無料ブログはココログ

« 青笹山へリベンジ登山・・part1・・360度の眺望を楽しむ | トップページ | 霧の伊豆八丁池 »

2016年10月23日 (日)

青笹山へリベンジ登山・・part2・・下山は地蔵峠経由にて

2016年10月23日

前回の続きです

帰りは地蔵峠経由の積り
先日下山時使用した細島峠とは ひと山隔てたもう一つ向こうだ
天気の心配はないし
ユックリ行くかと ザックを背負い のんびりと歩き出す
周囲をキョロキョロしながら


今までいた青笹山頂をもう一度振り返り ありがとよ と心の中で礼をし
地蔵峠めざし稜線漫歩
少し雲が出てきた富士山眺めながらImg_4872うつろ木山(標高1558m)を通り過ぎ
紅葉の始まった稜線をノンビリとImg_4894下の写真 手前にうつろ木山 向こうに青笹山だImg_4897そして樹の間から富士山Img_4900幾つか凸凹を通り過ぎ
やがて大下りに下れば細島峠
其処を左に見送り 今回最後の登り坂 これまた中々の急登だが
15分ほどで 登りも終わり 平坦な道となるImg_4911空は何処までも晴れ渡り 時折聞こえてくる小鳥の声に
耳を傾けながら 相変わらずキョロキョロしながら歩いて行けば
やがて仏谷山(ぶっこくさん)山頂1503m
懐かしいなー
ここも20年ぶりか
それにしてもあの頃とは随分イメージが違うなー
あの頃はもっと熊笹が激しかったのだが
そう思いながらも腕時計を見れば11時半
ああこんな時間か 腹も減るわけだ と
山頂標識の前にザックを降し大休止 昼食とするImg_4914周囲が樹木に囲まれ 風も当たらない為 ポカポカ陽気だ
Img_4916腹が満たされた時 思い出した
そうだ 三角点 確かこの山はある筈だ どこだろう と
周囲を見回せば目の前の熊笹の茂みに細い切り開き
ここかな と思い 行って見れば あった三等三角点の標石が
ザックを持ってきて記念写真Img_4921その後地蔵峠めざし下山開始

樹林に囲まれた少し急な道
足元に注意しながら下って行けば およそ10分ほどで明るい樹林に囲まれた峠道
標高1414mに降り立つImg_4928そのまま真っ直ぐ行けば東山稜の縦走路
右は山梨県の奥山温泉
左は正木峠を経て葵高原から有東木へ
勿論左のコースに入るがその前に
峠から山梨県側に僅かに下った所に昔から鎮座しているお地蔵様にご挨拶
太い木が数本建っているその場所に
昔から炭焼き風のお堂に収められ赤い衣を羽織って鎮座しているImg_4929お地蔵様に手を併せ 今日のご加護をお礼を言い
峠を後にするImg_4934傾斜は緩やかだ 
途中いくらか崩壊した所もあるが 誰しも難なく歩ける道が正木峠まで
続いている
始めは広葉樹だったが途中から明るい植林帯
やがて林道にでる正木峠だ
写真は林道に立ち 今来た道を振り返るImg_4938後は葵高原に下るのみ
空は何処までも青く
風も爽やか
何時しか汗も吹き飛び
目の前が大きく開けてくれば葵高原は近い
今まで歩いた稜線もはっきりと目に飛び込んでくるImg_4957その内 駐車場所に
時計を見ればそろそろ1時半
ザックを降し 靴を履き替え 車を走らせる
帰宅すればほぼ3時
ハッピーただいま 少し待ってろよ 片付けたら散歩にな。

と 言う事で この項終わります じゃあ又

尚 この日 山中で出会った人は合計5名でした。

写真撮影・・・・・・・・・・10月20日
場所・・・・・・・・・・・・・・青笹山周辺

« 青笹山へリベンジ登山・・part1・・360度の眺望を楽しむ | トップページ | 霧の伊豆八丁池 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64387025

この記事へのトラックバック一覧です: 青笹山へリベンジ登山・・part2・・下山は地蔵峠経由にて:

« 青笹山へリベンジ登山・・part1・・360度の眺望を楽しむ | トップページ | 霧の伊豆八丁池 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック