無料ブログはココログ

« 雪の安倍青笹山へ・・・part1・・雪の中の急登 | トップページ | 今年も見ごろ 美和桜 »

2017年2月13日 (月)

雪の安倍青笹山へ・・・part2・・地蔵峠経由下山

2017年2月13日

前回の続きです

山頂に到着後 早速 何時もの様に記念写真

その後 昼食タイムにしたが雪じゃあ座る所も無し おまけにシート持参も忘れ
仕方なし 立ったままお握りをほうばる も コンロは持って行った為お湯を沸かし
カップみそ汁は無事腹の中に


山は眺望360度
昼食片付け後しばらく周囲の風景を眺め写真に収めていたが いかんせん冷える
そろそろ行きますかと ザックを背負い 青笹山を後にする 目指すは地蔵峠
幾つかピークを越え 細島峠 仏谷(ぶっこく)山を越えれば地蔵峠に下り着く
下山はそこから
だが 夏道と違って 雪道 いつも以上に神経を使い
ユックリ歩き出す
周囲の景色を眺めたり 目の前の情景を写真に収めたり 又
雲の帽子を目深にかぶった富士の姿を見ながら・・・・

そんなこんなで青笹山から地蔵峠には夏道の時より30分ほど余分にかかって到着
其処から正木峠に下り 後は車を置いた葵高原まで林道歩き
途中でアイゼンを外し ザックにしまうのも面倒と手に持ったまま 
それでも3時半ごろだったか 車に到着
 
山を後にし 自宅まで送ってもらい その日は別れる

下の写真2枚は山頂にいた時撮った物で

一枚めは駿河湾方向を 2枚目が安倍奥大谷崩れ方面を撮った物
駿河湾 伊豆半島 三保半島が見えている
Img_7736次は 大谷崩れと安倍奥最高峰の山伏が見えているが この時雪が降っていたんだろう
白くもやっていた
Img_7739青笹山を下り ほんの僅かでうつろ木山のピークを越え いくつか凸凹を
稜線上のほんの僅かなコブに過ぎない凸凹でも アイゼン履いて歩くとなると
結構気を付かう
岩を踏んだり 木の根を踏んだり
途中 写真を撮ったり・・・・・うっかりしていればアイゼンを引っ掛ける事もある

下の写真は うつろ木山への登り道
Img_7743何度見ても雲が晴れない この日の富士山 雲の帽子を目深にかぶり
しかも段々雲が多くなってきている
Img_7744下の写真は うつろ木山のピークを越え 下りに入った所で撮ったもの
右側手前がこれから通過する仏谷山 その向こうが下十枚山と十枚山
正面の山並みは八紘嶺から山伏に至る稜線だ
Img_7748下の2枚は少しばかりイタズラ半分に撮って見た
木にへばりつく溶け残った雪と逆光
Img_7751下は すっかり葉が落ちたブナの間から射し込む逆光線Img_7752この間にも急下降、急登あり
幾つかピークを越え 細島峠 再び急登を登り返し仏谷山の稜線に入る
この稜線意外と長い 頭の上に伸びている枝から垂れ下がった
サルオガセの先端から つららが伸びていた
それを 又 逆光にて撮って見た
Img_7763下の写真は雪に埋もれた仏谷山の三角点 3等点である 因みに青笹山に
三角点はない
Img_7767下の写真は仏谷山山頂にて記念写真
ここは融けてしまったんだろうか 雪がなかった。
地蔵峠はここから下る事10分か15分
勿論樹林の間から富士山は見えている
Img_7769山頂を外れれば 又 雪道Img_7773下の写真が地蔵峠に祭られているお地蔵さん 静岡側でなく山梨側に鎮座Img_7779青笹山から北上して地蔵峠に着いた時 道は四ツ路となる
真っ直ぐ行けばそのまま東山稜を歩くことになり 右へ行けば
山梨県南部町
左が静岡市の葵高原へ向かう道だ 勿論左へ足を向ける
下の写真は左に足を向け しばらく下った所から峠方面を見る
ここから正木峠にはひたすら下るのみ およそ30分位だろうか正木峠に下りたつ
Img_7782下の写真は正木峠に祭られているお地蔵様
ここを過ぎればすぐに林道に降り立つ
Img_7783後は 単調な林道を下るのみImg_7784それでも 雪道はまだしばらく続いていた
適当な所でアイゼンを外し 手にぶら下げた状態で Pへ
そして車の所へ無事到着
山を後にする

という事で この項 終わります じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・2月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・・安倍東山稜青笹山から地蔵峠

« 雪の安倍青笹山へ・・・part1・・雪の中の急登 | トップページ | 今年も見ごろ 美和桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 雪道は少し大変だったでしょうか?
お疲れ様でした。お天気が良くて何よりでしたね。
ブナの枝ぶりが面白い!です。

マコママさん

そうですね 夏道よりは神経使いますよ 兎に角すべての障害物が雪に隠されてしまってますから うっかりできません。それなりに楽しさもあるんですがね。

こんにちは!

冬の青笹山、雪道を登られたのですね(゚▽゚*)
アイゼンは岩や木の根にひっかけると危ないし、気が抜けませんね。
お疲れ様でした✿
富士山山頂はちょっと雲がかかってしまいましたが、お天気でよかったですねヽ(´▽`)/
せっかくのランチ、シート忘れちゃったのですね。ちょっと残念coldsweats01
私どものようにお湯全部こぼしちゃうよりはマシです(;´▽`A``
その後もアップダウンが続くようですが三分方山より大変ですか?
FUJIKAZEさんもアイゼンですごいなあ@@!
ブナの逆光線のお写真いいですねo(*^▽^*)o

らるごさん

ええ ルートは夏道と全く同じですがね 前々日降った雪です。この辺では珍しいですね もっと奥の方へ行けば別ですが。で 三方分山とですか どっちもどっちですよ ただこの辺はホームグラウンドの様なものでして 勝手知ったる何とやらです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/64887428

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の安倍青笹山へ・・・part2・・地蔵峠経由下山:

« 雪の安倍青笹山へ・・・part1・・雪の中の急登 | トップページ | 今年も見ごろ 美和桜 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック