無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

山紫陽花と皐の花

2020年5月31日

安倍川支流の玉川沿いの地区 桂山(かやま)に長光寺というお寺が有る
此処には280種1000株ほどの山紫陽花が植えられ
その名が知られている

花は5月頃から10月頃にかけ順番に咲くというが
今頃は如何だろうと思い行ってきたのが5/27
6月には何度も見に行ってはいるが・・・・・・

家を出て安倍街道を遡り 中流の井川方面へ入る道へ入れば間もなくである
かれこれ30分弱 Pに到着
一応本堂へ参拝し その後 目的の場所へ
指導票の通りに歩いていく

結果的にはもう一息といった処だったろうか
それでも咲いているものも有り
又 終わってしまったようなものも有ったりで
一応は写真に収めてきたので
下に載せて置きます
又 この時一緒に咲いていた皐の花も並行して載せて置きますので
では 山紫陽花の写真から
  Img_8137

  Img_8141

  Img_8143
花は本当に小さい 中にはこれもアジサイ?なんてのも有る
  Img_8144

  Img_8155

  Img_8175_20200530145001

  Img_8178
次に 皐の写真3枚ほど
  Img_8187

  Img_8195

  Img_8196_20200530145001
最後に山紫陽花の写真をもう一枚
  Img_8180_20200530145001
今年は見に行くのが少し早かった でもまあこれだけ見れれば良しって事で
長光寺を後にした。

とまあ 今日はこんなところで じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・5/27
場所・・・・・・・・・・静岡市葵区桂山(かやま) 長光寺にて







2020年5月29日 (金)

タチアオイと紫陽花

2020年5月29日

5月も下旬を迎えるころ 通りを歩いてると
植え込み等に植えられているタチアオイや紫陽花が
目を引くようになってくる
勿論 昼顔や他の花々も有るにはあるが

5/22の事 5/23に海岸へ行き浜昼顔を撮ってきた前の日だ
たまたま車で通りかかった時 タチアオイが咲いてるのを見た
それが昼前の事 ならば 行ってくるかと昼過ぎ改めてカメラをもって
その場所へ
歩いてもそう遠くはない場所 ついでに植え込みに咲いている
紫陽花を見ながらテクテク

タチアオイと紫陽花を撮って来る
下にその時の写真を載せて置きます

まずは紫陽花から
  Img_7908

  Img_7919
そしてタチアオイ
  Img_7922

  Img_7923
次は紫陽花 多分山紫陽花だと思うが
  Img_7927
次はタチアオイ
  Img_7928
上は八重咲のタチアオイだ 次からは一重
  Img_7933

  Img_7934

  Img_7935

  Img_7938
次は 紫陽花
  Img_7942_20200528150401
そうして タチアオイ 逆光で撮って見る
  Img_7947
次は 紫陽花
  Img_7949
上の紫陽花 この写真を撮った3日後だったか 満開となっていた
そして今回の最後に
  Img_7950_20200528150401
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・5/22
場所・・・・・・・・・静岡市内(自宅界隈)

タチアオイの花言葉・・・大望、野心、豊かな実り、気高く威厳に満ちた美

紫陽花の花言葉・・・・・移り気、冷淡、辛抱強さ、冷酷、高慢、無情
  

  





 

2020年5月27日 (水)

スズランの里へ・・芦川の森へ

2020年5月27日

24日の事
咲いているであろうスズランの花見に出かける

海岸で浜昼顔を見てきた翌日の事だ
その日の夕 家内に
明日だけど 朝から出かけるよ
行先は芦川 目的はスズランだけど・・・・

毎年5月中旬を過ぎた頃 芦川の森ではスズランが咲き出す
そうして下旬に入ると見ごろを迎える
今年も多分例年通りだろうと思い見に行ってみることに

24日朝6時半家を出る
芦川までは高速利用でおよそ2時間半
清水から高速に入り新東名経由で新富士IC
富士宮の街を通り
朝霧を抜け 精進湖畔の交差点から甲府精進湖道路へ
下りに下って芦川方面へ右折
くねくねとした道路のほとんどどん詰まり
スズランの里のPだ
ついた時は9時を少し前だったか ほぼ予想時間通りに到着
森への遊歩道を歩けば いよいよだ
動物除けの電気柵を開け中へ
朝の空気のなんと気持ちの良い事よ 白樺林を流れるすがすがしい
空気に心身共に洗われた気分
さて 目的のスズランは?咲いてた 小さな小さな白い花
そう 此処に咲くスズランは純粋な日本スズラン
しかも全くの自然もの 日本では本当に珍しいとか
厳重に管理され大事に育てられているスズラン
毒草という事だが
とてもそんな風には見えない
可愛らしい花 それが あちらにもこちらにも
背丈は大きくてやっと15cmに届くか届かないか
それがすべて下向きに遠慮がちに
レンズを向けるも 撮るのも大変
今までも何度か撮ってはいるんだが・・・・

一応遊歩道を一回り 一緒に咲いてるイカリソウや
チゴユリ 春竜胆なども撮りながら・・・

そんなこんなでおよそ1.5時間程 スズラン畑を後にするも
折角ここまで来たんだから すこし 林道歩きをしてくるかと
ブラブラ歩き
山歩きの支度でもしていれば 釈迦が岳か黒岳に行っていたんだが
この日の目的はあくまでスズラン
持ち物はカメラのみ
時計を見れば11時半 そろそろ帰るかと
芦川の森を後にする
下に この時撮ってきた写真数枚載せて置きます

まずは
   Img_8036
そう 日本スズランだ 小さな小さな白い花 ドイツスズランよりも小さい
        Img_8039
自分の葉の影に隠れるように咲いているスズランの花
次は イカリソウ 2枚続けて
   Img_8043

   Img_8047
次は 又 スズラン
   Img_8053
そうしてチゴユリ
   Img_8057_20200526165701
この花もスズランに負けず小さな花を咲かせている
下は これらの花が咲く芦川の白樺の森だ
   Img_8062_20200526165701
再びチゴユリ
   Img_8069
そうして 又 芦川の森
   Img_8074    
スズラン
   Img_8085

   Img_8089
イカリソウ
   Img_8098
上を向けば木の葉越しに見える青空
   Img_8102
そうして春竜胆
   Img_8104
そして 今回の最後に もう一枚スズランの写真を
   Img_8109
今回 全体的にピントが甘くなってしまった感があったが それも愛嬌という事で
今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・5月24日
場所・・・・・・・・・笛吹市芦川村スズランの里にて

スズランの花言葉・・・・・・再び幸せが訪れる、純粋、純潔、謙遜

イカリソウの花言葉・・・・・君を離さない、旅立ち

チゴユリの花言葉・・・・・・恥ずかしがり屋、純潔

春竜胆の花言葉・・・・・・・高貴、清潔な人、真実の愛







   




2020年5月25日 (月)

初夏の日差しに咲く薄ピンクの花・・・浜昼顔

2020年5月25日

5月も下旬に入り季節は初夏
近所を歩いていると タチアオイや紫陽花が目に付くようになってきた
植え込みなどではピンク色の昼顔が風に揺れている
それを見て 咄嗟に思ったのは 何故か海岸に咲く浜昼顔
なぜだか分からないが・・・・

そうだ 久しぶりに海へ行ってみるか
だが 歩き?自転車?それとも車?
一瞬考えるも結局 歩きで決めだ

それは23日午後だった
時計は1時を少し回っているも 今から行ってくると
帽子をかぶり家を出る
一旦安倍川へ向かい その後河川敷に整備されている道路を河口へ向かって歩く

空は幾分雲は出ていたものの☀ 初夏の日差しが照り付ける
だが川風に吹かれ気分的には気持ちがいい
足元に咲く虫取り撫子や小判草などを眺め静岡大橋、東名高速を潜り抜け
南安倍川橋を過ぎたところで 堤防道路へ そして海岸道路へ

浜辺に降りれば 海風が心地よく
よくもまあここまで歩いてきたもんだと
自己満足
足元を見回せば ん?ピンク色の花?
そうだ 浜昼顔だった 半分はそれ見たさに来たんだった
あちらこちらに咲いている浜昼顔
初夏の日差しに薄ピンク色が一層輝き
海風にやさしく揺れている
暫くその風景を眺め レンズを向け
堤防道路へ上がり Uターン
今度はそのまま歩き帰宅するも この日歩いた距離
思いもかけず12kとなってしまった初夏の午後の一時

下にこの時撮った浜昼顔の写真数枚載せて置きます
まずはこの日最初に撮った虫取り撫子から
  Img_7957 
飛んでいるのは多分蜂 偶然うつったまでの事だ
次は テントウムシが止まっている小判草
  Img_7974_20200525091501
こんなの見ながらひたすら歩き
やがて海岸近く
写真はここに一つだけある風力発電機
  Img_7988
後は 今回の目的の一つ 浜昼顔の写真です
  Img_8000

  Img_8001

  Img_8003

  Img_8007

  Img_8016

  Img_8018_20200525091601
向こうにぼんやり見える山は日本平と久能山
  Img_8024
条件さえよければここから富士山も見えるのだが この日は雲に覆われ
見えなかった
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・5/23
場所・・・・・・・・静岡海岸

浜昼顔の花言葉・・・友達のよしみ


  




2020年5月23日 (土)

春バラ咲くころ・・・富士中央公園にて・・その2

2020年5月23日

前回の続きです ですから特に説明文等は省きます
写真だけここへ載せて置きますので宜しくお願いします。
まずは
  Img_7614
続いて
  Img_7620

  Img_7632

  Img_7636

  Img_7668
上の写真は 公園から一旦出て 潤井川にかかる橋の上から
正面に見える富士を撮影 これを撮った後又園内へ
  Img_7679
そうして 芝生広場ゾーンへ行き ユリの木(日本名 はんてん木)の花を
勿論バラの花も
  Img_7683

  Img_7687

  Img_7692

  Img_7694

  Img_7696
再びイベント広場ゾーンにて
  Img_7720 

  Img_7723

  Img_7727
そして 今日の最後に もう一度富士山とバラのコラボを
  Img_7733
という事で 今日は この辺で

尚 この日 ついでに広見公園と岩本山公園などと思ってみたが
結局それはやめて この 中央公園だけで良しとし 帰宅する。

じゃあ又

写真撮影・・・・・5月15日
場所・・・・・・・富士中央公園にて

バラの花言葉・・・・・・・愛、美

ユリの木の花言葉・・・・・見事な美しさ、幸福、私を幸せにして

2020年5月22日 (金)

春バラ咲くころ・・・富士中央公園にて・・その1

2020年5月22日

話は遡って15日の事 島田のバラ園へ見に行った翌々日だ
富士市の中央公園のバラ見に出かけてきた 勿論 午後からだが
公園駐車場が使用可能になってるかどうか すこし 心配だったが
それも無用 胸をなでおろす

ここまで高速を使い30分強
駐車場にはたくさんの車が入っていたが 空きスペースを見つけ 止め 園内へ

公園は潤井川を挟んで芝生広場ゾーンとイベント広場ゾーンに分かれており
目指すバラは多くが花壇としてイベント広場ゾーンに整備されている

パッと見 満開 多くの人が花を楽しんでいるような
密になるほどでもないが・・
その中に混じって早速レンズを向けていく
又 この公園からは富士山も見え 角度によってはバラとのコラボも楽しめる

一通り見て歩き 次は芝生広場ゾーンへ
こちらにもバラは見れるが それより見たかったのは
ユリの木(はんてんの木)の花
こちらも満開 ただ 木が高いため 全て下から見上げて撮るしかなかったが
それでも何とか撮れ
再び バラ花壇へ

それでもここに2時間と少しいたんだろうか 車に戻り
この公園を後にする
下にこの時撮ってきた写真を載せておきます
多分今回も2回ぐらいになると思いますが 宜しく。
まずは この日見えていた富士山から
  Img_7563
そうしてバラ花壇の方へ
  Img_7565_20200522091601

  Img_7568 
又 此処のバラ花壇は本当に目の前で花を楽しむことが出来る
そこが島田バラ園とは違う所でもあるが
  Img_7572
しかもいろんな種類のバラが入り混じって植えられているため
写真にはもってこいの場所でもある
  Img_7575

  Img_7576

  Img_7579

  Img_7582

  Img_7583_20200522091601

  Img_7587

  Img_7588

  Img_7592

  Img_7597

  Img_7599

  Img_7601
とまあ 今日はこんなところで 次回に続きます
尚 次回はユリの木の花も載せますので じゃあ又。






  

2020年5月21日 (木)

雨垂れの向こうに???

2020年5月21日

今回は予定をちょっと変更して載せてみました

5/19の雨の後 撮ったもので
庭木の葉や 撫子の花や茎についた雨粒 いや 雨垂れかな

これらを よく見ると 水滴を通して向こうの建物が逆さに見えてくる
面白い現象 早速カメラを向けた

まずは 庭木の葉についた雨粒 いや 雨垂れ?から
  Img_7739-2
次は
  Img_7741-2
そうして これは撫子の葉 何が写っているのやら
  Img_7742-2
次は
  Img_7743-2

  Img_7744-2
こうして見ているとだんだん嵌って来る
  Img_7745-2
下は 百日紅の葉についた 今にもポタリと落ちそうな水滴
  Img_7747-2
最後にもう一枚
  Img_7749-2

これから 梅雨に入ると こんなのを撮る日も多くなるだろう
いや流れ落ちる雨だれそのものを
まあそれはそれで楽しいのだが・・・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・5/19
場所・・・・・・・・自宅庭にて







2020年5月19日 (火)

春バラ咲くころ・・・島田バラの丘公園にて・・その3

2020年5月19日

前回の続きです

前回の写真は主に温室の中で撮ったものでしたが
今度は温室の外 斜面バラ園や花博ゆかりのバラ園に
植えられている花達です
勿論抜粋ですが
では 下の写真は温室を出て撮影したもの 其の一で写っていたものとは
丁度正反対の方向からです
  Img_7363
後は 説明なしに写真だけ載せておきますので
  Img_7364_20200519085301

  Img_7370

  Img_7379_20200519085301

  Img_7386

  Img_7401

  Img_7384_20200519085401

   Img_7404

   Img_7417

        Img_7422

   Img_7432

    Img_7440

    Img_7450

    Img_7473
最後に もう一枚 このバラ園の正面入り口を
    Img_7478
この右側に受付が有り そこから入園となる
勿論出入り口は同じ場所。

という事で 如何しようかなと思いましたが この項で今回は終わりとします じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・5/13
場所・・・・・・・・・・島田バラの丘公園








  



2020年5月18日 (月)

春バラ咲くころ・・・島田バラの丘公園にて・・その2

2020年5月18日

春バラの写真 前回の続きです
今回は温室で撮った写真ばかりですが 宜しく
では
  Img_7306
ただ あくまで写真だけですので ご了解の程 勿論全て種類は違います
  Img_7309

  Img_7315

  Img_7323

  Img_7331

  Img_7334

  Img_7337

  Img_7338

  Img_7339_20200518115901

  Img_7344_20200518115901

  Img_7351

  Img_7357

  Img_7359
そして 今回の最後に もう一枚
  Img_7362
という事で 島田バラの丘公園のバラ達でした といってもほんの一部でしたが。

じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・5/13
場所・・・・・・・・・・島田バラの丘公園にて

バラの花言葉・・・・・・愛、美





  

2020年5月17日 (日)

春バラ咲くころ・・・島田バラの丘公園にて・・その1

2020年5月17日

5/13 コロナの関係で閉園していた島田のバラ園 この日に開園
正確にはバラの丘公園という
1.9haの園内には趣のあるバラ庭園と大温室が整備され
訪れる人を楽しませてくれている
此処には360種8700株のバラが植えられているのだが・・・

開園の情報を知り 早速足を延ばす

家から車で30分強
園のP
そこから少し歩き 園への入口
入園料を払い中へ
ざっと見渡せば今がちょうど見ごろ
これはいいぞと ゆっくり歩きだす

正面バラ園から円形バラ園 斜面バラ園 花博ゆかりのバラ園 そして大温室
中々見ごたえあるバラ園になっている
この中を歩き撮り 2時間位いたんだろうか園を出るも
この間にも来る人は後を絶たない
この時を待ちかねていたんだろう そんな感じがしないでもなかった

下にこの時撮ってきた写真を載せておきますが なんせ360種8700株
とても載せきれない
いつもの様に抜粋ですが 2度ぐらいに分けますので 宜しくお願いします

まずは正面から ごく一部ですが
  Img_7252
後は写真のみで説明文抜きで載せておきますが悪しからず
  Img_7256_20200517081001

  Img_7258

  Img_7261

  Img_7262

  Img_7267

  Img_7277

  Img_7280

  Img_7282

  Img_7284

  Img_7288

  Img_7289_20200517081101

  Img_7296

  Img_7297
今日の最後に もう一枚
  Img_7298_20200517081101
という事で 今回はこの辺で その2へ続きますので宜しく じゃあ又。






  


 

2020年5月16日 (土)

5/11の夕景 スマホにて

2020年5月16日

ここへきて夕食後ウォーキングに行くことが多くなっている
雨の降らない限りだが
この日もそうだった それは5/11
昼間は気温も上がり歩く気もしなかったのだが
夕方になって歩きにはちょうどいい感じになってきた
天気は最高これならいいかな 行ってくるかと 夕食後家を出る

コースは駿河大橋を渡り安倍川橋を渡り返す一周コース
およそ1時間の道のりだ
昼間の徳願寺の山を歩くよりははるかに短いコースだが
夕食後の暗く成る寸前 ちょうどいいコース
持ち物はスマホのみ 何も撮るつもりもなかった為
兎に角それをポケットに入れ
テクテク

家を出て駿河大橋にかかるとき 向こうを見ればちょうど日が沈んだばかり
後ろを見れば富士の山が良く見える
時間はちょうど紅富士時
しまった カメラ持ってくればなー が 後の祭り
やむなくスマホで撮って見る
へー 成程ねー まあいいか 向こうも撮って見るか
後ろを振り返り富士山方向を一枚
だが やはり カメラには叶わない
あまりの広角で 映像が・・・・
スマホ画面では大きくして見れるんだが・・・
歩きながら撮り 撮りながら歩く
そうして一回り

撮れた画像をPCに入れ 改めて感じた
やっぱカメラ映像の方がいいなと

兎に角 下にこの時撮った写真を載せておきます
まずは
太陽が沈んだばかりの風景を
  Kimg0210
そうして後ろを振り返り
富士山がねー はるか向こうだ
  Kimg0212

  Kimg0216
下の写真は すぐ上の写真をPCにて拡大したもの
  Kimg02162
再び山の方を
  Kimg0217
三度振り返り
  Kimg0218
そうして拡大し
  Kimg02182
下は橋を渡り終え 安倍川橋方面へ向かう時川越しに見て撮影
  Kimg0220
そうしてPCにて拡大
  Kimg02202
これから数秒後には山は夜の景色に
改めて感じた やっぱ風景は カメラかなーと

という事で 大した記事ではないですが 敢えて 載せてみた
スマホ撮影の富士の夕景でした。

写真撮影・・・・・・・・・5/11
場所・・・・・・・・・・・安倍川周辺より

2020年5月15日 (金)

雨の合間に

2020年5月15日

雨の一日となった5月10日の事
この日は午後になって止み間も出る

じゃあ クレマチスを撮ってから行ってくるかと
それと庭の撫子を・・

その後一応傘を持って歩きに出たまでは良かったのだが
細かい雨が降ったりやんだり
傘などまるで役に立たない
カメラも濡れるし 着ているものも
頭はそれでも良かったのだが・・・・

駿府公園あたりまで行ってこようと思っていたのを
結局手前の常磐公園で引き返す

という事で 大した記事ではないですが その時撮った写真を
数枚此処へ載せておきます
まずは我が家のクレマチスから
  Img_7192

  Img_7195

  Img_7196_20200514124401
続いて 庭に咲く河原撫子 雨にしっとり濡れていた
  Img_7200

  Img_7201

  Img_7205_20200514124401
そうして 常磐公園に咲く花達を
マツバギク しょぼふる雨にしっとり
  Img_7210
次は ウツギ
  Img_7215
次は モミジ 水滴が面白く それで撮影
  Img_7222

  Img_7224
次は満開のコデマリ
  Img_7225
次は 野茉莉(エゴの木)
  Img_7227
次は カルミア
蕾がまるで金平糖だ
  Img_7231
そして 最後に エンジェルトランペット
  Img_7238
こんなのを撮りながらこの日は帰宅する

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・5/10
場所・・・・・・・・・・・自宅 及び 常磐公園

クレマチスの花言葉・・・・・精神の美、旅人の喜び、策略

河原撫子の花言葉・・・・・・大胆、才能、純愛

マツバギクの花言葉・・・・・怠惰、怠け者、勲功

コデマリの花言葉・・・・・・優雅、上品、友情

カルミアの花言葉・・・・・・優美な女性、大きな希望、野心

エンジェルトランペット・・・愛嬌、偽りの魅力

野茉莉(エゴの木)の花言葉・・壮大

ウツギの花言葉・・・・・・・秘密、古風




  

2020年5月13日 (水)

ミカンの花と富士山と

2020年5月13日

5/8の事
この日も良く晴れて歩くのには風はあったものの最適な日だった
いつもの様に昼過ぎ
行ってくるかといつもの道をテクテク
足は 自然に徳願寺方面へ
安倍川橋のかかった時 後方を見れば 富士山が良く見える
そりゃあ 真冬のようなすっきりした見え方ではなく
いくらか霞がかかったような感じではあったが
何か久しぶりだったような
橋を渡り終え もう一度富士山を そして一枚
後は 徳願寺参道へ入る

車も通れるいつもの道をスタコラサッサと登っていく
銀杏畑を通り過ぎ
もう一つある銀杏畑を見ればやがて花木園入り口
ちょっくら立ち寄り 富士山や静岡の風景を眺め
再び道路へ
徳願寺の門前を通り過ぎ
満開近いミカン畑を眺めレンズを向け 又 茶畑 梅畑などを通り過ぎ
春霞の富士にレンズを向けたり
尚もテクテク
登っては下り下っては登り
4回ぐらいだろうかその繰り返し
この山域最後の沢渡山を道なりに迂回し
国道へ出れば 後は 自宅を目指す

下にこの時撮ったミカンの花の写真と富士山の写真を
載せておきます。
まずは 行きがけに撮った写真から
今が盛りのニオイバンマツリ(別名 アメリカジャスミン)
  Img_7114 
次は 安倍川橋を渡り右折すぐの所から
  Img_7117
次は 途中咲いていて時計草の花
  Img_7119_20200513090801

これらを見ながら 参道へはいる 以降はその時の写真です
  Img_7129
下の写真は夏ミカン系統の花だとすぐに分かったが それ以外は???
  Img_7130

  Img_7133
下の写真は円山花木園から見た富士山
  Img_7144
下の写真 花木園すぐの所にあるミカン畑 ほぼ満開のミカン
正直言えばミカンの花を手前にし富士山を撮りたかったのだが・・・・
  Img_7147

  Img_7148
後は歩いていく途中に撮ったもの
  Img_7149_20200513090901

  Img_7152

  Img_7164

  Img_7165

  Img_7173
そうして 今回の最後にミカン畑と富士山を
  Img_7176 
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・5/8
場所・・・・・・・・徳願寺山中腹道 及び その周辺

ミカンの花言葉・・・・・・・・・・純粋、愛らしさ、結婚式の祝宴

ニオイバンマツリの花言葉・・・・・浮気な人、情熱、熱心、幸運

時計草の花言葉・・・・・・・・・・聖なる愛、信仰、宗教的熱情






  



2020年5月11日 (月)

ナンジャモンジャ・夜の風景

2020年5月11日

それは5/7の事
この日の夕方近くだったか
庭に出てた所 通りかかった町内の人と挨拶を交わす
その時 城北公園のナンジャモンジャの事が話に出た
公園前を用事で通りかかったので ちょっと寄ってみてきましたが
今が満開で綺麗でしたよ と その中で夜の風景の事も・・・

それを聞いて 如何するかなー 行かない積もりではいたんだが
やっぱ行ってくるかと 夕食後 歩きではなく自転車で出かける

ユックリ走って20分強
すっかり日は落ちて 園内の灯りはポツンポツンとある街灯のみ
それと当日はフラワームーン 満月の光が
満開となったナンジャモンジャを照らしていた

真っ白なナンジャモンジャ それこそ淡雪が降ったがごとく。
それを見ながら一回り

30分ぐらいいたのか 自転車にまたがり帰宅する

下にその時撮った写真を載せておきます
ただ 三脚をもっていかずあくまで手持ち
これは失敗だったなーと後で思ったこの日の夜の事
では  向こうにポツンと見える灯りは賎機山にある街灯の灯り
    Img_7068_20200510125101

  Img_7070
これを撮ってる背中側は月明かりで煌々としてるんだが・・・
  Img_7073

    Img_7075

  Img_7077
下は月明かりと共に撮ったつもりだったが
  Img_7080

    Img_7091

    Img_7093
そして 今日の 最後に
  Img_7095
という事で 夜の ナンジャモンジャ風景でした じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・5/7
場所・・・・・・・・・・静岡市城北公園



 

2020年5月 9日 (土)

市民の森高山へ

2020年5月9日

この日 当初は茶畑だけのつもりでいたのだが 結局行ってしまった市民の森高山
最も山頂までは行かず 肩の所にある高山の池と中間展望台までだったが・・・

それは5月2日
昼過ぎ 今日は水見色まで行ってくる 目的は茶畑だけど と 家内に伝え家を出る
藁科川沿いを遡り お茶の佐藤園の所の信号を右へ
水見色川沿いに走る
そこかしこにある萌黄色の茶畑を見ながら やがて水見色
一旦駐車スペースに車を止め 茶畑風景を撮るも
ここまで来たんだから 行くかと
市民の森へ車を進める
水見色小学校前を通り過ぎ 右へ
狭い道をくねくねと道なりに進めば やがて水見色峠
そうだ 今日はここから歩くかと 何台か置けるスペースに車を入れ
後はテクテク
それが意外と急な上り坂 車で走るとちっともわからないが
いざ歩くとなると・・・

持ち物はカメラと一本のペットボトル
他にはタオルぐらいか
始めからそのつもりでもなかったから仕方なし
咲いているウツギ等を見ながらテクテク
歩くこと小一時間で市民の森入り口
此処にも何台か置ける駐車場があるんだが
ほぼ満杯状態
下へ置いてきたのは正解だったかも そう思いつつ
そこに咲いている躑躅を見ながら
もう少し歩き高山の池へ 咲いていた水芭蕉の花をカメラに収め
その後中間展望台へ
だがそこから見える風景は 時期的な問題もあったと思うが全てがボンヤリ
結局何も写真には撮らず
山頂へ行こうとしたが 何となくその気にならず 場所的にはすぐそこだが
今回は止めとし その辺をノンビリ
そして 市民の森を後にし 水見色峠へ戻る。

下に この時 撮った写真をいつもの様に抜粋で載せておきます。

因みに高山山頂の標高は716m
池の所は600mを越えてるんだろう
車を置いてきた水見色峠は500mあるのかないのか・・
では初めに茶畑風景から
  Img_6971_20200508122601
続いて 車を置いたすぐ近くに咲いていた躑躅
  Img_6976
これはマムシグサだろう 至る所に咲いているのを見た
  Img_6981
下の写真は ウツギの仲間 多分バイカウツギだろう 至る所で花を見る
  Img_6989
下は 市民の森 学習施設森の恵みの建物付近に咲いていた山躑躅
  Img_7005
下は その山躑躅とモチ躑躅のコラボ
  Img_7006
次は 満開のモチ躑躅
  Img_7012
次は そう 向こうに少し見えるのが高山の池
  Img_7013
思えば この山へハッピーをよく連れてきたものだ
改めてあの頃が懐かしく偲ばれた。
下の写真は 池際に咲く水芭蕉
  Img_7014

  Img_7015
次は ホウチャクソウ
  Img_7020 
次は やはり山躑躅
  Img_7023
そして 次もウツギの仲間だろう 多分ベニウツギ
  Img_7033
そうして ノリウツギ
  Img_7038 
最後にもう一枚ノリウツギを
  Img_7040

という事で 今日は この辺で
他にもいろいろ見てるが取り敢えず

又 この山 小紫陽花の群落があることでも少し知られているが
それはまだ蕾の状態 5月も末になれば咲き出すだろう 其の頃に
又 行ってみるつもりだが・・・・・・

写真撮影・・・・・・・・5/2
場所・・・・・・・・・・水見色の茶畑、及び 市民の森

ウツギの花言葉・・・・・秘密、古風

水芭蕉の花言葉・・・・・美しい思い出 







  




 

2020年5月 7日 (木)

今年も咲いてくれました 我が家のクレマチス

2020年5月7日

玄関先の植え込みの隅に植えてあるクレマチス
今年も見事に咲いてくれました

今から数年前
息子夫婦が母の日のプレゼントに送ってくれた鉢植えのクレマチス
花が終わってから地に植え替えた
それから毎年花をつけてくれている
それも2種類
青っぽいのとピンクがかったもの
先に青っぽいのが咲き
続いてピンク
蕾はたくさん持っている
この先しばらくは楽しめるだろう
下に 其の写真を載せておきます
尚 ご近所の玄関先に 白いクレマチスが有った為 それも一枚
では 山茶花とブロックに囲まれ此処はまるで日陰そのもの 日照は
そんなに長くはない それでも開花してくれた
  Img_6700

  Img_6966
した写真の花なんかそれこそ日陰だ
  Img_6972
続いて ピンク
  Img_6971

  Img_6970
そして最後に ご近所の白いクレマチス
  Img_6884

この時期 長泉にあるクレマチスガーデンに何度か見に行ったものだったが・・

それは まあさておいて 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・5/1~5/7にかけ
場所・・・・・・・・・自宅 及び 自宅界隈

クレマチスの花言葉・・精神の美、旅人の喜び、策略






  

2020年5月 5日 (火)

樹上のソフトクリーム・・マロニエの花

2020年5月5日

ナンジャモンジャが見ごろを向かる頃 やはり見ごろを迎えるものがある
それは樹上のソフトクリームならぬマロニエの花だ
日本名は西洋栃の木

駿府城公園の一角にあるマロニエ園
フランスのある都市と縁組をした記念で整備された
ごく狭い園地 もう 何十年も前の話だが・・

そこに7本のマロニエの木がある
駿府城公園に行った時 如何かなと寄ってみたのが
4/29 咲いていた 5本の木に花をつけていた
空に向かって本当にソフトクリームのような花を
だが いかんせん木が高い しかも葉が大きい
それが空に向かってだから 知らない人では気が付かずに
通り過ぎてしまうだろう
それでも上を眺め 望遠を使い
何とか撮ってきた
ついでに 公園西門橋の近くに植えられているナンジャモンジャ
園内のニセアカシヤの白い花を合わせて下に載せておきます
まずは葉桜となった園内の桜から その後 マロニエの花
そして ナンジャモンジャ、ニセアカシヤと続きます。
では 葉桜の風景から
  Img_6887_20200504121701
そして マロニエ
  Img_6900

  Img_6901

  Img_6902

  Img_6911

  Img_6912_20200504121701
木の下にいると何となく花の香りが漂ってくるような感じがしたが とにかく
手が届かない
やむなく写真だけ撮って良しとする
下の2枚はレンズを最大限にズームアップして撮影
  Img_6917

  Img_6918
次は少しズームダウン
  Img_6920
次の2枚はナンジャモンジャ 正に満開
  Img_6942

  Img_6944
次の2枚はニセアカシア やはりこちらも満開
  Img_6949

  Img_6952
最後に 再度マロニエを
  Img_6910
という事で 今日は この辺で
写真そのものは白色で纏まった感になりましたが じゃあ又

写真撮影・・・・・・・4/29
場所・・・・・・・・・静岡市駿府城公園

マロニエの花言葉・・・・・・贅沢

ニセアカシヤの花言葉・・・・甘い誘惑

ナンジャモンジャの花言葉・・清廉

  


  
  
 

2020年5月 3日 (日)

足久保へ

2020年5月3日

徳願寺参道を歩いていて 新緑のお茶を見た時
もう少し広い茶畑を見たくなった
だが 何処へ??
牧の原や岩本山の茶畑がすぐに浮かんだが
そこまでワザワザ行くのもなー
もっと近い所で そうだ 足久保でも行ってくるか
あそこは静岡茶発祥の地でもあるし
そう思い出かけたのが27日
いつもの様に昼食後家を出る 出たまでは良かったんだが
あれ?この道 動物の森方面へ向かってるぞ
もしかしたらハッピーが呼んだのかな
まあいいか 寄ってくかと 動物の森へ一旦立ち寄り
改めて足久保方面へ車を向ける

美和地区へ入ると至る所にお茶畑
しかもそのすべてが新芽に覆われている
それを運転席から眺めながら 目的の場所へ向かって
ハンドルを握る
見慣れた道を足久保川沿いに走れば やがて広いスペース
駐車場ではないものの ハイキングに来た時良く停めて置く場所だ
今回もそこに車を止め 周囲を散策
狭い山間の集落だが そこかしこにお茶畑
鳥の声を聞き茶畑を眺めながら のんびりと過ごす
およそ1時間半ほどそうしていただろうか
車に戻り帰宅する

下に その時撮ってきたお茶畑の写真をいつもの様に載せておきます

まずは車から降りてすぐに撮った山間の風景から
  Img_6702
その後はお茶畑 説明抜きで載せておきます
  Img_6707

  Img_6710

  Img_6718_20200502164101

  Img_6719

  Img_6725

  Img_6728

  Img_6734

  Img_6741_20200502164101

  Img_6743

  Img_6745

  Img_6749

  Img_6752
そして もう一枚
  Img_6754
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・4/27
場所・・・・・・・・・静岡市足久保奥



2020年5月 1日 (金)

新緑燃ゆる徳願寺参道

2020年5月1日

最近我が家の窓から見える徳願寺山へ歩きに行くことが多くなった
賎機山や谷津山へ行くよりはるかに手っ取り早いからである

駿府公園から城北公園を往復したり
この徳願寺山の中腹にある道路を一回りしたりだ

勿論山頂までは行かず 徳願寺参道を登り徳願寺の前を通り
舗装された中腹道(農道)を歩き国道一号線は沢渡まで そして
自宅へ帰るかれこれ2時間半

この日もそうだった
それは25日の昼過ぎ
今から行ってくるねと外へ
一旦旧東海道へ出て 安倍川もちで有名な石部屋の前を通り
安倍川橋を渡り 右へ
向敷地から徳願寺参道へ
それも自動車道を登っていく
テクテクテクテク 新緑が目に染みる
途中 銀杏林を見ながら とにかく登っていく
其のうち左側に円山花木園へ入る道 一旦立ち寄り 再び農道へ
鳥の声を聴きながら徳願寺の前を通り過ぎ
今度は下り坂
途中 ミカン畑や新芽のお茶畑を見ながら やがて 一号線
その後旧東海道から自宅に戻る

歩き慣れ なんてことのない風景だが 今の時期は 新緑が素晴らしい
下にその時撮った写真を何枚か載せておきます

では 柿の木だったと思うが 新緑が目に眩しく 思わずレンズを向けた一枚
  Img_6600
次は 左が銀杏畑 右が茶畑 バックはもちろん自然林だ
  Img_6601_20200430133701
次は 目に眩しい銀杏の新緑
  Img_6603
次は 銀杏バックに撮ったお茶の新芽
  Img_6605
次は 銀杏の新芽
  Img_6611
次は 咲いていたオオデマリと銀杏
  Img_6615
次は 山藤だ 真上を見上げてガシャリ これまた新緑が素晴らしい
  Img_6626
次は これまた銀杏の畑だ
  Img_6634
次は 空をバックに銀杏の新芽
  Img_6635
次は 言うまでもなくお茶畑 規模は小さいが 新芽のもえぎ色が
鮮やかに目に映った
  Img_6657
そして花木園からの眺め 富士山は完全に春霞 ボンヤリだ
  Img_6660
次は 夏ミカンの仲間だと思うが 実がなると同時に花も咲いていたため
こんなのも有るんだなとガシャリ
  Img_6664
次は お茶畑だ 此処でももえぎ色が鮮やかに目に映った
  Img_6678_20200430133701

  Img_6679_20200430133701
そして 今回の最後に お茶を手前にバックに梅畑
  Img_6683
こんなのを見ながら段々低くなり 一号線へ出る

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・4/25
場所・・・・・・・・徳願寺山中腹道路(農道)

お茶の花言葉・・・・追憶、純愛

銀杏の花言葉・・・・荘厳、長寿、鎮魂
  


  


 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック