無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

雨の間に・・・・・

2018年6月29日

今日のニュースで聞いた 関東甲信が梅雨明けしたと
が こちらはまだだ

昼少し前の事 一雨去った後 開けてある窓から少し青空が見える 庭へ出てみた
上空をすごい勢いで流れる雲 その形態が面白く 写真をと思った時 又 一雨
その雨が止んだ後 改めて庭へ出る
そして上空を眺めるImg_2499_2雲の下に雲 それが次から次へその姿を変えて流れていく 見ていて全く飽きない
しばらく見入っていたImg_2501
Img_2504
Img_2507いいかと思えば また パラパラ 一旦屋根の下に入り
止んだ頃再度上空をImg_2509雲の流れは相変わらず早い 見る間にその姿を変えていくImg_2528その内 少し雲の切れ目が大きくなり こんな形の雲も
まるで象が上を向いているかの如く が この形も すぐに消えてなくなっていたImg_2530と 何処からともなく 一羽の鳥 鷺の仲間であろうか 向こうにとんで行きImg_2548

庭では 梅雨がもうすぐ開けるのか 或いは 来る夏が嬉しいのか
百日紅の花が咲きだしていたImg_2542このぶんを書いてる今は雨もすっかり上がり 青空も広がってきている
という事で 今日は この辺でじゃあ又

尚 昼時の予報時聞いた 台風7号が発生したとか
予想コースを見れば東シナ海を北上し日本海へ抜けるコース
被害が出なければいいんだが・・・・・

写真撮影・・・・・・・・・・6月29日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅庭より上空を眺める

百日紅の花言葉・・・・・雄弁、 愛嬌、 不用意














2018年6月26日 (火)

久々に歩いた夜のウォーキング

2018年6月26日

昨日の夕食後の事
久しぶりに夜の街をウォーキング

日中は真夏日だが日が落ちると同時に案外涼しく 歩くのには申し分ない
ハッピーの事は家内に頼み外へ
まずは 以前に歩いていた通り国道筋へ004それから 駅方面へ方向を定める 家を出るまでは安倍川方面にするかどうするか
考えてはいたが 結局駅方面へ
車の流れを横目で見ながらテクテク テクテク009時折吹いてくる風も心地いい
自然ペースも上がる013歩き初めて20分弱で駅前
月が煌々と輝き まるで梅雨とは思えない空だ016
018駅前から御幸通りを左へ
市内でも1,2を争うほどの交通量が多い交差点を地下道でくぐり019市役所脇から左へ折れる
以前ならまだ真っ直ぐ行き本通りを歩いて帰ったんだが
兎に角久しぶり
距離を半分ほど短縮してのウォーキング022青葉通りを真っ直ぐ自宅方面目指す026
028家へ帰れば ほぼ 1時間 距離は3kあるかないか 以前と比べてスピードが
落ちたなとつくづく思ったこの日の夜のウォーキング

だが 意外と気持ち良く歩けた 一時でした。

下に最近のハッピーの写真を載せておきます001
002
003という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・夜の風景は 6月25日
               ハッピーは  6月20日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内 及び 自宅

2018年6月23日 (土)

蓮の花咲く蓮花寺池公園

2018年6月23日

あれから10日 そろそろ咲いてるかなと 22日昼過ぎ
藤枝の蓮花寺池公園へ出かける

何時もの道をいつものように 何時ものPへ車を止め
蓮の花が咲いているのを楽しみに歩いて行けば
咲いてた ピンクの大きな蓮の花Img_2434早速レンズを向ける 望遠ズームを目いっぱいにして。
他にも咲いてるのかな キョロキョロ探せば あった シーズン的にはまだこれからだが
ボチボチ咲き始めていたImg_2436
Img_2437もう少し歩いて行けば 今度は睡蓮だImg_2439
Img_2443これにもレンズを向ければ その内トンボガ コシアキトンボだ
こっちは如何するかな この間も撮ってるしな
目で見るだけにするか と
その内なぜかレンズを向け トンボを追っていたImg_2449睡蓮を後にし 先へ行く
池沿いの道をボチボチと 蓮の花を探し 半分はトンボを追いImg_2457遊歩道を道なりにImg_2462その内見つけた この風景
コシアキトンボが止まっているって・・・・・・・Img_2474蓮の葉に止まり身じろぎもしないコシアキトンボ
しばらく眺めていたら いきなり飛び立つ こちらのサヨナラとでも言いたげに
それがこれImg_2481このトンボ しばらく行ったり来たりしていたが その内向こうに飛んで行ってしまった

今回はトンボに関しては撮る気も無かったのだが 結局は・・・・・・

最後に 今にも咲き出しそうな蓮の蕾をImg_2482という事で 今日はこの辺で じゃあ又

撮るだけ撮って家へ帰れば まだ 2時にもなっていなかった
蓮の花は 本当は朝咲き始める時見るのが一番良いという事だが・・・・・

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・6月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園にて

蓮の花言葉・・・・・・・・・・・・清らかな心、 神聖、 離れゆく愛、 雄弁

睡蓮の花言葉・・・・・・・・・・清純な心、 信頼、 信仰




























2018年6月18日 (月)

合歓の花咲く安倍川河川敷

2018年6月18日

そろそろ合歓の花が咲く頃だな ちょっと行ってくるかと
17日午後 牛妻の安倍川河川敷へ

何もワザワザそこまで行かずとも合歓の木は有るんだが 手の届く様な木は中々
見当たらず それもそうだ 兎に角樹高10mにもなるんだから
そこで牛妻へ
駐車スペースへ車を止め 後はノンビリと合歓の木のある場所へ行けばImg_2368矢張りこの花も例外ではなく 例年よりもかなり早くから咲き出したんだろう
木の根もとにはかなり落下した物が散らばっていた
それでも木の上を見れば ピンクの長ーい雄蕊が風にユーラユラImg_2371写真撮るのに如何しようかと躊躇するぐらいだった それでも何とか撮りImg_2375次の合歓の木めざし歩いて行けば

足元にはムシトリナデシコ等の草花が吹く風に ユラユラ
そこへヒラヒラと蝶々たちが蜜を求めて舞っているImg_2381
Img_2391それらを見ながら 合歓の木目指す

だが木によってはもうすでに完全に終わった物もあり
見に行くのが遅かったくらいだImg_2395いや違う 今年は例年と違い開花時期が読めなかっただけなのかも知れない
それでも何とか撮って来た合歓の花Img_2418
Img_2419まあ 撮れたからいいやと自己満足し帰宅する

そう言えば去年も確か同じような題名で記事にしたと思ったが・・・・まあ いいか。

最後にもう一枚Img_2423という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・6月17日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市牛妻地内安倍川河川敷

今朝の関西地区の地震には吃驚でした 被害に遭われた地域の人達には
心からお見舞い申し上げます


合歓の花の花言葉・・・・・・・・・・歓喜、 胸のときめき

ムシトリナデシコの花言葉・・・・偽りの愛、 青春の息吹、 落とし穴

2018年6月14日 (木)

撮ったまでは良かったが・・・う~~ん・・・

2018年6月14日

ヤレヤレ 後ろの液晶モニターで見た限りは良かったんだが やっぱりなー

昨日13日の事 ちょっと蓮花寺池公園まで行ってくる 何って事はないけど
直ぐに帰って来るよと
昼すぎ 出かけて来た
何時もの様に望遠ズームを付けたカメラをひっさげ

半分は蓮がどの位どうなっているか確認の意味合いもあったんだが・・・・・

Pへ車を置き
遊歩道をボチボチ歩いて行くと おお トンボだ まあこれでも撮って行くか
折角来たんだから 以前の様に上手く撮れるかどうかは何ともだが・・・・

トンボはコシアキトンボ 他にもいるんだが 飛んでいるのはコシアキトンボだけ
ファインダー越しにじっと様子を窺いガシャリ
モニターで確認しながら何枚か撮る
兎に角早い あっという間に視界から消える 目で見る限りはそうでもないんだが
目の前にいたかと思いきや 急旋回で向こうへ・・・・
目の下を飛んでいたかと思いきや 急上昇
それも目で見る限りは追って行けるんだが・・・・・・・・
それでも何とか5枚ほど撮ってから
止まっているトンボも撮ったには撮ったが なんとも面白味にかけるのはなぜだろう???

下にその時の写真を載せておきますImg_2316
Img_2319
Img_2346
Img_2356そして 今回 何とかうまく撮れた写真は下の一枚Img_23472それにしても早い あっという間に画面から消えてしまう 目で追ってる限りは
そんな感じはしないのだが・・・・・

そして 下の一枚 雌トンボが盛んに産卵を始めていた トンボは確かコフキトンボImg_2341下の写真は 先端に止まっているのがウチハヤンマ 下にいるのがコシアキトンボだImg_2324そして最後にもう一枚 カルガモの親子をImg_2362

蓮の蕾もかなり大きくなっていた事だし 直に花が咲き出すだろう その頃又って事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・6月13日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園


















2018年6月11日 (月)

ジャカランダと八重咲きのクチナシ

2018年6月11日

数日前 熱海の確か海岸通り そこのジャカランダが見ごろを迎えたとTVで放映されていた
そうか ならあそこのジャカランダも咲いてるかな? また 機会が有ったら見て見るか・・・

それからしばらく過ぎた6月7日の事
何時もの様に昼過ぎ 自転車で外へ
始めの目的は今が盛りの紫陽花だったが 待てよ あそこのジャカランダ
丁度いいから見て見るか

其処は何時も通院する整形の直ぐ側に有るお寺 木が大きい為 外からでも十分
見ることが出来る
咲いてた 青紫の花が たわわに咲いているのが塀越しに良く見えた
ジャカランダは原産地は中南米 別名青い桜と呼ばれるノウゼンカズラ科の落葉高木で
世界三大花木の一つに数えられている云う
そのジャカランダ 今年も見事に満開
急ぎカメラのレンズを望遠に切り替え撮影するImg_22652
Img_2267その後 自分の居場所を変えもう一度Img_22692レンズは最大ズーム250mm 手持ち撮影ではこれが限界だ
それを250最大までして撮影
この時は風はほとんどなかった為良かったが もし有ったら 如何いう事になってたか・・Img_22702一応5枚ほど撮り その場を離れる
帰り 何時もの様に常盤公園へ 白い八重咲きの花が目に入る
クチナシだ 八重咲きのクチナシ 隣には一重の盛りを過ぎたクチナシも
次いでだ これも撮って行くかと自転車を止め
花にレンズを向ける
この花は 一重の花が満開を過ぎる頃花開く しかも開いたすぐそこから変色していく
撮るのに何を撮るか悩んだほどだ
香りもいい香り 撮ってるその場で ホンワカと香ってきていたImg_2271
Img_2276
Img_2277
Img_2292八重を十分楽しんでから 一重に目を向ける ほとんど盛りを過ぎ
変色していたが 遅く花開いたんだろう 数輪咲いたばかりの花を見つけた
それもカメラに収め 帰宅するImg_2301下は 途中で見た 桔梗の花とImg_2258コンロンカと云う花だと思うが・・こんなのもカメラに収めImg_2290帰宅
最後にジャカランダの花の写真をもう一枚Img_2268
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・6月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

ジャカランダの花言葉・・・・名誉、 栄光

クチナシの花言葉・・・・・・・・とても幸せです、 喜びを運ぶ、 洗練、 優雅

桔梗の花言葉・・・・・・・・・・・永遠の愛、 誠実、 清楚、 従順

コンロンカの花言葉・・・・・・・神話

2018年6月 8日 (金)

捩花と小判草・・・・安倍川にて

2018年6月8日

梅雨入り前の4日の午後の事 この日も良く晴れていた
ハッピーが寝ている間に少し歩いてくると 安倍川へ
久しぶりだ ハッピーが寝たきり状態になってからは ほとんど足を向けなかった
自転車では富士山や桜を見る為に出かけていたが 歩いては・・・・・・

河川敷の中の道を キョロキョロ
やがて目についた捩花 おっとこっちには小判草

よく見れば あっちにもこっちにも
勿論他にもムシトリナデシコやマメ科の花なども目に入った

よし 今回はこの捩花と小判草をメインに散歩がてら撮って行くかと
歩きながらレンズを向け始める
時にはしゃがみこみ 時には半分伏せの様に体を低く

時折河原を吹き抜ける風が心地よく 何時までも其処に
居たい気持ちにもなったが まさかそうもいかず
1時間ほど 捩花や小判草と睨めっこし 帰宅する

下にその時撮った写真を 抜粋で。
まずは捩花から この花はラン科の多年草 6月~9月が開花期と云うImg_2100次も捩花 これはレンズを空に向けて撮ったと思うImg_2104次は 小判草 名は小判草だが・・・・・これはイネ科の一年草 ヨーロッパが原産と云い
明治初年に渡来したとかImg_2108次は 小判草の群落 こんなのがいくつも見られたImg_2110次は 捩花とニワゼキショウのコラボImg_2120次は 白花の捩花とピンクの捩花のコラボImg_2124次は この日の安倍川の流れImg_2127そして捩花と小判草のコラボImg_2129続いて 最近のハッピーの写真を 昼間やっと目を覚ました時に
レンズを向ける002
004
005
と まあ 今日はこんな所で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・捩花と小判草は 6月4日
             ハッピーは6月6日
場所・・・・・・・・・・・・・安倍川河川敷 及び 自宅


捩花の花言葉・・・・・・・・・思慕

小判草の花言葉・・・・・・・白熱した議論、 興奮、 熱狂

2018年6月 5日 (火)

梅雨入り前の富士の山

2018年6月5日

昼前 ちょっと買い物に出た時 向こうに富士山がくっきりとその姿を見せていた
山頂付近に少し白いものを残して見えていた富士山

良し 昼食を済ましたら久しぶりに撮りに出るか 上手く撮れるかどうかは分らないが・・・・

・・・・・・・・・・・・・

昼食後 カメラに望遠ズームを装着し 首に引っ掛け 自転車を引っ張り出す
行先は何時もの安倍川右岸だ
この時はまだ上流側へ行くか下流側へ行くかは決めてはいなかった
が 結局 下流側
駿河大橋を渡り 何時もの道をいつものように
時折 止まっては富士山をカメラに収め 安倍川沿いに海まで走る
国一とJRをくぐり 静岡大橋をくぐり 東名高速をくぐり R150をくぐり河口まで
その後Uターン
富士山を見ながら 帰宅する
以下は その時 撮った写真です。
まずは駿河大橋上からImg_2152次は 橋を渡り国一、JRのガードをくぐり再び堤防道路へ上がった所で
ズームアップし ガシャリImg_2157そして 新幹線とImg_2158次は 静岡大橋越しに一枚Img_2168次は高速をくぐる前 向こう岸の松を入れて撮影Img_2170次は 国道150号南安倍川橋越しに見た富士山Img_2173次の2枚は河口からImg_2180
Img_2186そして 帰り際にもう一枚 手前に松の枝を入れて撮影Img_2191カメラは手持ちの為 傾いて撮れたものもあり その辺はご容赦を

梅雨入り前の富士山 久しぶりに撮った風景でした。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・6月5日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市安倍川右岸より






















2018年6月 3日 (日)

焼津の紫陽花寺へ

2018年6月3日

紫陽花寺と銘うっているお寺ではなく 勝手にそう呼ばせて貰っているだけだ

ここは焼津の最高峰高草山の麓 坂本にあり 
山号は高草山(こうそうざん) 寺銘は林叟禅院といい
坂本の林叟院と勝手に呼ばせて貰っている

お寺の門を通過し 少し行けば駐車場 この駐車場は高草山へ登る人も利用する駐車場だ
紫陽花はそこから始まる

見に行ったのは6月1日 むろん昼すぎだ

家を出て 岡部経由で40分弱
お寺のPに到着
Pから参道に出れば
見れば見事に満開 ピンクや青 白の紫陽花が風に涼しげに揺らいでいる
早速所構わずシャッターを(まあいつもの事だが)
本堂前まで行き Uターン
今回はあくまで狙うは紫陽花のみ
そんなこんなで二回りほどしたろうか
そろそろ帰るかと車に戻り 帰宅すればまだ2時を回ったばかりだった。

下にこの時撮って来た写真を例によって抜粋で
まずはImg_1994参道に沿ってズラリ植えられた紫陽花 全てお寺の人による植栽だとか・・・Img_1996
Img_2000
Img_2004兎に角 両側にスラリ どれにレンズを向けていいのか ???になるくらいだった。
何種類、何株??気には成ったが・・・・・Img_2015
Img_2029
Img_2035下の写真で壁の向こうに見える建物は鐘楼と庫裡Img_2037下の写真 石段を上がった正面が本堂だ が 今回はお邪魔せずで この場でUターンImg_2041
Img_2048
Img_2062
Img_2067そして 最後に
左の石段を登れば本堂へ 右へ行けば高草山ハイキングルートへ導かれるImg_2091このお寺 隠れた紫陽花の名所でもあり 知る人ぞ知るである
又7月に入ると 参道には 今度は山百合が咲く おそらくその時も・・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・6月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・焼津坂本林叟院

紫陽花の花言葉・・・・・移り気、 冷淡、 辛抱強さ、 冷酷、 無情、 高慢

2018年6月 1日 (金)

皐と山紫陽花・・・長光寺にて

2018年6月1日

5/18に下の記事を書いた

こんな所も良いもんだ・・安倍川支流玉川沿いを少しばかりブラブラ

その中に山紫陽花咲く長光寺の事を書いたが その時はまだ蕾
あれから1週間ほど経った25日の事
そろそろ良いんじゃないかと昼食後出かけて来た

お寺のPへ着き 早速 境内へ するとまず迎えてくれるのは写真の様に皐の花だ
これを見ながら本堂前に行けばImg_1761其処には鉢植えの山紫陽花がズラリ 敢えて撮らなかったが
聞けばそこだけでも80品種程 鉢に植えられているという
すこしの間 それを眺め
後は 本堂裏手へ回る
このお寺には およそ300品種約1000株の山紫陽花が咲くという
又 毎年6月第二日曜日には紫陽花祭りが開かれるという が
その事はさて置きImg_1767前回行った時はまだ蕾だった紫陽花 この時はほぼ7分咲き
まあ何とか見れる程度まで咲いていたImg_1770一応 順路が指示されている為 その通り歩いて行き
お寺の周りを一回りImg_1775いや 二回り程したかImg_1786
Img_1826
Img_1841
Img_1844ただ 今回は前回の様に吊り橋を渡って対岸へなどとはせず あくまでお寺の周囲だけ
山紫陽花を一通り廻った後は 皐だImg_1850色々な花色で目を楽しませてくれ 写真撮るにも迷う位
同じような所を何度も撮ったり 眺めたりImg_1857
Img_1858凡そ 1.5時間ほど 山紫陽花や皐にレンズを向けていたか
いい加減帰るかと Pに戻り 帰宅する

最後にもう一枚 山紫陽花の花をImg_1876という事で 今日は この辺で じゃあ又

・・・・写真は今回も抜粋でした・・・・

写真撮影・・・・・・・・・・・5月25日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡市佳山 長光寺にて

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック