無料ブログはココログ

« 進む秋色・・・・駿府城公園にて | トップページ | 精進湖畔の山 パノラマ台~三方分山へ・・part2・・三方分山へ »

2016年11月13日 (日)

精進湖畔の山 パノラマ台~三方分山へ・・part1・・パノラマ台へ

2016年11月13日

12日の事
富士五湖は精進湖畔に聳えるパノラマ台から三方分山に出かける
今回はFUJIKAZEさんと一緒だ
5日に山行を約束して有ったのだが都合で12日に変更
結果的にはそれで正解だったかも

朝6時15分 いつもの待ち合わせ場所へ
彼をのせ 清水ICから高速に入る
途中富士川SAによる 
ここは富士川越しに素晴らしい富士山の姿が見えるってんで人気のあるSAだ
時間はやっと日が出てきた頃だ
これは良いぞと 展望スペースへ
その時撮った写真が下の物 富士は すっかり冬化粧
其処へ朝日だから 文句なしImg_5662車に戻り 本線へ そして富士ICから西富士道路、富士宮道路、朝霧を通り
精進湖畔を目指す
途中 県境のあたりで カメラの放列を見る
何かと思って レンズの向いてる方向をちら見すれば
なんとダイヤモンド富士だ 初めてだった実際に見たのは
だが車は止めず それを横目に 精進湖畔へまっしぐら
本栖から精進湖に至る間 何と 紅葉の綺麗な事よ
それを見ながら 精進湖の駐車場に着いたのは 朝7時40分ごろ
まずは湖越しに富士山の写真を何枚かImg_5663

Img_5664その後 身支度を整え パノラマ台へのハイキングコースに入る
予定通り行けば1時間ほどでパノラマ台だ
すっかり色付いた木々の下を FUJIKAZEさんとノンビリ登って行くImg_5671
Img_5678途中一か所 富士山が良く見える所が有る 彼に教えてやり 自らも1枚Img_5679道はよく整備されており 非常に歩き易い
上を見たり 横を見たり 紅葉や黄葉を眺めたり
鹿の鳴き声を聞いたりしながら徐々に高度を上げて行けばImg_5684歩き始めて50分ほどで根古峠 そこを左へ
峠から10分ほど歩けばImg_5689出た パノラマ台だ 時間は8時45分
一昨年だったか ここへ初めて来た時 そのスケールの大きさに
吃驚だったが 今回もそうだ 改めて吃驚
いつものように早速記念写真
ここの標高は1328m程 朝の空気が清々しい いや寒い位だImg_5690

Img_56922それでも眺望を楽しむのに忙しく 多少の寒さはそっちのけ
目の下には例の富士の樹海 青木ヶ原樹海が広がり その向こうに富士の雄姿
中腹には雲がたなびき 上空には太陽がまぶしく輝いている
目の前の山は烏帽子岳 昔 一度登った事が有ったが ここからの眺めも
素晴しかった事を憶えている 標高は1252mだ
目を左に転ずれば 遠く丹沢の峰々 条件さえ良ければ箱根の山も。
直ぐ左は これから登る三方分山 その先には朝霧に覆われた御坂の山々が
朝の光に照らされて広がっていたImg_5696_2又 目を富士山方向に
日がもっと高くなれば青木ヶ原樹海の紅葉も
写真に写り込んだとは思うのだが 何分朝の事
どちらかと云ったらまだ日陰
しょうがないなと自分で納得
Img_5698_2そして 西の方に目を転ずれば そこには南アルプス
聖岳、赤石岳、悪沢岳が白く輝いていた
下の写真は
手前左に白根南陵の笊が岳 向こうに白く輝いているのは聖岳Img_5715どうせならと レンズを望遠に切り替え撮ったのが下の写真
白く輝く赤石岳の雄姿だ
手前の山並みは白根南陵Img_5716そして 再び富士の雄姿をカメラに収め
凡そ30分 思う存分この景色を楽しみ ザックを背負い 三方分山めざしパノラマ台を後にする。Img_5717と 言う事で この続きは 又次回に 今日はこの辺で。

« 進む秋色・・・・駿府城公園にて | トップページ | 精進湖畔の山 パノラマ台~三方分山へ・・part2・・三方分山へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 お天気に恵まれて本当に良かったですね。
富士山はもう頂きが真っ白fuji綺麗ですね。
こちらからは夕方うっすらと頭だけ見えました。
続きを楽しみに・・・。

こんにちは✿

精進湖のパノラマ台~三方分山、秋のよいお天気に恵まれ素晴らしい展望ですねsign03
紅葉、黄葉も日差しに輝いて、やっぱりお天気は気持ちがいいですmaple
富士山もパパさんやFUJIKAZEさんを出迎えるために白い雪の衣装を纏いましたねnote
ところでこのお山はパノラマ台から行く時計回りのほうが登りやすいのですか?(゚▽゚*)

らるごさん

どうなんですかね 手元にあるガイドブックは反時計回り 三方分山方面から紹介しています ただ車を置いた所がパノラマ台入口の直ぐ側でしたからね 結局それで正解だったかも知れません 時間と共に富士山にかかる雲が多くなってきていましたから。

マコママさん

はい 全くです。この山域では余計ですよ 折角行っても見える物が見えないとつまりませんからね。

ヽ(´▽`)/ぱぱさん!!
最高です(^^)/~♬1枚目・・うっとりです。
その他・・太陽をうまく捕まえましたね。
富士山も喜んでますね(*^▽^*)
相棒さんも満足かな~(^^)/

こんにちは~

天気も良くて素晴らしい景色ですね。
朝日に輝く富士山、素敵でため息が出ます。
雪をかぶって、すっかり冬の装いですね。

ダイアモンド富士も見られてラッキー!

私はと言えば、島にある小富士山に登り筋肉痛~
標高280mくらいです(^^;;

みぽりんさん

ええ この日は天候に恵まれて最高でしたよ やっぱ富士山には雪が似合いますね。
ダイアモンド富士は通りすがりに横目でちらりでしたが うわって思いました 人気が有る理由が分かる様な気がしましたよ。

こころぐ郁美さん

ええ 彼も喜んでいましたよ その内ブログに載ると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64486520

この記事へのトラックバック一覧です: 精進湖畔の山 パノラマ台~三方分山へ・・part1・・パノラマ台へ:

« 進む秋色・・・・駿府城公園にて | トップページ | 精進湖畔の山 パノラマ台~三方分山へ・・part2・・三方分山へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック