザックを
降し大休止
それにしても・・・・・・う~~ん・・・・・・
360度の眺望を期待して登って来たんだが・・・・・
当たりはミルク色のカーテン
山頂付近がかろうじて見える程度
だがまあそれも一興と山頂標識の前でいつものように記念写真 1550mの標識の前で
山頂に30分近くいただろうか 霧は全く晴れず
仕方ない 降りるかと ザックを背負い下山に取り掛かる

下にこの時の写真数枚を

まずは 葵高原に出る前 車を止めて撮った山葵田風景Img_4534左側を鮮烈な水が音を立てて流れ下っていた
次は 駐車場にある大きな立て看板Img_4539次が林道と分かれる本格的な登山道入り口
右側に見える細い道へ入るImg_4551次は 登って行く方向を見て写真を撮るImg_4558次が植林帯の中のジグザグ道Img_4563次が植林帯を抜け 岩がちの急登に差し掛かった時
この道 どこまで続くやらってそんな感じだった。Img_4567次が 稜線に出てうつろ木山へ差し掛かる頃
前方の山がうつろ木山 目指す青笹山は その向こうだ ここからは見えないImg_4586次は ガスが切れた時に見えた安倍川以西の山々 スッキリ晴れてればなーImg_4590次は ガスの中に見えてきた青笹山 両側は深いクマザサ
この笹に覆われた山から青笹山と名付けられたとかImg_4594次は 到着後 山頂標識の前でImg_4595次は これじゃあ 如何しようも無いね と 側に居た先客と話をしながら
休憩中に撮った1枚Img_4599辺り一面ミルク色 しかも 寒い それを見越しての服装だったが・・・・・

しばしの休憩の後 早々に下山開始

と云う事で この続きは 又次回に。
























 




« 今日も富士山ネタで | トップページ | 安倍東山稜 青笹山へ・・・part2・・下山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 折角いらっしゃったのに残念でしたね。
自然には勝てませんかしら・・・?
この所、秋晴れには程遠いお天気cloudcloudsuncloudcloud
すっきり晴れて欲しいですね。
気温も段々低くなってきました。

(*^-^)お疲れ様でした。

結構きつそうですね。
でも、一面ミルク色とは・・・残念!!
お次はどんなことが現れるか楽しみにしてますね。

安曇野とは全然違うわさび田風景ですね。
地形を上手く利用していて、素晴らしいです!

キハ58さん

そうでしょう 山里ならではの風景ですよ。

こころぐ郁美さん

はい きついですよ 安倍奥全体に云えることですがね。まあミルク色は仕方ないですね 山の天気は下界とは違いますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64330003

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍東山稜 青笹山へ・・・part1・・お山の上は真っ白け:

« 今日も富士山ネタで | トップページ | 安倍東山稜 青笹山へ・・・part2・・下山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック