無料ブログはココログ

« 安倍峠へ・・・part1・・・峠道はそろそろ冬支度 | トップページ | 夕暮れ迫る河川敷より・・・・・文化の日の富士の山 »

2016年11月 2日 (水)

安倍峠へ・・・part2・・・紅葉を愛でながら下山

2016年11月2日

前回の続きです

ザックから冬着を取り出し 羽織った所で 喉を潤し 少し腹を満たす
だが昼にはいかんせん早い  取り敢えず軽食で済ませ 心行くまで
富士山を眺めていた


(安倍峠はカエデの仲間オオイタヤメイゲツの自然林で知られ
学術調査林として指定されている)


そろそろ行くか ザックを背負い 登って来た急坂を足元に注意しながら下り
再び峠に下りたつImg_5205しばらくその辺をブラブラし林道へ すっかり色付いた樹林を眺めながら
梅ヶ島へ向かおうとしたその時だImg_5214後ろから声をかけられる 振り向けば一組のご夫婦らしき二人連れ
何かと問えば
[少し 山梨側に下りた所に 良い絶景の場所が有りますよ
行って御覧なさい きっと気に入ると思いますから]
と 教えてくれた
有難う 言って見ますと 教えられたように 林道を下って行けば
ああ ここだ これは絶景だ
其処は樹林も切れ 富士山が良く見える
今まで何度も来ているが ここまでは・・・・・・
早速レンズを向けるも 富士山だけでは面白くない
そこで下の様な写真となる
この頃には 雲も増えて 少し邪魔なくらいになっていたのだが・・・・Img_5218左を見れば 向こうに七面の尾根が良く見えるImg_5222右は 安倍東山稜バラの段から落ちる尾根の鮮やかな事Img_5224再び目を富士山方向に持って行けば 雲はますます増え
今にも雲の中にImg_5229さあ 今度こそ帰るか 今日はこれだけ富士山を見れれば十分だ と
林道を梅ヶ島めざし9k程の道のりを歩き始めるImg_5241右や左をキョロキョロしながら
普段歩くペースよりはるかに遅いペースで 何時になったら車の所へ着くのやらImg_5262
Img_5284この林道 梅ヶ島豊岡線とはいえ現在通行できるのは静岡側 要するに安倍峠までである
山梨側はかなり以前より通行止めとなっている
其処にはゲートとトイレが有り 車が数台 あららまだこんなにいるの
あのご夫婦だけではなかったんだ へ~~???
其処を通過し旧安倍峠道への入り口を左に見送り
ユックリユックリ
女性4人組と男女の2人組とすれ違い
登って来た時の植林帯の中の登山道を右に見送り なおも眺めのいい林道歩きを
楽しむImg_5297周囲を眺めながらのんびりと歩いて行く
目の前に上の写真の様に奥大光(おくおおぴっかり)から延びる尾根がでーんと
見える当たりの
広くなった所で 昼食休憩を取り ついでに冬着を脱ぎ
ザックにしまい込み
腹も塞がった処で また ボチボチ歩き出す
眼下に三河内温泉の屋根が見えてきた
ここまでくれば もう一息だ それでもまだ2k近くはあるのだがImg_5323気分的にはかなり楽になる
植林帯の切り開きに入れば紅葉どころじゃない そこで岩がちの斜面を見ながら
歩いていけば 薄紫色の可愛い花
イワシャジンだ 見ればあちこちに咲いている
林道も共演していた
この花を見ながら テクテクテクテクImg_5318やがて 安倍峠、八紘嶺登山口の前に出る
さあ 今度こそもうすぐだ 車の所に下り着いた時
山の上には雲 灰色の雲が下りてきていた

時計を見れば2時少し前
良く歩いたな さあ帰るか 
今 山から下りた処 これから帰るよと電話を入れ 車を発進させる。

と云う事で この項 これで終わります じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・10月31日
場所・・・・・・・・・・・・・・・安倍峠にて

イワシャジンの花言葉・・・感謝、 誠実

« 安倍峠へ・・・part1・・・峠道はそろそろ冬支度 | トップページ | 夕暮れ迫る河川敷より・・・・・文化の日の富士の山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 お天気に恵まれて何よりでしたね。
紅葉mapleと富士山fuji、可憐なイワシャジンにみとれました。

こんばんはぁ~♪
まだイワシャジンが咲いているの?ビックリですよぅー!
紅葉の山あるきはイイよねぇー
真っ赤な葉っぱを見つけると足が止まってしまいますmaple
富士山も眺めながらの贅沢山行・・・羨ましいですよぅーヽ(´▽`)/

ヽ(´▽`)/早くもパート2・・('◇')ゞ

なんて綺麗なんでしょうmaple目が覚めるようです。
富士山の大サービスですね。
こちらも満足です♡ありがとうございました(^^)/

こんばんは✿

安倍峠の紅葉、まさに錦秋という言葉がぴったりですねmaple
お天気に恵まれ、秋の澄んだ空気の中、最高ですヽ(´▽`)/
1枚目のお写真、こんな雰囲気大好きですsign03
富士山とのコラボも贅沢ですねfuji
親切なご夫婦に行き会ってよかったですね♪
part1~2と私も紅葉山行、ご一緒させていただきましたo(*^▽^*)o

tuba姐さん

それがこっちの良い所だよ 毎年行ってるけど 飽きないものね。帰ってくる時また来年もなんて思うもの。

マコママさん

ええ 天気には恵まれました 最も車の所に着いた時は山の上は雲がかかってましたがね。

こころぐ郁美さん

そうでしょう 実際見ているこちらも一発で目が覚めたからねー。

らるごさん

ええ 安倍峠の紅葉は市内でも屈指の場所ですからね 行って正解でした。それと富士山 本当に良かったと思ってますよ 山って不思議ですよね 見ず知らずの人同士が旧知の間柄の様に話をするんですからね 本当に有り難いと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64433149

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍峠へ・・・part2・・・紅葉を愛でながら下山:

« 安倍峠へ・・・part1・・・峠道はそろそろ冬支度 | トップページ | 夕暮れ迫る河川敷より・・・・・文化の日の富士の山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック