無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

飛行機雲と夕焼け空と

2019年10月31日

30日夕方4時ごろの事
いつもの様にウォーキングに出る
もしかしたら富士山をなんて思いながら
ところがどっこい 山の方から富士山方向に雲、雲、雲
あれまあ これじゃあ駄目だな
まあいいか 又 次もあることだし と
富士山は諦め前方だけを見ながらスタスタ

すると目に飛び込んできたのは飛行機雲だ
普通の飛行機雲ならどうという事もなかったのだが・・・

おりしも沈みゆく太陽と重なりこれまた面白い
折角だからと撮った写真がこれ
    Img_7631
いささか眩しく思ったが
暫くそこでレンズを向けていた
  Img_7638

  Img_7643

  Img_7647

  Img_7655
そうして日が山陰に沈んだ頃 歩き出す
それでも時折足を止めては空を眺めながら
    Img_7669
この時富士山はやっと見えていた程度
晴れてさえいれば紅富士になっていたはずなんだが
  Img_7671
空には 相変わらず飛行機雲が しかもそれが赤くなり始めている
  Img_7682
安倍奥方向の空を見れば 見事に夕焼雲
  Img_7695
こんなのを見ながら歩いていけば
  Img_7700
西の空も茜色
明日の天気を占うような 綺麗だ しばらく眺めていた
  Img_7704
駿河大橋を渡り安倍川橋を渡り終えるころ気が付いた
上空に月が出ているのを かなり細くなっているがまぎれもない月だ
    Img_7708
やがて あたりは暗くなり 街灯にも灯りがともる
さて 帰るか と 自宅目指して歩を早める
この日の夕のウォーキングでした。

写真撮影・・・・・・・10月30日
場所・・・・・・・・・安倍川周辺

  
  

  




2019年10月29日 (火)

紅葉の安倍峠へ

2019年10月29日

ふ~ 着いた着いた ちょうど一年ぶりか
それにしてもあの道は酷かったなー 去年よりも悪いぞ
台風のせいなのか 雨のせいなのかは知らないが
荒れるがままだ おまけに倒木で道はふさがれ
斜面をよじ登り 大回りして また下に降り
水量の増えた流れを何回渡ったんだろう
それでも静岡の水源の標識を通り過ぎた途端水の流れはなくなり
普通に歩けた
そうしてやっと着いた峠道
安倍峠だ 人っ子一人いない峠道
  Img_7581
標高は1488m 甲斐と駿河を結ぶ峠道
その昔 金を運ぶために開拓された峠道
今では大勢のハイカーに親しまれている
又 此処にはオオイタヤメイゲツの群落があり学術調査林としても知られている

朝7時行ってくるねと自宅を出る 途中で昼食を買い求め
ひたすら安倍街道を走り 登山口の梅ヶ島へは8時45分頃到着
当初は林道豊岡梅ヶ島線を八紘嶺との分岐まで行こうと思ったが
路肩崩壊とやらで林道閉鎖
やむなく梅ヶ島から登山開始と相成った
Pに車を置き 温泉街の外れで鹿のつがいと遭遇
牡が牝を守るようにこちらの動向を伺っているも
  Img_7542-2  
牝が無事に隠れたと見るや
牡もやがて茂みの中に姿が消える

さて行くかと かつて知ったる植林帯の登山道へ
急登を1時間ほどで八紘嶺との分岐
そこに色づいていた楓を撮り
  Img_7548
安倍峠方面へ林道を歩き 旧道標識の所から沢沿いの路へ
  Img_7559
そこからが最初に書いた通り 荒れ果てた登山道だ
  Img_7562

  Img_7565
ゆっくりゆっくり 何時ものペースの半分ほどで歩く
  Img_7570
そして 安倍峠
  Img_7577
紅葉のピークは過ぎたとはいえ 綺麗だ
この風景が見たくてここまで来た
  Img_7583
谷あいではよくわからなかった天候 時折青空は見えていたのだが
峠から山梨県側に入ると ガス
静岡側の稜線も何となく何となくだ
  Img_7591
これじゃあ富士山は無理かな
まあいいか今回は諦めようと
昼食を取り 今度は林道を戻る そして分岐から又植林帯の路へ
下の写真は分岐で色づいていた楓 再度レンズを向けてみた
  Img_7624
梅ヶ島へ戻った時はまだ1時にもなっていなかった
この日の山歩き
暫く休憩し 帰途に就く。

最後にもぅ一枚
安倍川バックに色づき始めていたモミジ
  Img_7629

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・10月28日
場所・・・・・・・・・安倍奥 安倍峠にて




2019年10月28日 (月)

富士山 27日の夕景

2019年10月28日

昨日27日夕方の事 見えれば たまには富士山の夕景でも撮るかと
日没に合わせてウォーキングに出る
今の時期の日没は5時少し前
家を出たのが4時20分ごろだったか
いつもの様に安倍川方面へ
駿河大橋に差し掛かった時
日は傾き始め 川面に眩しく反射
  Img_7514
後ろを見れば 富士山が顔を出している
  Img_7518
雪はかなり少なくなっているが もしかしたら紅富士を見れるかな
と思い 急ぎいつものポイントへ行こうと思ったが 待てよ その前に
向こうへ
国道をくぐりJR線をくぐった所で 再び土手道へ
そこでちょうどやってきた新幹線とのコラボを撮り
  Img_7523
その後 少し 待つ
  Img_7526
この後いつものポイントへ そして紅富士を
  Img_7531

  Img_7534

  Img_7536
一応 撮れたには撮れたが やはり雪が少ないせいか こんな程度だ
雪がもっとつけばもっと綺麗な紅富士が見えるんだが 見れただけ良しとするかと
カメラを納め 帰宅した この日のウォーキング

という事で 27日の富士の夕景でした

次回は今日28日に安倍峠へ行った時のことをここへ載せますので。じゃあ又

写真撮影・・・・・・10月27日
場所・・・・・・・・安倍川右岸にて 


2019年10月26日 (土)

26日朝 低気圧通過後の富士の山

2019年10月26日

台風19号に続き大雨をもたらした低気圧も去った翌朝

つまり今日の朝だ

8時を少し回ったころだったろうか 散歩から帰った家内が言う事に

富士山に雪が積もってるのが見えたよ!

やっぱ積もったか どの辺まで?

そうだねー 頭に近い方だけど 何合目あたりなのかね?ちょっと・・・

なら 今から見に行ってみるか と

だが空はドンヨリ
これで見えたんかいな まあ行くだけ行ってみるかと
急ぎ安倍川へ自転車を走らせる もちろん今回はカメラをもってだが

駿河大橋に差し掛かった時 自転車を止め後方を見れば
見えた
あれは8合5尺ぐらいかな 雪を被った富士の姿
空はドンヨリとしていたがクッキリ見えていた

何時ものように橋を渡り終え 右へ
途中で行先を少し考える
今日は下へ行ってみるかと
方向転換
一旦用宗街道へ出 国道とJRをくぐり 又 安倍川土手へ
そのまま河口方向へ
静岡大橋をくぐり しばらく行った所で停止
富士を眺め Uターン
その後はいつものウォーキングコースを走り自宅に戻る

下にこの時の富士の姿を載せておきます。
まずは 後方を振り返り見た富士の姿
  Img_7472
この時空はドンヨリしていたが 富士の姿はクッキリ
そして駿河大橋を渡り終え 安倍川橋方面に曲がった所でガシャリ
  Img_7475
次は 国道、JR線をくぐり再び土手道へ入り少し走った所で
  Img_7485
次は 静岡大橋をくぐった所で
  Img_7486
次は もう少し走りストップした所から
  Img_7488
次は 上の場所で少しズームアップ
  Img_7490
次は 戻って来たところで 丁度走ってきた静岡発の新幹線コダマ号と富士山を
  Img_7499
次は この新幹線が通り過ぎてからズームダウンしもう一度撮ったもの
この時空はかなり明るくなってきていた
  Img_7507
そして 今日の最後に ズームアップし撮ったもの
  Img_7508
という事で 低気圧通過後の今朝の富士の姿でした じゃあ又

今回の低気圧による大雨で被害を受けた方々には
心からお見舞い申し上げますと同時に 早期の復旧 復興を願います。

写真撮影・・・・・・10月26日 朝
場所・・・・・・・・安倍川右岸










2019年10月25日 (金)

香る 香る 金木犀

2019年10月25日

朝 起きた時 キッチンのドアーを開けると
いい香りが漂ってくる
金木犀の香りだ

庭に植えてある金木犀 今が満開
今朝は雨になっていたが 散らされず しっかり咲いている
そして あの 甘いような香りが・・・・

降ってはいるものの 吃驚するほどでもない
ならばとカメラを持ち出し
レンズを向ける

下にその時の写真を載せておきます
勿論 撮ってる間も ホンワカいい香り
その香りを感じながらの撮影と相成った
  Img_7457

  Img_7458

  Img_7459
時折 頭にポツリポツリ来るのだが 気にもならず 花に向かっていた
      Img_7461
水滴の所をアップして
  Img_74612

  Img_74632

  Img_7463

  Img_7466
そして もう一枚 水滴の所をアップして
  Img_74662
この写真を撮ってる時に気が付いた
足元にホトトギスが咲いてるのを ついでに撮ってみたのが
  Img_7464
という事で 今日は 庭に咲く金木犀とホトトギスの写真でした

じゃあ又

写真撮影・・・・・・10月25日
場所・・・・・・・・自宅庭にて

金木犀の花言葉・・・・謙虚、気高い人

ホトトギスの花言葉・・永遠にあなたのもの、秘めた意志



  

2019年10月23日 (水)

低気圧通過後の富士の山・・初冠雪

2019年10月23日

22日の夕 富士山に初冠雪のニュースが流れた
やっぱりなー 甲府でも確認できたんだ・・・・

台風崩れの低気圧も去って 日中は青空も見えてきたこの日の午後3時ごろ
陛下の式典を見た後だが
いつもの様に安倍川方面へウォーキング
持ち物はいつ降られてもいいように折り畳み傘一本
ただ ポケットにはスマホを入れていたが・・

駿河大橋に差し掛かった時 後ろを見れば 富士山
よく見れば頭に白いもの 雪だ

あの雨 富士山では雪だったんだ
しまったなー カメラをもってれば・・
取りに戻るかと思ったが又往復で30分か 待てよスマホがある
それで撮ってみるか
後でトリミングすればいいのだし

ちょっと立ち止まり 富士山方向にスマホを向ける
そんなことを4,5回やり
後は何時ものウォーキングに
家へ帰り PCに撮った写真を送り込み改めて確認
う~~ん・・・・

それが下の写真です もちろんトリミングして此処へ
  Kimg0093-3

  Kimg0097-2
下の写真はトリミング前
  Kimg0101
下は 上の写真をトリミングしたもの
  Kimg0101-3
こうして見てみると 写りは やはりカメラには叶わない
当たり前かも知れないが
改めて感じた昨日午後の事

という事で 今回はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・10月22日
場所・・・・・・・安倍川右岸


2019年10月21日 (月)

見ごろを迎えた岡部のコスモス

2019年10月21日

昨日20日昼前の事

雲は多いながら雨の心配はなし
言ってくるかと
兄に電話を入れる

午後ひま?もし暇だったら岡部のコスモスを見に行かないか?
もう咲いてると思うよ

そうだな 暇だから行ってみるか
何時に?

なら 12時半ごろそっちへ行くよ

昼食後予定通り兄の家に
助手席に座った所で 車を発進
岡部のコスモス畑に向かう

藤枝市岡部町殿地区 玉露の里の直ぐ近くだ
20枚ぐらい いやもう少しあったか 休耕田を利用し
毎年今の時期に合わせるように種まきをし大事に育て
大勢の花見客を楽しませてくれているコスモス畑
今年も見ごろを迎えていた

車は玉露の里のPに置き 戻るように少し歩き
田んぼ道へ
赤、ピンク、白のコスモスが重なるように咲いている
ごくごく標準的なコスモスだが
見事なもんだ
兄も夢中になって眺めている

綺麗だなー

何時しかハッピーを連れて行った時のことが脳裏に浮かぶ
あの時が懐かしいなー
花と一緒に良く撮ったもんだったな
其の頃のことが走馬灯のように浮かんでは消え消えては浮かび
何となく寂しくもなったのは事実だ

それはさておき コスモス
下にその時撮った写真を何枚か載せておきます。
まずは
   Img_7365
撮っても撮っても切りがなかったのだが いつもの様についつい
   Img_7373

   Img_7379
昨日20日は日曜日
次から次へと見物客 中には犬ずれの人も そんな人を見れば
どうしても思い出してしまう ハッピーの嬉しそうだった面影
     Img_7382
側にいるつもりで コスモスの花を撮り続けたこの日の花見
   Img_7383

   Img_7384
兄も喜んでいたっけ
   Img_7394
こうしてどのくらいいたんだろう
兎に角一回り
   Img_7395

   Img_7397

   Img_7407

   Img_7423
存分に楽しみ 車に戻る
最後にもう一枚
   Img_7424
帰路 宇津ノ谷の道の駅に立ち寄り ミカンを購入し 兄を送り
帰宅する。

別れ際 兄が言う

思いもかけず綺麗なコスモスを見られたよ有難う
 
うん それは同じさ じゃあ又な

と 私。。。。。

という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・10月20日
場所・・・・・・・・岡部町殿地区のコスモス畑

コスモスの花言葉・・乙女の真心、調和、謙虚


   






2019年10月17日 (木)

満開の銀木犀と咲き出していた金木犀

2019年10月17日

昨日16日の事
用事があり 街中へ出た時だ
常磐公園に入った時 プ~~ンと香ってきた とある花の香り
ん?これは?
金木犀だ
咲出したんか?
側に合った金木犀の木を見ても??
その時目に付いたのが銀木犀
3本ほど並んで植えられているのが満開
へー 見事だな
だが銀木犀は金木犀のようには香りは強くない
もう一度見渡す
咲いてた いや 咲き出してた
まだチラホラだったが咲き出していた

良し 明日撮りに来るかと
この日はそのまま帰宅
そして今日17日朝
改めて常磐公園へ

下にその時の写真を数枚載せておきます。

まずは銀木犀から
  Img_7344

  Img_7346
こうして撮ってる間も 香ってくる 金木犀の香り
  Img_7350

  Img_7353
続いて 咲き出していた金木犀
  Img_7348-2

  Img_7349

  Img_7363-2

  Img_7364
まだ ほんの先出しの金木犀

この公園には 確か15本ほどあったと思ったが
そのすべてが満開になるのも間もなくだろう
その時 もう一度 撮りに行くつもりだ

と いう事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・10月17日
場所・・・・・・・・・静岡市常磐公園にて

金木犀の花言葉・・・・謙虚、気高い人

銀木犀の花言葉・・・・初恋


2019年10月14日 (月)

台風一過の富士の山

2019年10月14日

10月12日午後7時ごろ西伊豆に上陸した台風19号
各地に甚大な被害をもたらし去って行った

翌13日は朝から雲一つない晴天 日が昇る前 空を見れば星が瞬いていた
それを見た時 心から思った これといった被害もなく 助かって良かったー と

こんなこと行っては被災された方々には申し訳ないが

あれがもう少し西寄りのコースだったら
今でも背筋が寒くなる

朝 9時過ぎた頃だったか ちょっと一回りしてくるかと
自転車を引っ張り出す
何時もの路をいつもの様に
駿河大橋にかかった時 安倍の流れを見れば 川幅一杯に流れてはいたが
吃驚するほどでもない
ただ至る所に流されてきた木の根や草などが
たまってはいたが。

後ろを振り返ると 富士山がクッキリ
何事もなかったような感じで いつもの様にそびえているのを目にした
それを見ながら橋を渡り終え
右へ 向こうにクッキリだ
  Img_7289
歩きの時は安倍川橋を渡るんだが 今回は自転車
もう少し上流へ行ってみるかと先へ行く
  Img_7294
左に小学校の建物が見えてきたところで自転車を止めUターン
  Img_7295
今度は左に富士山を見ながらもと来た道を戻り
  Img_7298

  Img_7307
安倍川橋を通り過ぎ駿河大橋まで 後は国一を走り自宅へ戻る

夕方 再び行ってみる もちろん今度は歩き
朝とは違い 山の方は雲、雲、雲
  Img_7322

  Img_7328
富士山も やっと何とかだ
  Img_7333
安倍川の流れは朝とそれほど変わらず 濁流が渦を巻いて流れていた
  Img_7335

  Img_7339

今回の台風19号により被災された地域の方々には心からお見舞い申し上げます
被害の全貌はまだ完全ではないと思いますが
一日でも早い復旧と復興を願って 今日はこれで終わりとします。

写真撮影・・・・・10月13日
場所・・・・・・・安倍川右岸より
 



2019年10月10日 (木)

満開の蕎麦畑とコスモスの花

2019年10月10日

あれは確か8日昼前の事
兄から電話が入った

お~い 坂ノ上(さかのかみ)って場所知ってるか?

知ってるよ そこが 如何したの?

今朝 新聞に出てたけど 蕎麦畑があって満開だって

へー 行ってみたいな けど 車がねー

車?いいって 昼過ぎ 迎えに行くから何時がいい?

じゃあ頼むよ 1時ごろ待ってるから
・・・・・・・・・・・
午後1時予定通りに来た兄の車に乗り
坂ノ上目指し出発
そこは安倍川支流藁科川上流部にある山間の集落
川沿いにクネクネ走り
やがて 川を挟んで向こうに見えてきた蕎麦畑
白い花が満開だ
さて あそこへ行くには?
土地の人に聞き
車は休業日だったカフェのPに停めさせて置かせてもらい
その場所へ
農耕車用のつり橋を渡り 農道を歩けばすぐに蕎麦畑
周囲を動物除けの金網 最初はその周囲から眺めていたが
結局 開けられていた通用口から中へ

今まで何度も見ている蕎麦も 一面咲いてる状態というのは
始めてだ
思う存分眺めて 金網の外へ
そしてつり橋を渡り 車の方に戻ろうとした時
咲いていたコスモスが目に入る

お コスモス あれもついでだから見てくかと そちらへ
不安定な田んぼの中のあぜ道を歩き
やがて花の前
綺麗だなー
眺めるだけ眺め 車へ
後はもと来た道を走り家へ送って貰う

下にその時撮った写真を抜粋で載せておきます。
まずは 川を挟んで咲いている蕎麦畑を見下ろして撮ったものから
  Img_7196
そして 車を置き つり橋を渡り対岸の蕎麦畑へ
下の写真は金網越しに撮影
  Img_7202
次も金網越し
  Img_7205
次も金網越し
  Img_7212
この後 通用口から入らせてもらい撮影
  Img_7230
下の写真は残っていた彼岸花 バックに蕎麦畑
  Img_7233

  Img_7235
蕎麦の花は 今まで何度も見ているが これだけの物っていうと・・・・
次の写真は蕎麦畑を離れコスモスを見に行く途中
見つけたアゲハチョウ 撮影し終わった途端何処かへ
飛んで行ってしまった
  Img_7243   
なんていうんだろう 今まで見たことがなかったような
そして コスモスの花3枚
  Img_7250

  Img_7255

  Img_7256
最後にもう一枚
蕎麦をバックに黄花コスモス
  Img_7239
とまあ 今日はこの辺で
蕎麦の花に見とれてしまった午後の一時でした じゃあ又

写真撮影・・・・・10月8日
場所・・・・・・・静岡市奥藁科坂ノ上

蕎麦の花の花言葉・・・懐かしい想いで、喜びも悲しみも、あなたを救う

コスモスの花言葉・・・乙女の真心、調和、謙虚


 

2019年10月 7日 (月)

季節外れのヒマワリ畑

2019年10月6日

今から4日ほど前の夕方のTVだったか
季節外れの向日葵が見ごろを迎えたというニュースが流れた
しかも4000本とか

へー 今頃?どこなんだそこは?

じーっとTVを見ていれば 焼津の野秋 しかも国道150号沿いという

成程 もしかしたらあそこかな
良し都合付けて行ってきてみるか
あそこなら往復 見る時間も入れても1.5時間かからないはずだからと

土曜日10/5の午後 出かけてみる
国一へ出て駿河大橋を渡り 用宗街道へ そして国道150号へ入る
日本坂トンネルを抜けてすぐの信号を右へ
すると見えてきた向日葵

ニュースで流れただけはある 花や茎は小さいが見事に満開
車を田んぼ道の適当なところに止め
早速ヒマワリ畑へ この時すでに大勢の人がカメラを向けていた
その中へ入り カメラを向ける

そうして30分 いや もっと短いかも知れないが
車に戻り 帰宅する
下に この時 撮った写真を何枚か載せておきます
まずは行ったばかりに撮ったものから
  Img_7170
そしてこの日の青空バックに
  Img_7172
後はいつもの様に撮ったものです
  Img_7174

  Img_7175

  Img_7177
このヒマワリ畑の端っこにコスモスもあり
そちらの方はチラホラ だがメインはやっぱ向日葵
      Img_7182
こうして撮ってる間にも次から次へ花見客
  Img_7186

  Img_7190
そのおこぼれに預かった ほんの20分か30分のヒマワリ見物でした

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・10月5日
場所・・・・・・・焼津市野秋地区

向日葵の花言葉・・私はあなただけを見つめる、愛慕、崇拝

2019年10月 4日 (金)

彼岸花 終盤の輝き

2019年10月4日

2日昼前 兄から 彼岸花を見に行かないか と 誘いの電話が入る

ん?良いけど どこへ?

そうだな 藤枝の瀬戸川から葉梨川の方へ回ってみるか
ただ清沢から清笹峠を越えて蔵田へ出て一回りだぞ

ああ あの道か いいよ ただ車が車検でね

良いよ そっちへ行くから 何時頃がいい?

そうだな1時ごろ頼むよ

やがてその時間 兄が迎えに来る
助手席に座ると同時に発進
安倍川橋を渡り 安倍川、藁科川沿いに遡り 奈良間から国道362号と合流
清沢の橋を渡り
久能尾という所で国道362号を右に見送り 狭いが舗装された林道へ入る
そして清笹峠を通過
途中カモシカに出会い何とか一枚
山肌を縫うような狭い道を 蔵田に抜ける
抜ければ後は一本道
途中彼岸花の群落に出会い 興奮しつつ
葉梨川方面へ向かう道路に入る

川の土手沿いには彼岸花の群落それを見ながら
白藤の里のPへ入り 川沿いへ

前回兄と行った時は まだ ほんの2分か3分だったが
今回は満開を通り過ぎ 最後の輝きを放っていたような彼岸花
思う存分楽しみ 写真を撮り
帰宅したのは 4時過ぎていただろうか

下にその時撮ってきた咲き乱れる彼岸花の写真を抜粋で載せておきます。
まずは黒俣を通過するときに見た彼岸花の群落を 斜面にぎっしり
   Img_7111
次は清笹峠を越え 藤枝側に入った時見たカモシカ
通りすがりに撮ったため すこし ピンぼけ
   Img_7114-2  
次は 蔵田を通り過ぎ瀬戸川沿いに入った時に見た小さな群落
   Img_7119

   Img_7122-2
次も瀬戸川沿いだ 周囲には桜があり 花の時期にはこれまた素晴らしいんじゃないか
   Img_7124-2

   Img_7132
次は 瀬戸川を離れ葉梨川沿いに入った時
土手を埋める彼岸花の群落
   Img_7142

   Img_7143

   Img_7149
周囲を見ると やはり この彼岸花を撮るために何名かの人がいたのを確認している
次は やはり葉梨川 白藤の里周辺である
   Img_7153    
前回 兄と見に行った時はほんの2分か3分だったが
今回は満開を通り過ぎ 最後のきらめきを放っていた
   Img_7154
次は 近くの農家の庭先に咲いていたケイトウの花
   Img_7161
そして 最後にもう一枚 彼岸花を
   Img_7166
此処は毎年地元の人が草刈りをして 彼岸花が育ちやすいようにしているとか
有難い事である

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・10月2日
場所・・・・・・・静岡市黒俣~藤枝市瀬戸川沿い~葉梨川沿い

彼岸花の花言葉・・悲しき思い出、あきらめ、独立、情熱




 

2019年10月 2日 (水)

思い出の道 平沢路を歩く

2019年10月2日

昨日1日の事
なぜかわからないが 急に歩きたくなった平沢(ひらさわ)への路
幼いころの思い出の路、ハッピー連れて歩いた道だ
その道を歩いてきた
歩きながらいろいろな思い出が交錯しては流れ 又 思い出す・・・

いつもなら県美のPまで車で行くんだが 敢えて 電車で行くことに
まずは家から新静岡駅まで歩き美術館前で降り そこからだ
県美方面に上り坂を 途中右方向へ下っていけば平沢への路に合流
車に気を付けながらノンビリ
吉田川という川にかけられた橋を渡った所で 日本平ハイキングコースに入る
といっても川沿いの農道だが
咲いている彼岸花やコスモスを眺めながらテクテク

歩き始めてどのくらい過ぎたんだろう
1時間もたっていなかったんじゃなかろうか
平沢の平澤寺(へいたくじ)門前到着
此処は安倍7観音の一つ
行基の作による千手観音が収められているという観音堂へ参り
このお寺を後に
今度は幼き頃よく遊んだ吹上という所を目指す
此処は有度丘陵の一角にあたり 眺めもいい
猪よけの鉄扉を通り過ぎ 竹藪の中の道を登り
舞台芸術公園を通過し 左にパークウェイを見 昔歩いた道をたどり吹上へ
そこから我が故郷とでも言おうか 今はもう 昔のような面影も
なくなってしまったのだが 住宅地へ下る
そして中学の門前で足を止める
学校名を見て 昔の思い出が頭をかすめ
一瞬感慨無量

だが ちょうど下校時間にあたり
生徒が一斉に
そんなところにいつまでもいるわけにも行かず
再び歩き出し 電車の駅へ 今度は一つ手前の総合運動場前駅だ

新静岡に戻り 徒歩で帰宅する

下にその時撮った写真を何枚か載せておきます。
まずは 電車を降り県美方面へ行くとき道端に咲いていた彼岸花から
  Img_7054
そして 色づき始めていたケヤキ並木
  Img_7055
後は平沢への路へ入ってから撮った写真です
  Img_7060

  Img_7068

  Img_7072

  Img_7082

  Img_7088
そして 平澤寺の門前にて
  Img_7089
観音堂へは 奥の石段を
下の写真は この門の路を挟んだ所に咲いていた彼岸花
  Img_7092
下の写真は 舞台芸術公園にて撮ったもの
  Img_7097
そして 吹上から
  Img_7102

  Img_7106
最後に 運動場前駅にて撮った電車の写真を
  Img_7110

という事で 幼き日の想い、ハッピーとの歩いた日々を
思い出しながらたどってきたひと時でした じゃあ又。

写真撮影・・・・・10月1日
場所・・・・・・・静岡市内
  






 


« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック