無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

菖蒲の花見に・・・・掛川加茂荘花鳥園へGo

2017年5月28日

薬の効果なのか 腰痛もだいぶ落ち着いた27日11時半を少し回った頃
今から行ってくるよ 4時半ごろまでには帰る予定 散歩は帰ったら行くよ
と 出かけた先は掛川にある加茂荘花鳥園へ向かう・・昔は 加茂花菖蒲園と云ったが

目的は菖蒲の花
時期的にはもう咲いてると思い出かけてきた
自宅からR1を一路西へ 1時間強で 門前到着 Pに車を止め
受付で入園料を払い 中へ入れば

おお 咲いてる 咲いてる 予想通りだ

Img_1362満開とまでは行ってはいなかったがほぼ見ごろ
しろ、紫、ピンク、黄などの花が 池の周りを彩り 折からの風に揺れていた Img_1366ユーラユラImg_1375その間を通れるように上の写真の如く 通路が作られているImg_1380その通路をユックリ花にレンズを向けながら歩いて行くImg_1398この加茂花菖蒲園に初めて行ったのは今から40年ほど前だったか
その頃はまだ田圃そのものが菖蒲園となっていただけだったが
それからどの位経ったのか 久しぶりに行ったときは 現在の様な
駐車場が完備された大きな建物が出来上がっていたImg_1401まあ 兎に角 園内を隅から隅までノンビリ見て歩くImg_1418
Img_1419
Img_1423この日 静岡の気温は28度まで上がったとか
だがこの加茂荘 水が有り又緑が豊富な為 それほど暑いって感じは
しなかったのも事実であるImg_1442又 この園地には鴨が飼育されており 至る所でその姿を見ることができる
何もされない事を承知済みなのか人間がすぐ側を通っても どこ吹く風
ノンビリと羽を休めている Img_1443そんな園内を一回りImg_1484その後は建物内に飾られている紫陽花等を見て帰宅すれば

4時半 大体予定通り
さあ ハッピー散歩に行こうかね
抱っこだよ おいで

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・5月27日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・掛川加茂花鳥園

花菖蒲の花言葉・・・・・・うれしい知らせ、 優しい心、 優雅

2017年5月26日 (金)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part38・・頑張れ イッチニ、イッチニ

2017年5月26日

ハッピー おいで そう イッチニ イッチニ そうそう 頑張れ イッチニ イッチニ

一昨日の午後3時すぎの事だった
天気さえ許す限り何時もそうなんだが
ハッピーを抱いて 何時もの様に散歩に出る

変だ ハッピーを抱いてると完全に腰の痛みも消える 何故だろう
力のかかり方が違うんだろうか

そんな事を考えながら 国道筋まで 200m程
出た所でハッピーを降ろす そして リードを付け しばらくハッピーの体を
さすってやっていれば その内 やっと立ち上がった処で
2m程 いやもう少し敢えて離れる
そして ハッピー⤴ おいで イッチニイッチニ そう いい子だ
頑張れ イッチニイッチニ002おぼつかない足取りだが 一生懸命にこちらまで自分の足で 歩いてくる
良い子だなー 頑張ったなー
体をさすって ハッピー⤴もう一度な 頑張れ004
005よーしよし いい子だ 頑張ったな~
さあ もう少し歩こうかと リードを持ち ハッピーの歩調に合せ
ユックリ歩き始める
飲んでる薬が効いてるのか あるいはハッピーと歩くお蔭なのか
腰の痛みは何処へやらである
兎に角イッチニイッチニと声をかけカタツムリの如くユックリユックリ歩いて行く
疲れれば止まる 又 歩き出す 止まる 歩き出す
その繰り返し009さあ そろそろ お家に帰ろうか
そう言ってハッピーの頭を撫で 頬をさすってやれば017甘えて 写真の如し
ここでそれをやられてもなー
しょうがないな 又 抱っこだぞ と
ハッピーを抱き上げ 家へUターン

午後の散歩時の事でした この後夕食後にもう一度散歩に出る
その時はもう少し
距離を伸ばしユックリだが一回り

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・5月24日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅界隈






















 

2017年5月23日 (火)

又騒ぎ出した腰痛の虫

2017年5月23日

う~~いたたたたた~~

それは21日日曜日朝の事だった

何時もの様に5時45分目が覚め さて起きるかと

体を動かした途端 腰に痛みが走る 又 騒ぎ始めた腰痛の虫

いたたたたたたたた~~~~

体の向きを変え 両手を使い やっとの事で起き上がる

何時もならなんてことなく起き 立つことが出来るのだが

この日は違った

頭に響くほどの痛み それでも何とか立ち上がり服を着替える

参ったなー こりゃあ 又 医者に行かなきゃならないのか

何したわけでもないのに

以前腰痛が発症した時は右側 今度は左側だ

今日は日曜日 明日まで待つかと

この日は何もせず ハッピーの世話も家内に頼み

ユックリと自宅静養

翌 月曜日 医者へ

一応レントゲン 痛みの原因は右腰の時と同じ

ヘルニアになる寸前状態 軟骨がすり減り 神経を圧迫

それで痛みが生ずる

電気治療と飲み薬を貰う

薬は全部で3種一週間分 服用は朝と夕 それと寝る前

流石 医者の薬 昨夕と今朝飲んだだけで痛みが遠のく

いずれにせよ 今しばらくは様子見 大人しくしているつもり

それにしても腰痛は辛い 早いとこ鎮静化してもらいたいものだ。

医者に言わせれば年齢相応と云うが う~~ん

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。


2017年5月21日 (日)

天城石楠花見たさに天城グリーンガーデンへ一っ走り

2017年5月21日

もう咲いてるだろうと 出かけた先は 天城グリーンガーデン
道の駅天城越えの道路を挟んで向かい側に有る咲く園地である

出来た当初は有料施設であったこの園地も何時の頃からかは知らないが無料となり
今に至っている 
で 何が咲いてるかって?
それは石楠花 しかも天城の固有種である天城石楠花
昔 この花を見たくて天城の連山を歩いた事も有った が
何時の頃からか このガーデンで手軽に見られるので楽になったもんだ

昨日20日の事 ハッピーの朝散歩を済ませ朝食を食べさせ
後の世話を家内に頼み 家を出たのが8時
清水から高速に乗り 沼津からは伊豆縦貫道
函南を過ぎ 伊豆長岡を通過し 修善寺を通り過ぎ 下田街道へ入る
正面に天城の連山を望みながら月ヶ瀬、伊豆湯ヶ島、浄蓮を過ぎれば
間もなく道の駅天城越え 10時に到着 家を出て2時間 ほぼ予定通りだ
車を降りガーデンへ
さ~て咲いてるかな?ああ 向こうに咲いてる咲いてる 良かったー 天城石楠花だ
これが目的できたんだから
見事見事満開だ 早速レンズを向けるImg_1242
Img_1243
Img_1246例年 今ごろから6月にかけ見ごろを迎える石楠花 白、ピンク、赤と様々な花を
見られるのだが 今年は・・・・・
やはり気候のせいなのか 早咲きの物を抜かしては かなり蕾が多かったような

天城石楠花は普通に撮るも 他の花はいいとこ撮りImg_1256
Img_1278
Img_1286
Img_1300再び 天城石楠花をImg_1249
Img_1252
Img_1335こうして1.5時間ほどブラブラしていたか 腹も減ったし ここを出るかと
道の駅へ戻り併設されている食堂へ 
そして帰路に着くも 浄蓮の滝へ立ち寄る
何度も見ているが 一応滝を見に行きImg_1353
Img_1357上の写真 左が山葵田 奥に浄蓮の滝 右は狩野川だ

戻ってくれば1時
さあ帰るか 今から帰れば4時前には家に着くだろうと 車を走らせる

帰路は道程の都合上高速は使わず 一号線をひた走り 家へ着いた時は3時半
真っ先にハッピーの様子を見に行けば 静かに寝ていた
まあいいか 起こさずに このまま寝かしとこう
散歩は夕食後行けばいいやと
少しノンビリする。

面白い事に下田街道を走るといつも脳裏に流れてくる曲が有る
特に天城連山を正面に見るとだが
それは 伊豆の踊子だ 何故かは知らないが、そしていつの間にか口ずさんでいる。

さよならも言えず泣いている 私の踊り子よ あ~あ船が出る・・・・・・・・と

行って帰って7.5時間ほど 特急の中伊豆の花見旅でした

ハッピーの下痢騒ぎ後 時間がかかってもこんな程度にしか外に出られなくなった
朝8時以降に家を出て遅くも4時には帰宅している。
今までの様に早朝に家を出て山へってのは当面無理じゃなかろうか
そんな感じと相成りました。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・5月20日
場所・・・・・・・・・・・・・天城グリーンガーデン 及び 浄蓮の滝

シャクナゲの花言葉・・・・威厳、 荘厳、 危険

2017年5月19日 (金)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part37・・ズーッと一緒に

2017年5月19日

下痢も一応治まり 何時ものゆったりした生活が戻った 昨日18日午後の事

座敷で 胡坐をかいてTVを見ていた

すると すぐ側に居たハッピー

胡坐の中に入って来るかと思いきや 何を思ったのか

腿の上に顎だけのせて 眠り始めた

そう ここなら安心という顔をして

その姿をじっと見つめていたら 自然涙があふれてきた

良かったなー 本当に

ズーッと一緒だからな 安心して お休み001時折 聞こえるハッピーの寝息 胸に手を当てれば伝わってくるのはハッピーの生きてる証

そう心臓の小さな鼓動だ

ドキドキ ドキドキ004ハッピー ゆっくりお休み

お父さんは ずっとお前の側に居るからな

安心してお休み0052時間ほどこうしていたか やがて眼を覚ましたハッピー

周囲をキョロキョロ見回し その後おぼつかない何とか立ち上がる

ん?何?散歩か?そうだな少し行ってくるか もう夕方だもんな

リードと散歩道具一式持ち ハッピーを抱っこして 国道方面へ向かう。

という事で 今日は この辺で じゃあ又。



尚 前回のハッピーの症状については 皆様方に ご心配いただきありがとうございました。


写真撮影・・・・・・・・・・5月18日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅にて







2017年5月17日 (水)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part36・・下痢

2017年5月17日

昨日16日の事だ 昼過ぎ ハッピーの物を買い出しに行こうと出かける

途中まで行った時

電話が入る

ハッピーが大変 すぐ戻ってきて と

何が有ったの と 問えば

下痢 しかも床の上で派手に それで その中でもがいてる 体中○○だらけだよ
今 お風呂場に連れてった処


分った すぐに帰る

急ぎ家へ帰れば 床に広がった所は跡形もなく処理済み

ハッピーはと見れば 洗って貰ったんだろう 全身濡れ鼠

その後を引き継いで もう一度細かに洗い ドライヤーを充てながらタオルで拭う

大体 綺麗に乾いた処で 改めてハッピーを抱き上げ寝床へ、

今のハッピー 老齢化が進み 腰がほとんど言う事を聞かない

自力で立ち上がるのもやっとだ

外を散歩中 大便をするときなど 腰を抜かさないよう体を支えている

そんなハッピーだ

いきなり下痢なんて言ったら・・・・・・可哀そうに

同じ日の夕方 見てる前で 再び下痢

しかも口からも嘔吐 如何しようか 医者へ連れてくか

一瞬悩んだ

結局連れていくことに

何を食べているかいろいろ聞かれたが

今までと変わらず ドッグフード主体の食事ですと答える

ただ 以前から食べ方にムラは有りますが と

そうこうしているうちに 診察台の上で もう一度下痢

見立ては

年齢によるものなのか あるいは 何かが有るのか気にはなりますが

少し様子を見ましょうと

注射2本打ち 飲み薬を貰い 家へ帰る

我が家に来て16年以上 病気一つしなかったハッピー

健康一筋で生きてきた16年と4か月

予防接種や預かってもらった時以外 病院とは全く無縁だったハッピー

これからどうなって行くのか 気になる所である

少なくとも 介護状態になるという事は確かだと思うが。

という事で 今日は この辺で  なお今回は写真等は無いので悪しからず。

2017年5月15日 (月)

お茶畑 されど お茶畑

2017年5月15日

遡る事 7日の事 確か昼過ぎからだったと思うが

今からお茶畑を見に行ってくると出かけてきた

お茶畑と云うと 牧の原大茶園やら 掛川の茶園やら あるいは富士市の茶園やら

広大な茶園がそこかしこに有る静岡県だが 今回行って来たのは

安倍川支流足久保川沿いの山あいに位置するお茶畑

ここは静岡本山茶発祥の地だ

何も珍しいものでもないのだが 無性に歩いてみたくなり行って来た

車で適当な所まで入り そこから 周辺を歩く

お茶に損傷を与えないように 畑の中に入らせて貰ったり

お茶の段々畑を見上げたり

はたまた上から見下ろしたり

1.5時間程度 

下にその時に撮った写真を載せておきます
下の写真は上から見下ろしてカメラを向けるImg_0776下の写真は 少しばかり作業道へ入らせて貰い撮影Img_0781
Img_0785次は 段々畑を下から見上げるImg_0789向こうに見えるのもお茶の段々畑だ
このあたり山あいに有る為 珍しくも無い風景だが
手入れは大変だろうなーと思いながら しばし 眺めていたImg_0793道はまだまだ奥へ続いているが あまり奥まで行かずUターンImg_0795
Img_0801ノンビリと山あいの自動車道を歩き 車に戻る
帰る途中もチョイト停車
茶畑の写真を撮り 後は 帰宅するImg_0807
Img_0809お茶畑 何も 珍しいものでもなんでもないが されどお茶畑

たまに歩いてみるのも良いものである

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・5月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市足久保川沿い




























2017年5月13日 (土)

春バラ香る頃

2017年5月13日

春と秋のバラの花咲く頃 必ずと言っていいほど訪れている場所がある
其処は富士市の中央公園 バラ花壇だ そこには200品種約1800株が
咲くという

県内には島田、河津、浜松、袋井等見る所はあるが なぜか富士市に行くのが
圧倒的に多い
条件さえ良ければ富士山も見えるからかも知れないが・・・・・
富士山が見えると云えば広見公園もあるが
矢張り多いのは中央公園

行ったのは昨日12日
バラの花見に行ってくると家を出たのが昼過ぎ
北街道を走り 鳥坂から国一へ上がる
後は富士市めざす
1時間強で中央公園のP
咲いてる咲いてる 早速レンズを向ける
それにしてもいい香りだImg_0901ホンワカと漂ってくるバラの香りを感じながら
花壇を見て回るImg_0902200品種 それぞれに名前がついてはいるが とてもじゃないけど覚えきれない
いや その時は成程と分った積りになるが 後になると名前と花は・・・・・・
まあいいか それよりも花そのものを楽しむかとImg_0911折からの好天気に恵まれ 花見の人が後を絶たず
花にレンズを向けてると 平気でその前に立つ人も
文句をいっても仕方なし 一時 その場を離れ 別の場所
改めて 又 その場所へ と その繰り返しImg_0912そう言えば この公園にもハッピー連れてきたっけなー と 思い出すImg_0919
Img_0924個々の花を撮ったり 全体を撮ったり
だが 結局いつもと変わらない同じような写真になってしまう
仕方ないかも知れないがImg_0928
Img_0931
Img_0940同じように写真を撮ってる人に聞いてみた
花の名前 覚えられますか?と
その人曰く
こんなに有ったら無理ですよ 何時も花の写真だけ撮っていいにしています。とImg_0948そうでしょうねー 同じだと その場は笑って やり過ごすImg_0951
Img_0956ここに1.5時間ほどいただろうか
時計は2時半を少し回っていた
そろそろ帰るかと Pに戻り 車を発進させるImg_0968順調に走り 4時には帰宅していた この日のバラの花見
中に 今回初めて見たような気がしたバラの花も有った。

という事で 今日は この辺で 写真はこの日の抜粋です。じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・5月12日
場所・・・・・・・・・・・・・・・富士市中央公園

バラの花言葉・・・・・・・・愛、 美

 

2017年5月11日 (木)

駿府城公園に咲くマロニエの花・・・樹上のソフトクリーム

2017年5月11日

駿府城公園のほんの一角に マロニエ園 なる場所がある
昭和32年にフランスのある都市と結んだ友好協定によって その場所が用意され
其処に植えられたのがマロニエ 日本名は栃の木だ

先日城北公園の帰りに寄ってみた
そして花をつけているのを確認までしたが その時はそれまで
今日11日昼前改めて行って来た

木は全部で9本 その全てが花をつけているわけでもなく
見た限りは5本って処だったか

花は全て上向き 樹上にソフトクリームがのっかっているかのごとく咲いている
よく見れば蜂も蜜を吸いに飛んできている
が 全て 見の丈より高い場所
仕方なく望遠レンズを取りつけ写真を撮る

公園までは自転車で10分強
撮るだけ撮って10時半には家へ帰っていた
帰路 通過するいつもの公園で咲いていたカルミヤの花を撮りながら
という事で下にその時の写真をImg_0848
Img_0849数年前は目の高さで見られたマロニエの花 何れも見上げなければ見られない高さに
なっていた 仕方のない事だがImg_0854
Img_0855
Img_0871撮るだけ撮った帰り道 矢張り駿府城公園内だが 一瞬目に付いた花が有り
それもついでに一枚
シナサワグルミと云ったか 原産地は中国とか
それがこれImg_0879長ーく垂れ下がって 風に吹かれてユ~ラユラ
そして 途中の公園でカルミアの花をImg_0885この花 アメリカシャクナゲといい 原産地は北米とある
蕾を見るとまるで金平糖のようだImg_0886という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・5月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・駿府城公園 他

マロニエの花言葉・・・・・・・・・・天才、 天分

カルミアの花言葉・・・・・・・・・・大きな希望、 大志を抱く、 野心、 さわやかな笑顔





















2017年5月 9日 (火)

夜のナンジャモンジャ見物

2017年5月9日

夜のナンジャモンジャ見物 以前一度だけ行っている
その時 木の上に本当に淡雪がかかったように見えていたのだが・・・・

もう一度見てみたい そんな気持ちが急に湧きあがる

それは8日夕食後の事だ
ハッピーの散歩を済ませ 寝床に連れていき
今から行ってくる この子を頼むよと
家内に頭を下げ
自転車を引っ張り出し 城北公園へ向かう。

公園には20分弱で到着
照明代わりの水銀灯が煌々と輝いている
今が盛りと咲き誇っている なんじゃもんじゃ いや ヒトツバタゴ 何とも幻想的だ
自転車を止め 周囲を見回し
三脚を立てカメラをセット 方向を見定め 早速一枚

勿論ストロボなど発光させない
水銀灯の灯りだけで撮影だ
当初はMモードでと思っていたんだが 結局 全オートで
気にいるように撮れたんだかどうだか
兎に角一回りしてカメラを納め 三脚をたたみ 帰宅する
という事で 下にその時の写真を
まずは これ Img_0811向こうにポツンと見える灯りは 賎機山の街灯だ
次は ナンジャモンジャトンネルImg_0816兎に角 この公園には80本
そのどれもが満開 白い花がユーラユラ風に揺らめいていたImg_0823
Img_0831
Img_0834一回りして最後に撮ったのがこれ 花にレンズを近づけて撮影
勿論 これはストロボ使用Img_0837ついで 帰りがけに撮ったのが夜のお堀端
下の写真は西門橋から見たもの カメラは手持ちImg_0841もう一枚 これは県庁前から御幸通り方面へレンズを向けて撮影
お堀が見事に鏡となっていて上下対称となっているImg_0847という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・5月8日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・城北公園 及び お堀端





















2017年5月 7日 (日)

新緑眩しい安倍奥へ・・・安倍の大滝と白花イワカガミ

2017年5月7日

4日昼過ぎの事 兄から電話が入る
今 何してる?良かったら 少し 行ってくるか 
何処へ?
そうだな 何処にするか 兎に角来いよ
分った すぐに行くよ
急遽 兄のもとへ
車に乗せ そこで初めて行く先を決める
向かった先は安倍奥 梅が島方面である
往復で最低3時間はかかる 従ってそれほどゆっくりはできないドライブである

新緑が綺麗だ
途中 真富士の里で小休止
下の写真は小休止中 向こう側に聳える山の新緑の形が面白く 一枚
山は見月山と云うImg_0648走らせてる最中 そうだ 安倍の大滝に行こう という話になる
其処はつい最近まで 吊り橋崩壊の為 通行止めになっていた所
だがそれも3月末には復旧し 通行止めも解除されたよし
ならば 行くか
そうこうしてる間に 入口近くの駐車スペースに到着
下の写真は車から降りた所で 今来た方向をかえりみるImg_0649ここから片道1.2kほどのハイキングコースだノンビリ行くか

安倍の大滝へは吊り橋3箇所
一番奥の橋が崩壊していたんだが どんな橋になったんだろう
内心楽しみでもあった

安倍川本谷にかかる一つ目の吊り橋を渡り 次の逆川に架かる橋でもたつく
何故か
連休真っ最中のこの日 TVの取材陣数名が其処にいた
しかも2つ目は一人ずつしか渡れない 順番を待っているようだった
しかもこの橋はよく揺れる
慣れない人は途中で・・・・・・
兄と二人 無事に渡り終え 大滝目指して歩いて行く
緑が綺麗だなーImg_0668見て見ろ 向こうに山桜が 綺麗だなーImg_0657こっちにも咲いてるぞ
そんなこんなで途中の岩場には 白いイワカガミImg_06642うわー イワカガミだ 綺麗だなー

こっちを見て見ろ たくさん咲いてるぞ と 兄

うんそっちは 帰りにもう一度ゆっくり見るから と 先へ進む
上ったり下ったり
やがて3つ目の橋Img_0675へー こんなきれいな橋になったんで でもなー
下の写真は橋の上から上流方向を眺め一枚Img_0676今までの吊り橋の方がそれらしくて良かったなー などと話しながら
歩いて行けば やがて轟音が聞こえてくる
安倍の大滝だImg_0678久しぶり この滝はハッピーも連れてきたことあるよ
ただ あの橋 どうやって渡ったか覚えてないけど
そんな事を話しながら しばらくそこにImg_0689そして元来た道を戻りはじめれば そこで取材陣とすれ違う
気を付けて 声を掛け合いImg_0697再度橋を渡り イワカガミの咲く場所へ
改めてじっくり眺めImg_0706
Img_07072二つ目のつり橋へ
渡るのはあくまで一人ずつ 子供でも大人でも 行く人帰る人 交互に渡り
最初の橋を渡れば 車に近い
改めて後ろを振り返れば 山桜が今を盛りと咲き誇っていたImg_0712そして車へ
後は 兄の家までひた走り 兄を降し帰宅する
5時少し前に到着
なんか慌ただしいドライブだったが 新緑を楽しみ 珍しい花にも会え
兄も喜び 有意義なひと時となったこの日の出来事

という事で 今日は この辺で じゃあ又
この日の翌日 城北公園へナンジャモンジャを見に行っている

写真撮影・・・・・・・・・・5月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市梅が島地区 安倍の大滝付近

イワカガミの花言葉・・・・忠実



2017年5月 5日 (金)

ナンジャモンジャ咲く頃

2017年5月5日

例年GWを迎える頃 市内にある城北公園ではナンジャモンジャが見ごろとなる筈なんだが
さて 今年は如何だろう
と 今日5日 昼過ぎちょいと行って見る
チャリンコを使って ゆっくり走っても20分弱
駿府城公園お堀端から静高の横を通り城北公園へ
おっ 咲いてる咲いてる
木の上に淡雪がのっかった様に
青空の下に 真っ白い花が咲き誇っている

ん?富士山?ナンジャモンジャの向こうに 残雪の富士が どうだと云わんばかりに
顔を出し
まるで雪帽子の白さと競いあってるような

早速 チャリンコを駐輪場に止め レンズを望遠レンズに付け替え 一枚Img_0727この後 一回りImg_0733整備されているベンチや木の下では家族やグループがお弁当を広げ
ワイワイガヤガヤと盛り上がっていた その人達を横目に
花にレンズを向ける
ナンジャモンジャは正式にはヒトツバタゴというモクセイ科の木である
又 この公園には80本ほどが植えられており
満開になればまさに淡雪を被った様な感じになるImg_0734夜 見に行くといっそうそれが良く分かるんだが・・・・・・Img_0740
Img_0743それにしてもいい天気である しかも暑い 夏に入ったかの様な陽気だImg_0754
Img_0764木の下に入れば暑さも少しは和らぐImg_0765滲み出ていた汗も 引っ込んだ所で さて帰るか と 駐輪場へ
と その前に もう一度後ろを振り返り 一枚ガシャリImg_0773この後 帰宅する

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・5月5日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡城北公園にて

ナンジャモンジャの花言葉・・・清廉




























 

2017年5月 3日 (水)

アカヤシオ咲く山 川根大札山へ

2017年5月3日

例年4月下旬から5月初めにかけ満開となったアカヤシオが訪れる人を
迎えてくれる大札山
今年はどんなだろう
開花が遅れていることも小耳には挟んでいたのだが
兎に角行って見るかと
2日 出かけてきた・・・・・・

早く行って早く帰ってこようと朝6時半家を出る
R1を西進し島田向谷ICから川根街道へ 上長尾から南赤石幹線林道へ入る
30k程度のスピードでノンビリ登って行き
大札山肩のPへは 8時半ごろだったか到着

上空は雲 暑い雲で覆われ 吹く風も冷たく感ずるも 早速登坂開始
木々はやっと芽吹いたばかり
アカヤシオ如何かなー 咲いててくれるかなー
内心 心配に
まあいいか 咲いてなけりゃ山頂往復して帰るさと 心に決め
登って行く
やがて分岐 山頂へ直接登るコースと北尾根経由のコースだ
無論後者をとる
理由は簡単 アカヤシオの群生地を通るからだ
やがてまばらだが見覚えのある花が目に入る
アッ 咲いてる
咲き始めだが ピンクの花がポツンポツン
周囲に目をやれば あそこにも こちらにも
それに気を良くして 稜線に出る そして一応山頂目指す
やがて到着
条件さえ良ければ いい景色なんだが 曇り空ではそれも・・・・・・
少しの休憩の後 Uターン

元来た道を戻る
そして先ほどの分岐
だが 今度はまっすぐ それこそ北尾根をどんどん下り 蕎麦粒山との鞍部を目指す
途中アカヤシオの大群生地を通り
コイワカガミの群生地を通り
何度か小ピークを越えれば やがて鞍部への下降点

其処を一下りで鞍部 いや 南赤石幹線林道へ降り立つ
そしてPへ林道歩きが始まるも この頃から頭上には青空が見え始め
Pへ着いた頃 やっと 陽射しも
もっと早くに青空になっていればアカヤシオも綺麗に見えたのに ヤレヤレ
まあ雨に降られないだけ良しとするか
それより昼だ
整備されているベンチに腰掛け 景色を眺めながらの昼食 その後3時には家にいた。

以下は この時に撮った写真です。
まずは Pに着き少し登った所から撮影
谷を挟んだ所に聳える 新南部の山 高塚山と雲に覆われる三つ合Img_0512次は 登って行く時に撮影 山はやっと春の芽吹きだImg_0513次が咲き始めていたアカヤシオ 去年の今ごろは満開だった。Img_0522次は 山頂に咲くアカヤシオ この木のすぐ横に白ヤシオの木も
あるんだが まだまだ眠りから覚める様子はなかったImg_0530次は 山頂から引き返す時
登山道から少し離れた所に咲いていたアカヤシオ 天気が良ければなーImg_05392次は 高塚山と三つ合との鞍部から見えた京丸山
この頃にやっと青空が見えてくるも上空はまだまだImg_0548次は アカヤシオを少しアップでImg_0556次は アカヤシオの群落 満開なら素晴らしい眺めだが・・・Img_0560次は アカヤシオとバックにやはり深南部の蕎麦粒山 向こうのピークが山頂だImg_0580次は 林道へ下りた時に撮ったミツバツツジImg_0591次は 沿道に一本だけあったタラの木とバックに蕎麦粒山Img_0608次は 右に大きな山桜 向こうに見える山は三ツ星山Img_0635そして最後に 川根街道沿道の茶畑Img_0644という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・5月2日
場所・・・・・・・・・・・・・・川根大札山界隈

アカヤシオの花言葉・・・・柔らかな視線

ミツバツツジの花言葉・・・節制







































2017年5月 1日 (月)

ツツジと桜とお茶畑・・県美周辺にて

2017年5月1日

日が経つのは早いもの もう5月 この声を聞けばすぐに八十八夜
ソメイヨシノなどはすっかり葉桜となり 遅咲きの八重咲きが今見頃を迎え
木々の若葉も茂る様になり
お茶畑では新芽が青々と育っている

そんな5月に入る直前 4月30日の事 何時もの様に午後からだが
チョイト県美周辺へ散策に出かけてきた

Pへ車を入れ カメラぶら下げ ブーラブラ

頭上を見れば燦々と降り注ぐ太陽の下 若葉が綺麗だ
それに負けじとツツジも花開き
遅咲きの八重咲きの桜 一葉も満開となり
四月最後の日曜日を喜んでいるかのごとくだ

美術館周りを一回りし さて お茶畑は?
あったあった
お茶の新芽が綺麗に伸び揃い 刈ってもらうのを待っているかのごとくだ
新芽を太陽に透かすように覗いてみれば
何とも言えずだ
香ってくる筈の無いお茶の新芽だが なんとなく 香りが漂ってくるような
しばらくお茶畑を眺め
車に戻る

以下は その時に撮った写真です。

まずは 頭上を見上げて一枚Img_0433次は ツツジ ツツジと云っても花の大きなヒラドツツジと云ったか
見頃はまだまだこれからImg_0442
Img_0449上は ツツジと八重咲き桜(一葉)のコラボ
下は 手前にウコン桜 奥側に一葉をImg_0450次は ツツジ ここは県美と隣り合わせの県大Pに通ずる道路沿いImg_0454
Img_0456
Img_0459次は 小さなモミジ林 若葉が太陽に照らされ綺麗に輝いていたImg_0476そして 又 桜の所でImg_0485これを撮って 茶畑に移動 その途中に
若葉かおる美術館への道を一枚Img_0496そして う~~ん 美味そうだImg_0499
Img_0502
Img_0503という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・4月30日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡県立美術館周辺にて

ツツジの花言葉・・・・・・節度、 慎み

お茶の花言葉・・・・・・・追憶、 純愛





























« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック