無料ブログはココログ

« 秋雲とビルの間の朝の富士 | トップページ | 雲は空の芸術品 »

2017年9月 8日 (金)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part50・・進む老化と介護

2017年9月8日

ここへきて急速に進んだハッピーの老化現象 加えることの痴呆症

いつかはと 覚悟はしていたんだが・・・・・・・

朝5時半起床 まず始めにやることはハッピーの食事の準備だ
従来は固いペットフードもなんて事も無くカリカリやっていたんだが
今は固いもの一切駄目に
従って フードをお湯びたしにし 指で押さえてペチャンコになるくらいまでにして置く

我々の朝食が済み 一通り用事が済むと8時半 その頃ハッピーを起こし
外へだし トイレを済ませ
ブラッシングをし その後 朝食

ただ このトイレが又一苦労
大の時 ハッピー自身の力だけでは 腰の筋力が持たない為
腹の下へ左腕を差し込み 体を支え 右手で尻尾を上にあげ 排出を手伝う
出た後は 体を持ち上げ 別の場所に移動 そして排出物を片づける
また 小の時は 腎臓機能が衰えているんだろう かなり出にくくなっている為
左手で体を支え 右手で膀胱付近をマッサージ
これで無事に排尿
その後 抱き上げ家の中へ そして風呂場でブラッシング

そして今や片時も離せなくなったオムツを二人係で着け
その後朝食となる

その朝食も一仕事
まずは必要なものを準備して置き
床に敷物2枚
其処へ胡坐をかく その上から汚れても良いようにシーツをかけ
左側にハッピーを乗せるように抱きかかえ
まずは匙一杯の整腸剤から与える
無論そのままではなく ハッピーの好きなテリーヌに混ぜ込み
指先にのせ 口元へ 量はスプーン一杯だ それが終われば食事

この仕事 一人では無理だ
家内と協力しハッピーに与えている
食べる量は若い頃の1/3程をジュース状にして やっとだ。

整腸剤を与えている時 家内が柔らかくなったフードを
フードプロセッサーにかけジュース状にしておき
与え終わった時を見計らい
穴を大きくした注射器で何回かに分け与える。

それが終わってやっと 朝の仕事が終わる これが9時半近く

そして一日が始まる

お昼には我々と同じようにパン食 (これはよく食べる ただし左ひざへ抱きかかえ 牛乳に浸して小さくちぎった物を手で与えるんだが) 全くよく食べる
その後 少し 外にだし そしてオムツの交換を二人係で

夕暮れ4時過ぎ オムツを外し 抱っこでいつもの所に行き
そこでしばし外の空気を、
だが帰れば又 オムツ

可愛そうだが仕方なし もしオムツをしないと 家中とんでもないことに

そして夕食後 ハッピーにも食事
朝と同じように 整腸剤から始まり 注射器を使った食事

そしてもう一度外へ 今度は散歩だ
ユックリユックリ歩く
時折近所人の頑張れと声掛けも頂き ゆっくりゆっくり歩く
距離にして300mぐらいだろうか

そして寝所へ連れて行き一日が終わる

今や 好きな山へ行くどころじゃなくなった

遠くへ花見に行く事もままならない

余裕と云えばせいぜい2時間 長くて3時間だ
しかも何処へ行ってもとんぼ返り
やっぱハッピーの事が気にかかる

今 如何してるのか 無事でいてくれるのか 何処かへ入り込んで身動き取れなく
なって等いないかしらんなどと
どうしても気になってしまう 今日この頃

今4時を15分ほど回った処 後 4時間もすれば ハッピーとの一日が終わる

その時やっと介護から解放される。又 明日だ

まあ 夜中にも起こされる事しばしばだが・・・・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

尚 今回は 写真等はありませんのでご了承を。

« 秋雲とビルの間の朝の富士 | トップページ | 雲は空の芸術品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パパさま
 こんばんは。
読んでいて涙が・・・。
愛おしいですね?だから介護もしっかりと
ご夫妻でできるのですよね?
ハッピーちゃん、きっときっと感謝していますよ。
ご夫妻でどうぞ頑張ってくださいませ。

 マコも最後はお水も飲まなくなったので、
スポイトで飲ませたことを思い出しました。

パパさん!
我が子以上だね、これだけ介護ができるなんてペットと暮らす人のお手本だと思う。
食べ物の気を使うし、シモの世話はなお大変。
筋力が落ちて排便もなかなか・・・
私は猫だけど浣腸をしたこともあります。嫌がりますがでないことは大変だもんね。
ご飯は「美味しいね〜美味しいね〜」と聞かせながらあげました。
介護するようになってから体重は変わりませんか?
変わらないなら栄養は落ちていないことかも!
 お出かけができないは息抜きができませんが ハッピーがきになるからね~
パパさん家族の健康が気になります。

こんにちは

毎日の食事や排せつの介護、本当に頭が下がります。
奥様と二人三脚、どうぞパパさんも奥様もご自愛くださいconfident
こんな愛情あふれるご家族に囲まれ、ハッピーちゃんは幸せです。
きっとありがとう!ありがとう!と思ってることでしょう。
2,3時間でも気晴らしに秋の自然の中で気分転換できますよう願っておりますconfident

せせらぎさん

体重ですか それは落ちてますよ ハッピーが若くピチピチしていたころは13.5kだったかな それが今では11kやっとですから 見た目では分かりませんが筋肉は落ち骨ばってきています 食べる量が極端に少なくなってますから仕方ないですね。でも頑張ってますよ 見てると涙が出てきます。

マコママさん

はい 可愛い通り越して愛しさ倍増です この気持ちは正直子供に対する気持ち以上ですね。いつまでこの生活が続くか分かりませんが 私らが体調を壊さないよう十分注意します。

らるごさん

有難うございます まあ 今の生活がいつまで続くか分かりませんが 愛しいハッピーの為 体調を壊さないように頑張りますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/65765335

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬ハッピーの今日この頃・・・part50・・進む老化と介護:

« 秋雲とビルの間の朝の富士 | トップページ | 雲は空の芸術品 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック