無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

今日も見に行く紅富士ショー・・安倍川右岸へ

2016年12月26日

クリスマスも終わり 大晦日まで一週間を切った 早い 全く早い
又 一つ 年を重ねてしまう・・・・

昨日25日午後の三時を過ぎた頃
昼すぎから姿が見えてきた富士山 如何するかな 又 紅富士見てくるか
ハッピーの散歩はその後でもいいやと
3時半過ぎ 自転車を引っ張り出して安倍川へ
向かった先は18日日の出前の富士山を撮った場所と同じ所
安倍川橋より上流側だ
場所が広いし 三脚も下流側よりはるかに立てやすい
しかも ビルなどの建造物もほとんど邪魔にならない まことに都合のいい場所だ

家を出て15分ほどでその場所へ
三脚を立て カメラをセットし 取り敢えず一枚Img_6619撮ったものを見れば うーん なんとなくボンヤリ
しょうがないか 暖かいものな
まあ写るだけ良いか でも紅富士は如何かな もしかしたら駄目かもと
納得ずくで そのまま続行
折から左手から流れてくる雲 ちょうどいいアクセントになっているImg_6629日はどんどん傾き 時計も4時を過ぎる
周囲はだんだん夕方の様相を示してきているんだが 富士山は・・・
じっと見据えていると う~~ん 少しは色がついたのかな そんな程度だImg_6635まあいいや ここまで来たんだ 最後までいてみるかと
完全に日没するまでその場所にImg_6645
Img_6649時間と共に 雲は切れ お山全体が姿を現す
あら いつの間にか紅富士になってるよ でもそれほどじゃないな
もっと冷たい風が吹いて暖かな空気を吹き飛ばしてくれないと
写真撮るには指先も痺れず楽なんだが・・・・・・
それでも何とか見れた紅富士Img_6656その内紅富士ショーは終盤に Img_6658そして 富士山は夜の世界へImg_6666この日の紅富士は何となく消化不良に終わったが こんな日もあるさ
さあ帰るか 又寒くなれば 綺麗な姿を見れるさ
帰ってハッピーの散歩だ・・・・・・・・自転車を走らせる

ただいま ハッピー 今からお散歩 行こうな

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・12月25日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸

今年一年お世話になりました 又 来年も宜しくお願いします
では皆さま 良いお年を。






















2016年12月20日 (火)

今日も日の出前に・・安倍川右岸より望む

2016年12月20日

ここのところ富士山ネタが続きます

18日早朝の事 目が覚めたのは確か5時前だったと思う
如何するかな
日中は行かなきゃならない所もあるし
まあ 早く帰ってくればいいか と そのまま起床

外を見れば 暗闇ながらも天候はすこぶる付きの上天気
直ぐに着替え
家内に ちょいと安倍川まで行ってくるよと 言い置き
カメラと三脚を自転車の前かごにのせ安倍川へ
勿論右岸だ
だが今回は場所が違う
安倍川橋を渡り 右へ
前回は安倍川橋より下流にある駿河大橋を渡り左へ 要するに下流側
今回は上流側だ
堤防につけられた道路を行く事5分ほど
ここなら良いかなと 自転車を止め 三脚を立てカメラをセット

そのまましばらく待つ

周囲はまだ暗い その内に目が慣れてくれば 向こうに雪を被った
富士山の姿がぼんやり浮かんでくる
Mモードで絞り シャッタースピードを調整し
これなら良いかなと云う処でシャッターを押すImg_6569だが ピントがどうもしっくりこない これだけ暗いんだから仕方ないか 取り敢えず
Mモードにしておけば何とかなるさと
自らに言い聞かせ そのまま続行
だが撮影中も何か心に引っ掛かる ここでこんな事をしていて良いんだろうか
でも 今 急いで行ってもなー
明るくなったら又様子見に行ってくるかImg_6575空はだんだん明るくなってくる だが日の出まではまだほど遠い
空気は冷たく 2枚重ねの手袋通してシンシンと冷えてくる
先日15日だったか その日の朝よりもはるかに冷える
服装も完全防寒にしていたのだが・・・Img_6584寒さを我慢し なおも見ていれば 向こうの空が徐々に赤みを増してくる
綺麗だなー
先日よりもはるかにいいやImg_6602時折レンズの向きを変え 変化を持たせながら撮り続けるImg_6607かなり明るくなり オートでも難なくピント合わせが可能になってくる
ならばオートで併せようとピントだけオートに変更するImg_6611そうこうしているうちに 日の出時間が近付いてくるImg_6614良し帰るか
いま帰れば家へ着いた頃お日様が見れるだろう

帰宅後 ハッピーの散歩を済ませ それが済み 朝食後改めて外出する。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・12月18日早朝
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸土手より















2016年12月16日 (金)

暮れゆく富士山・・夕暮れ迫る安倍川右岸より

2016年12月16日

昨日15日夕方の事
朝 夜明け前に撮りに行った富士山 どうせなら紅富士も撮ってくるかと
日没に合せ安倍川へ
この日の日没時間は16時37分 その時間より20分ほど早くポイントへ
着くように自転車で家を出る
駿河大橋を渡り 朝撮っていたポイントよりもまだ下流側へ
富士山方向を見れば 局地的な前線だろう 雲だらけ
朝のスッキリした姿は見られない
それでも あれだけ見えればいいやと
静岡大橋をくぐりなおも100m程行った所で三脚をだしカメラをセット
まずは一枚撮り
後は時間が来るのを待つImg_6484日没にはまだ間があるが太陽は山陰に入り なんとなくうすら寒い
その内周囲はなんとなく夕焼けの様相
富士山にも色がついてくるImg_6500その内始まった紅富士のショー
先日 日本平で見た時よりも綺麗に染まっているようなImg_6510陽が沈むとともに 紅色は山頂方向に移動していく
この時 ご婦人に声をかけられた
朝は 散歩中の男性だったが よくも声をかけられるものだ
富士山を見ながら しばし語らうも
やがて そのご婦人は去って行くImg_6514が ショーは続行Img_6522やがて 日没時間だ
山頂の紅色もかなり薄くなってくるImg_6526
Img_6530なおも そのまま見ていれば 紅色はすっかり消え 富士山は夜の世界に入って行ったImg_6534そこで 道具を片づけるも なんとなく帰りがたい
しばらく そのまま眺めていた そして最後にもう一枚
ズームをいっぱいにダウンし この日の撮り納めとし帰宅する
帰宅すれば辺りは真っ暗
直ぐにハッピーの散歩へ出るImg_6535夜明け前の富士山と 暮れゆく富士山 写真は撮らないが日中も眺め
この日は富士山三昧の日となりました。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・12月15日
場所・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸より

2016年12月15日 (木)

日の出前 安倍川右岸より望む富士

2016年12月15日

うう~ 寒❢ 今何時だ?時計を見れば6時半を回った所
ふ~~ん じゃあ帰るか
日の出風景は今まで何度も見てるしな・・・・・・・

昨夜の事だ (明日朝 日の出前 安倍川まで行ってくる) と 家内に云えば
家内が言うには (止めなよ この寒いのに)
(まあ それはそうだが 寒いからこそ綺麗に見えるんだぞ だから やっぱ行ってくる)

そして今朝 4時45分目が覚める
着替えやら何やらで家を出たのが5時20分って処か
周囲はまだ暗い
自転車の前籠に三脚 首からカメラをぶら下げ 国一へ
最初は安倍川橋を渡り上流側へと思ったんだが 帰りの事を考え 駿河大橋を渡り
JRのガードをくぐり
下流側へ そして富士山方向を見れば
昨日の雨が お山では雪だったんだろう
一層白さが増していたのが分った

土手沿いの適当な所で自転車を止め 三脚を立てカメラをセットし まずは一枚Img_6434空はまだ夜の世界
西の空には月が煌々と冴えわたっていたが そちらは二の次と 明け行く富士山と睨めっこImg_6442その内 空が白んでくる
だが日の出まではまだまだ時間が有るImg_64496時を回った頃 東の空を見ても 黒い雲が有るだけだ
だが富士山方向は かなり白んできている

うう~~指先が痺れる 冷気が手袋通してシンシンと伝わってくるのが分かる
その内指先がジンジンしてくる
そうなるとシャッター押す感覚も少しおかしくなる
カイロでも持ってくればよかったな と 思ったが 後の祭り
指先をもみほぐしながら じっと富士山を見つめるImg_6451そうこうしている時 朝の散歩だろう 一人の男性に声をかけられる
富士山綺麗に見えてますね どうです?上手く撮れましたか 
まあ 何とかですよ と 映像を見て貰う
うわー 綺麗に撮れてますね たくさん撮って行って下さい と言いながら
その男性は向こうへ歩いて行ったImg_6456空は だんだん明るくなり 寒さは一層厳しくなるImg_6464さあ 今何時だ?時計を見れば6時半を回った処
いま帰れば日の出とともに家へ着くなと
機材を片付け 三脚は自転車の前籠へ入れ
カメラは来た時と同様 首からぶら下げ 家路につく

家へ帰れば ちょうど日の出 タイミングよく自宅前から昇る太陽を眺めていた
その後 改めてハッピーの散歩に出る

最後にもう一枚
片付ける前に この時の最後として撮った物をImg_6471という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・12月15日日の出前
場所・・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸 JRガードより下流側 静岡のビル街を前景に

2016年12月13日 (火)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part24・・日向ぼっこ

2016年12月13日

いい天気だよ お日様が暖かいよ お外に行こうかね と
眠りから覚めたハッピーを抱っこして 外に出る

11時少し前 風が無く晴れてさえいれば 少しの時間だが
2度目の散歩に出る

散歩と云うより日向ぼっこという方が正しいかもしれない

すぐ近くの公園まで 抱っこして連れて行き日溜りに下ろせば
しばらくはその場で動かないハッピー いや動けない
まるで そこで日向ぼっこでもしているかの如くじっとしている001ようやく動き出したかと思えば もう 家へ帰ると Uターン
家の前に来て入るかと思いきや またまたUターン
交差点の端でおもむろに腰を下ろす
この交差点 風もほとんど通らず 日中は陽が燦々と降り注ぎ ポッカポカ
いかにもここが良いんだとばかり そこへ座り込む
良し良し ここがいいんだな じゃあ少し付き合うか
一緒に日向ぼっことしゃれ込む 003近所の人が通れば お父さんと日向ぼっこ いいわねー と声をかけられるも
どこ吹く風
思う存分陽射しを浴び
家の中へ入る007寒くなってからは 陽射しさえあれば 昼前の僅かなひと時
こうして時を過ごすようになったハッピーの日常でした

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・12月のある日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅界隈

2016年12月11日 (日)

雲の上の紅富士ショー・・・・夕暮れ迫る日本平より

2016年12月11日

10日午後の事 天気も良いし 又 夕景でも見に行くかと 出かけた先が日本平
日没時刻に間に合うように家を出る 普通なら3時半に出ても十分なのだが
この日は土曜日 混雑を予想し 3時に家を出る
結果的にはそれで良かったのだが それにしても凄い
どこもかしこも車が溢れてる
日本平パークウェイに入り やっと混雑解消 後はスムースに山頂Pへ
着いたは良いが 富士山何処だ?
ああ あったあった 頭部をチョコンと雲の上に出し
いつもの場所に聳えていた
あれなら何とかなるかなと 半分期待しながら 山頂へ行けば
何だ この集団は
観光客だと思うが 寒そうに 富士山方向見て思い思いに記念写真を撮っていた
その人達がいなくなってから 三脚を立てカメラをセットし
日没時間が来るのを待つも 富士山にかかる雲は一向にどかない
その内面白い形の雲が出てきたため 一枚
それが下の写真 まるで鳥が飛んでるように見えたImg_6358そうこうしているうちにも パラパラとやってくる観光客
皆 寒そうな感じで 思い思いに写真を撮り その場から帰って行く
やがて日が沈み始め 見える清水の街も夕陽を浴び まさに夕景Img_6362この頃 西側を見れば 今まさに太陽が沈まんとしているImg_6381目を富士山方向に持って行けば 始まった 紅富士だ 雲も染まり始め
それがだんだん色濃くなり やがて夜の世界に入って行く自然のショー
この時 この風景を撮っているもう一人の人 聞けば愛知県から来ているという
へー 遠い所 ご苦労様などと 話しをしながら
シャッターを切るImg_6378雲は仕方ないとして まさか こんなに出てるとは思わなかったこの日
それでも何とか写真に収めるImg_6387望遠ズームレンズをアップしたりダウンしたりとImg_6390その内清水港の灯りもポツンポツンImg_6398レンズを通してみていると カラスなのかトビなのか ねぐらに帰るのか
時折画面の中に入ってくる
黒い点がそうだImg_6401


Img_6403日没時間が過ぎた頃 紅富士ショーも終わり お山は夜の眠りに
さて 帰るか
西の空を見れば 明日の好天を約束するような夕焼け空が広がっていたImg_6414帰途 パークウェイから一般道に出た所で 車の列
5時半には帰宅予定出来る筈だったんだが 結局着いたのは6時
普通なら35分も有れば走れるコースだが 1時間以上かかってしまった

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・12月10日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・夕暮れ迫る日本平より

2016年12月 9日 (金)

富士山と出船、入船・・・・三保真崎海岸より

2016年12月9日

体調もすっかり戻った8日午後の事

今から久しぶりに三保へ行ってくる
本当は夕方日没に合せてが良いんだけど 帰りの混雑が激しいからなー
だから 今

そういい 車を走らせる
三保真崎海岸までは 道路状況にも寄るが 片道大体40分で到着
駐車スペースに車を置けば
正面には 海を隔てて富士山が良く見える

Img_6305三保真崎海岸は 駿河湾につきだした半島の先端部に当たり
背中に松原を背負うような感じになる為 西風をシャットアウト 寒さなど一向に感じない
又 波も穏やかで 富士を眺めながらノンビリするのには まことに良い海岸である
其処に設けられている階段状の堤防に腰を掛け
清水港に出入りする船を1時間半ほどノンビリと眺めていた

本当はこの海岸からの夕景を眺めたかったのだが 帰りの事を思うと
こんな風景も又一興かと 富士山に焦点を当てたり
出入りする船に焦点を当てたりImg_6315そうこうしてる間に 土肥行きのフェリーが出て行くのが見えたImg_6318そちらに焦点を当てれば 今度は右側から大きなコンテナ船が
2隻が接近するのを待ち シャッターをImg_6321じっと見ていると フェリーのスピードは結構速く 見る間に遠ざかる
一方コンテナ船
どんどん大きくなってくるImg_6324目の前を通り過ぎ そのまま追ってみていると どうやら興津埠頭に入る様な
船首を右回転して進み その内接岸し終わっていた。
コンテナ船の入港が済み 目を右に向ければ はるか向こうに大きな大きな客船
清水港にも来たんだろうか 駿河湾から出て行く所が目に入るImg_6335兎に角一枚撮るだけ撮って 目を又富士山方向へ
小さな貨物船が出港沿て行く所だったImg_6346貨物船が行った後 来たのは白い船 軽快に清水港の奥の方へ
向かって行ったImg_6354さて かなりノンビリしていたな そろそろ帰るか
大分重くなっていた腰を上げ 帰り支度
カメラを片づけ 車に戻り 元来た道を戻る。
最後にもう一枚 富士山のクローズアップ写真をImg_6331と 言う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・12月8日
場所・・・・・・・・・・・・・・・三保半島真崎海岸にて

























2016年12月 7日 (水)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part23・・師走の公園で

2016年12月7日

師走に入ってはや一週間
前日までの暖かさとは変わって 少し 寒い日となった 今日昼前の事

ハッピー 公園まで お散歩に行こうかね と リードを付け 取り敢えず抱っこ
公園に入って下ろしてやっても中々立ち上がれない しばらく腰をさすってやって
やっと何とかだ
歩き出しても ヨロヨロ ヨロヨロ 時にこけそうにもなる
リズムが出るまで時間がかかる様になってしまったハッピー

見ていて涙を誘われる

それでも一生懸命歩くハッピー 良し良し ユックリでいいからな
がんばれ
よろけては何とか歩き 又よろけては何とか歩き 歩いたと思えばお座り005うん 良いんだぞ ユックリでも良いから歩くんだぞ 頑張れ

この後

そうだ ここで撮って見るかと 滑り台にのせ
そうそう そこに座ってな 動かないでな うんいい子だ と 010この時 公園には 何処かの保育園の子供たちが来ており
その子たちの元気な声が寒空を吹き飛ばしていた そしてこのお滑り台で
遊び始めた
何か有ってはと その場を離れ 公園中央へ連れて行き
日向ぼっこがてらそこに座らせる012外に出て時間はそれほどたってないが なんとなく眠そうなハッピー
帰ろうか 又抱き上げ 公園の外へ
家の前で下してやれば それでも歩き出す
ユックリユックリだが そして 家の中へ
入れば よほど眠かったのか すぐに眠りに入ってしまったハッピー

これを書いている時も すぐ側で スヤスヤ 本当にすぐ側で。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・12月7日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅界隈にある公園

2016年12月 2日 (金)

夜景と富士山・・・・日の出前の日本平より

2016年12月2日

今回は清水港の夜景を見ながら 出来れば富士山も と まだ夜が明けない前に
日本平頂上へ・・・・・

起きたのは朝4時
着替えを済ませ 外に出てみれば 星が瞬いている 多分快晴だろうと思い
前日からの予定通り 4時20分 日本平へ車を走らせる
当たりはまだ真っ暗 行き交う車も無く 順調に日本平Pへ
それでも時間はまだ5時前 足元に気をつけながら山頂広場に立つ
この時富士山はまだ闇の中 全然 見えない
見えるのは 空に瞬く星々と清水、静岡の夜景 遠く富士市の夜景も
瞬いている
それらを見ながら 新調した三脚の準備
それにカメラをセットし 目が慣れるのをしばし待つ

その内 何とか見えてきた富士山
そこでシャッターを切り始める

レンズは広角ズームにしたり望遠ズームにしたり

下の写真は広角で撮影
すぐ下は清水港と清水の街 向こうは富士市
富士山がやっと見えている

Img_6216下の写真は 上の写真を撮った後 望遠ズームに切り替え撮影
ピントは手動で何とかだImg_6246次に又 広角ズームに切り替え撮影
段々明るくなってきた駿河湾の向こうに富士山と愛鷹連峰 それに箱根の山が
仲良く並んでいる
前回夜明けの日本平から富士山を撮った時に比べ 今回は雲一つない 全くの快晴
気持ちの良い位の朝だったImg_6261下は 又 望遠ズームに付け替え シャッターを ピントは相変わらず手動だImg_6271いよいよ明るくなってくる 街の灯りも一つ消え二つ消え
富士山もだんだん明るく見えてくるImg_6284やがて日の出 うん もう帰るか 日の出時の写真は今まで何度も撮ってるし
夜景が見れたからもういいやと
車に戻るも
待てよ もう一枚ぐらい撮ってくかと レンズを向け 一枚Img_6300その後 車に戻り 来た道を戻る

帰宅すれば7時15分
カメラ類は座敷に置き すぐにハッピーの散歩に出る

と 言う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・12月2日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・日本平山頂より

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック