無料ブログはココログ

« 青笹山へリベンジ登山・・part2・・下山は地蔵峠経由にて | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part20・・いつもの公園で »

2016年10月25日 (火)

霧の伊豆八丁池

2016年8月25日

八丁池 池の周囲が八丁有る所からその名がつけられとか
天城の原生林に囲まれたその池
火口湖ではなく 窪地に雨水がたまり 流れ出る所も無く
地質学上水がしみこむことも無く
言って見れば山の上の大きな水たまり
標高は1100mと少し
新緑の頃、青々茂る頃、紅葉の頃、池が全面結氷する頃
一年を通して神秘的な魅力を 訪れる人に与えてくれている
別名天城の瞳と云われ 常にハイカーの声が絶えることはない
その八丁池 今まで何度も訪れているが 今回の様に 霧に覆われる様を
目の前で見たのは初めてであった・・・・・・

相棒はFUJIKAZEさん 前々から天気がよさそうなら
行きましょうと約束していた
22日の事
朝5時45分だったか自宅を出て 迎えに行く
何時もの場所で待ち合わせ時間6時15分
彼を乗せ 一路下田街道に 天城大橋手前の水生地(すいしょうじ)Pまでひた走り
到着したのが8時ごろだったか
其処から歩き出す
橋を右に見て

Img_4964踊り子歩道に入り約2kで旧天城トンネル
あの踊り子も歩いたというトンネルだ
その脇に登山道はあるImg_4965九十九折りのやや急な道を20分ほど 稜線にでればそこは天城峠 早速記念撮影Img_4969右へ行けば旧天城峠を経て仁科峠から達磨山方面へ
左へ行けば向峠を経て八丁池から万三郎、万次郎方面へ
別名登り御幸(ぎょうこう)歩道という 勿論道は左に取る
まだ紅葉も始まっていない伊豆は天城特有の樹林帯
ブナやヒメシャラの大木を見ながらユルユル歩いて行くImg_4982途中2か所ほど崩壊地を迂回し
馬酔木茂るこの日最後の登り道 登りきれば稜線の道に出る そこを左へ
そして 途中展望台へ
其処からは八丁池が良く見える FUJIKAZEさんに先行を譲り後からノンビリ登って行く
見ていると 右方面から霧 いいなー
急ぎレンズを向けるImg_5011ひとしきり撮り終わって 展望台を後に 池へ急ぐ
池はここから10分程度
歩き始めてかれこれ3時間ほどだったか 無事到着だImg_5017まずはここで記念写真 その後場所を定めて大休止とするImg_5019喉を潤しながら じっと 池を見ていると
霧が次から次 流れてきては消え 又流れてきては消え
中々幻想的な風景が目の前に広がった
こんな風景は初めてだ 今まで何度か訪れているが
心行くまで レンズを向けていたImg_5026
Img_503212時近くになった 池の周りを歩いてみますかと
ザックを背負い ボチボチ歩き出す
池を右に見ながら足元に注意しながらImg_5038対岸に着いた頃だったか
あたり一面真っ白け ホワイトアウト状態だ しばらく晴れるのを待ってみたが
一向にその気配がない・・ハイカーの声だけは聞こえていたがImg_5046まあいいか 霧に覆われる前に池を見れたのだからと
下山することに
下山は水生地へ直接降りる道をとる 3月だったか結氷した池を見たくて歩いた時と
同じコースだ
最初は平たんな道もその内段々傾斜が付くものの さほど急でも無く
ノンビリと歩ける道だ
ここも天城特有のブナやヒメシャラの大木の樹林帯Img_5057其処が切れれば白砂林道を横断し 今度は植林帯 退屈な道が続く
足元に咲く花達に気をよくし下って行けばImg_5075池から1時間半ほど歩いただろうか 林道にでる ここまでを下り御幸歩道という
後は道なりに下るのみ どの位歩いたのか やがて水生地 ここで踊り子歩道と合流
本谷川沿いに少しばかり歩けばPだ
行って帰ってかれこれ13k程 かけた時間休憩込でおおよそ6時間
考えてみるとよくも歩いたものだ 20日に青笹山へ行って来たばかりというのに
そんな事を考えながら帰途に着く
帰りは3時間弱かかったか FUJIKAZEさんを送り
自宅到着はほぼ5時だった。

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・10月22日
場所・・・・・・・・・・・・・伊豆八丁池周辺

« 青笹山へリベンジ登山・・part2・・下山は地蔵峠経由にて | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part20・・いつもの公園で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ハイペースで登山をしていますね。相棒もいて楽しそうです。
そちらは季節季節で風景が変化して良いですね。

沖縄は常緑なので風景に変化なく面白みには欠けます。
植物は当然変わっていくのですが・・・

冬場にそちらに植物が何もなくなると沖縄に来る方が増えます。

こんにちは。
 何とも幻想的な風景ですね。
いつものお二人でゆっくりとお楽しみでしたね。
以前にも確か載せていらっしゃいましたね?
旧天城トンネルの脇から登られるのですか・・・。
私はトンネルは車の中から見ただけです。

yanbaru(やんばる)さん

今回はまあ偶然重なっただけで 普段は行っても週一です。それと こちらの風景は春夏秋冬 四季折々違って 楽しいですよ。

マコママさん

ええ 旧天城トンネルの横からです。そして前回は 確か3月 結氷した風景ですか 載せました。あの時と全く同じコースですがね。

こんにちは✿

八丁池に流れるような霧がかかり、よいお写真が撮れましたねヽ(´▽`)/
天城特有のブナやヒメシャラの大木もとっても素敵ですsign03
天城山に登ったとき、苔が多くありましたがここは苔はないのですか?
それにしても13キロも歩きましたか∑(=゚ω゚=;)
山友さんとご一緒で、素晴らしい天城でしたねclover

らるごさん

そうですねー 中々幻想的な感じがしました 今まで何度か足を運んでますが 初めての光景でした。
それで苔ですか ありましたよ 至る所苔だらけ 岩と云う岩 あるいは木の根等 苔だらけで綺麗なものですね。登山道にも至る所 苔 滑らないように気を使いながら歩いてきましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64392107

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の伊豆八丁池:

« 青笹山へリベンジ登山・・part2・・下山は地蔵峠経由にて | トップページ | 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part20・・いつもの公園で »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック