無料ブログはココログ

« 台風一過の富士の山 | トップページ | 夜明けの富士山・・・安倍川右岸より »

2017年9月20日 (水)

台風一過の富士の山・・その2・・夕暮れ近し安倍川河川敷より

2017年9月20日

前回の続きの様なもんです

18日台風一過の青空が続いた夕方 5時ごろだったと思うが
もう一度安倍川へ
今度は安倍川橋より上流側へ 河川敷の中の一角に腰を降し
夕暮れ近い富士山を眺めていた

自転車で家をで 当初は朝と同じ 下流側に行こうかとハンドルを向けたが
待てよ たまには向こうへ行って見るかとUターン
駿河大橋を右に見て そのまま上流側へ 安倍川橋を右に見てなお上流側へ
そして河川敷のなかへ下り
護岸堤防のいい場所を探し腰を下ろす
其処は徳願寺山の丁度山の下 夕暮れ時など いち早く日陰になる場所だ
そのせいか風は涼しく かいた汗もすっ飛んでしまう まことにいい場所
その一角に腰を降し 富士山を眺める
刻一刻変わる夕暮れの風景を眺め 帰宅した時は6時を回っていた
下にその時の写真を数枚
まずは安倍川橋を通り過ぎた所からImg_3883次からは 河川敷の中から撮った物
始めは全オートで撮ったいたが 白けて なんだか良く分からなくなっていた為
途中からMモードにし液晶モニター画面で見ながら絞りや速度を調整しながら撮影Img_3901
Img_3906手前の水は 安倍の流れ 台風の影響で濁ってはいたが 水路から溢れるほどでもなかった
それでも普段よりいくらか水量が増えていたかImg_3925そして 気が付けば カラスの鳴き声 巣に帰る所だろう 一斉に飛び立って行った
Img_3936さて これだけ撮ればいいやと ヒョイと堤防を
彼岸花が良い所に咲いていた 良し あれもいれて撮ってやるかと
花の側に行き レンズを向ける
下の写真は全オートで撮影Img_3940そして 最後にもう一度Mモードにし撮影したものがこれImg_3944レンズは55~250の望遠ズーム1本
撮影は勿論手持ち
この写真を撮って帰宅する

ハッピーの介護に明け暮れている今 遠くへはとても行けない
せいぜいこんな程度だ
少し手が空いた時に安倍川へ あるいは夕方ちょっくら安倍川へ

という事で  今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・9月18日夕
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内 安倍川右岸河川敷にて





















« 台風一過の富士の山 | トップページ | 夜明けの富士山・・・安倍川右岸より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヽ(´▽`)/なんて素敵なんでしょう!!

淡い色の鉄橋とのコラボも意外です。
富士山が、これ見よがしに微笑んでますね。
でも、威張ってはいない・・そんな感じです。

今回のは女性的に見えます。
彼岸花・・どこそこに咲き始め、見る間に一杯になりますね。
秋の気配は彼岸花がもってこいですね。

こんばんは!

うっすらピンクに染まった夕暮れの雲と富士山が素敵ですfuji
ヒガンバナ、ちょうど今の季節ですね。
ハッピーちゃんの介護、大変かと思いますが、少し外に出られればこの絶景!!
静岡はいいですねwink 息抜きも大切です^^ ご自愛くださいませ。

こちらは義母が麻痺が進み精神的に弱くなってしまい鬱傾向で困っています。
私の母は術後体力が一気に落ちましたが、何とか低空飛行ながら一人暮らししております。いつもご心配頂きありがとうございます(_ _)

こんにちは。
 うっすらの富士山とヒガンバナのコラボも季節感が
あふれ素敵ですね?
 こちらも今朝はうっすらと見えましたが、
写真では無理!と思い撮りませんでした。

こころぐ郁美さん

そうだよ 富士山は何時も微笑んでる そんな感じだね 最も御神体が御神体だからね 因みに御神体は知ってるかも知れないけどコノハナサクヤヒメだよ

らるごさん

ええ 夕方の富士山は良いですよ 朝とは違った雰囲気ですから。雪の時期になると一層それが分かります。それでこの写真撮りはちょうどいい息抜きですよ。お母さんとお義母さん お大事に。

マコママさん

ええ この台風一過の日は一日良く見えてましたからね 写真撮るには絶好の日和でした。それで彼岸花もちょうどいい被写体になってくれましたよ 良い所に咲いていてくれたものです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/65814354

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過の富士の山・・その2・・夕暮れ近し安倍川河川敷より:

« 台風一過の富士の山 | トップページ | 夜明けの富士山・・・安倍川右岸より »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック