無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

今年も田んぼアートへ

2020年6月30日

何日前だったか 確かNHKのローカル放送だったと思うが
田んぼアートの映像が流れていた
それを見た時 ああ あそこか
今年も時期が来たんだな 又 都合付けて行って見るかと心に決めていた

早速調べてみた

場所は菊川市下内田の田んぼ
期間は8/26まで
土日に行けば 展望櫓へ登れる

ならばと 6/27の土曜日 昼過ぎから出かける
この日は暑かったが雨の心配は一切なし
行きは高速を使い
帰りは国一を走る

掛川ICで降り会場方面へ
てっきり何時もの処と思い そこへ行けば あれ?違う?
ならどこだ?キョロキョロすれば
あ あそこか
400m程離れた場所に登り旗
狭い田んぼ道を慎重に車を進め会場のPへ
係の人の指示通りに駐車
そこから櫓へ
アートそのものは田んぼ2面に
8種の稲を使い作成したとか
見事なもんだ 制作時の苦労がにじみ出ている
だが アートと櫓の距離があまりに近い
写真撮ろうとしても全てが一度には入らない
広角18mmでも無理
別々に何枚か撮り櫓を降りる

後で係の人に聞けば
今年はいつもの場所は都合つかず
それで こちらへと いう事だった

という事で 下に この時撮った写真を何枚か載せて置きます

では
  Img_9477

  Img_9479_20200630092701

  Img_9488

  Img_9496

  Img_9497_20200630092701
下の写真は受付と櫓 作品は櫓の向こう
  Img_9501
下の写真は 帰り道 会場方面を眺めパチリ
  Img_9504_20200630092801

それにしても毎年 上手く手掛けるものだと感心しながら帰途につく

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・6/27
場所・・・・・・・・菊川市下内田






2020年6月28日 (日)

合歓の花咲く安倍川河川敷・・牛妻にて

2020年6月28日

20日にあさはた緑地で合歓の花を見て
じゃあ向こうも咲いてるかなと思い
行った先は牛妻の安倍川河川敷

合歓の木は珍しいものでもない 車で走ってると
案外目にする
だが そこで止めてじっくり見るわけにも行かず
いつも横目で見るだけ
しかも木が大きく そこへもってきて上向きに咲いてるため
本当に素通りだ
そこへ行くと
牛妻の河川敷には若い木も有り 目の前で花見ができる
良い所だ

行ったのは23日午後
家から車でほぼ20分
河川敷内の駐車スペースに車を置き
後はノンビリ
空は曇ってはいたが雨の心配もほとんどなし
鳥の声を聴きながらの花見散歩としゃれこんだ

下にこの時撮った写真を載せて置きます
ただ 時期的にまだ少し早かったのか 蕾が多かったのは確かだったが・・・

まずは 風の止み間に一枚ガシャリ
  Img_9317
続いて
  Img_9320

  Img_9327

  Img_9328
上の写真 バックの山は安倍東山稜の南端に位置する龍爪山は文殊岳
右奥側が薬師岳
  Img_9329_20200628120501
上の写真は歩いてきた道を振り返りガシャリ
下の写真は偶然見た ヒバリなのかな 草むらの枯花の先端に
止まってジッと向こうを見ていた
  Img_9330-2

  Img_9336
下の写真は Uターンした時に気づいた 足元に咲いていた捩花
これもたくさん咲いていたっけ
  Img_9350
元に戻って
  Img_9354

  Img_9369_20200628120501
そして 今日の最後に
  Img_9367
という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・6/23
場所・・・・・・・・安倍川牛妻河川敷にて

合歓の木の花言葉・・・・・歓喜、胸のときめき

捩花の花言葉・・・・・・・思慕





 

2020年6月26日 (金)

再度見に行く蓮の花・・・あさはた緑地公園へ

2020年6月26日

それは6/20
朝 光り輝く雨雫を撮ったその日の事だ
この時上空は☀
もう一回行って見るかな 今度は午前中に
この間より咲いてるだろうと

勿論 蓮の花見だ

今から行ってくるよと
家を出たのは確か9時ごろ
20分ぐらいでPへ入る
車を降り遊水池へ向かおうとした時
気が付いた
合歓の木が一本あるんだが 花が咲いてるのを
しかも風にユラユラ揺らめいて
ちょっと立ち寄り
花を写真に収め
改めて遊水池へ

前回よりは花数は多くなっていたが
見た処 午後の状態とそれほど変わらないような
何処が違うんだろうねー

午後よりも午前の方がいいって事を聞いているが
う~~ん
まあ いいか 折角来たんだから写真に撮っていくかと
カメラに収め 帰宅する

下にこの時撮った写真を何枚か載せて置きます
では
最初に合歓の木の花から
  Img_9251

  Img_9252

  Img_9254
そうして蓮の花を 前回とそれほど変わらない風景ですが
  Img_9256

  Img_9257

  Img_9266

  Img_9267

  Img_9270

  Img_9273

  Img_9275

  Img_9282-2

  Img_9292

  Img_9299-2
最後に 雨粒のついたアガパンサスの写真を
  Img_9311

蓮 もっと早い時間に行けばまた違った雰囲気だったのかも知れないが
まあ 仕方ないかな・・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・6/20
場所・・・・・・・・・・麻機地区 あさはた緑地公園

合歓の木の花言葉・・・・・・歓喜、胸のときめき

蓮の花言葉・・・・・・・・・清らかな心、神聖、離れ行く愛、雄弁






  


2020年6月24日 (水)

遠州森町の花の寺 桔梗寺へ

2020年6月24日

遠州森町に香勝寺(こうしょうじ)という曹洞宗のお寺がある
遠州三十三観音霊場第三十二番札所であるが
このお寺 日本三大桔梗寺として名を知られており
園内には15種45000株100万本以上の桔梗が
訪れる人を歓迎してくれている むろん入園料は必要だが

最も15種といわれても
色の濃淡、色違い、斑入りぐらいは分かるが・・・・
 
今年もその季節がやってきた
見頃は6月下旬から7月20日頃というが
行って来たのはそれ以前 6/17日だ
少し早いかなと思ったが行って見なきゃ分からない

家を出たのがいつもの様に昼食後
新東名静岡SAから高速へ
森掛川IC経由で1時間程でP到着
入園料を払い園内へ ざっと見まわして
この時はまだ全体の2分咲きぐらいだったか
いやもう少し多かったのかな とにかく
写真撮るには一応困らず そんな程度だったが
兎に角園内を一回り

又 同時にハスの花や紫陽花も写真に収め
この花園を後に帰宅

行きは新東名を使い森掛川ICから目的地の桔梗寺へ
帰りは高速には乗らず県道40号線から国道一号経由で自宅へ
往復で4時間半ぐらいだったか

下にこの時の写真を数枚載せて置きます
勿論 ハス、桔梗、紫陽花等々

最初に蓮の花を2枚
山門から本堂までの参道の両側にずらり並んだ鉢植えの蓮
今まさに見ごろを迎えようとしていた
  Img_9059_20200624083601
蓮の後ろはお茶畑
  Img_9062
続いて 園内に咲く紫陽花 勿論ごく一部だが
  Img_9076

  Img_9106

  Img_9119

  Img_9124
続いて この日の目的 桔梗の花を
  Img_9063_20200624083601

  Img_9070

  Img_9079_20200624083601

  Img_9083

  Img_9087

  Img_9128
上の写真 バックの青く見えるのは紫陽花だ 桔梗にピントを
合わせたため 写真の様に。
  Img_9132
下の写真は 斑入りの花 まだ咲き始めだったが何とか一枚
  Img_9161
そうして今日の最後に
  Img_9158
この時は まだ 咲き始めたばかりの感じだったが
蓮。アジサイも楽しめ 又 萩の花や撮らなかったが女郎花も見ることができた
いい花旅でした
あれから1週間ほど この記事を書いてる今頃はもっと咲いてるだろう

という事で この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・6/17
場所・・・・・・・・・遠州森町香勝寺

桔梗の花言葉・・・・・変わらぬ愛




  
 





 

2020年6月22日 (月)

朝日を浴びてキラリと光る雨雫

2020年6月22日

6/20朝の事
前日の雨もすっかり上がり 上空は青空
キッチンの窓越しに外を見れば 庭木についた雨雫が
朝日を浴びてキラキラ輝いていた

ん?これは 上手く行けば撮れるかな と思い カメラをもって外へ
だが中々位置を定めるのに難しい
そりゃあそうだ 外より家の中の方が場所が30cmほど高いからな

それでも何とか方向を見定め 狙いをつけガシャリ
その後 同じような角度で何枚か

下にこの時の写真を何枚か載せて置きます
同じようなものになると思いますが
では
  Img_9236
木は金木犀 葉は皆同じように下向きにくるり
下の2枚は同じ葉 ただ 自分の立ち位置を少し変えている
  Img_9237

  Img_9240

  Img_9244

  Img_9245
そして 今回の最後に
  Img_9247-2
という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・6/20
場所・・・・・・・・自宅庭にて




 

2020年6月20日 (土)

蓮の花とアガパンサス・・あさはた緑地公園にて

2020年6月20日

それは6月16日
あの雨上がりの雨雫を撮ったその日の午後の事
そろそろあの花も咲き始めてるだろうと思い
出掛けた先はあさはた緑地公園 目指すは蓮の花

家から公園までは車でゆっくり走っても20分弱
公園のPへ車を止め
道路を挟んだ反対側の遊水池を見れば
咲いてた 本番ではないが 写真撮るにはなんとか困らない程度だ

斜面を伝い池のふちに下り 花に近づけば
ピンク色の花弁が時折吹いてくる風でユラユラ
中にはもう終わって花弁が落ちているのも

出来ることなら蓮やスイレンは午前中が良いという事だが
それはそれ
撮るだけ撮ってついでの事ながら 道路沿いに植えられ
咲いていたアガパンサスの花も撮り
車に戻る

下にこの時撮った写真を載せて置きます
では
  Img_8980

  Img_8983

  Img_8987

  Img_8988

  Img_8989_20200620124601
上の写真は 花弁が全て散ったもの
  Img_8990
次はアガパンサスの花を
  Img_8979

  Img_9018
上の写真で赤く見えるのはタチアオイ
  Img_9022

  Img_9021
そして 最後に もう一度 ハスの花を
  Img_8995_20200620124601
という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・6/16
場所・・・・・・・・・静岡市あさはた緑地公園にて

蓮の花言葉・・・・・・・・清らかな心、神聖、離れ行く愛、雄弁

アガパンサスの花言葉・・・恋の訪れ、ラブレター、知的な装い


2020年6月18日 (木)

6/16の沈みゆく太陽と夕焼け空

2020年6月18日

うわー 綺麗だ 沈みゆく太陽に思わずカメラを向けていた・・
  Img_9025

今回は予定を少し変更して 6/16の夕食後
歩いてきたときの夕焼け空の写真を載せて置きます

昼間の暑さは何処へ行ったやら
夕方は晴れてはいたが 風が心地よく
いつもの道を 山陰に沈んでいく太陽を見ながら
気持ちよく歩くことができた

家を出て 駿河大橋を渡る頃 太陽はそろそろ山陰へ
渡り終える前にはもう山の向こう側
遠くに見える雲は太陽の光を浴び オレンジ色に
其のうちだんだんと夜のとばりが

条件が良ければ見える富士山もこの日は全然見えず
だが頭上は良く晴れて 川面を渡る風は寒い位
安倍川橋を渡り返し 本通り方面へテクテク
帰宅した時は すっかり夜と化していた

では
  Img_9027_20200618090401
歩きながら撮っているため 位置は少しづつ違う その辺はご了承を
だがいざ沈み始めるとあっという間に山陰へ
そして辺りは夜の雰囲気に変わってくる
上空はまだまだ明るいが
  Img_9029 

  Img_9032

  Img_9035

  Img_9047

  Img_9055
上の写真 多分駿河湾の上空にあったと思うが 沈みゆく太陽に照らされ
綺麗に染まっていた
そしてこの後改めて井川方面を見ると雲も取れ綺麗な夕焼けだった
  Img_9058_20200618090501
という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

次回は この日の昼間撮ってきた蓮の花の写真を予定しています。

写真撮影・・・・・・6/16
場所・・・・・・・・静岡市内

2020年6月16日 (火)

雨上がり・・雨粒の向こうに

2020年6月16日

12日の朝9時ごろだったか 前日から降っていた雨も上がり
青空も覗いていた
庭の木々はと見れば いつもの様に 雨粒がきらりと光る
ならばと外に出てその雨粒をいつもの様に狙い始める
それが下の写真たちだ
何が写っているのやら
青空が写り込んでいるのは確かだが それ以外は・・
出来ることなら太陽が写り込んだ雨粒を撮りたかったのだがちょいとばかり無理だった

      Img_8840

      Img_8842

      Img_8847

      Img_8850

      Img_8855

      Img_8856
そして この時の空の状態です
      Img_8857
という事で 今日は この辺で じゃあ又

暑い日が続きます 皆様方には くれぐれもご注意を。

写真撮影・・・・・・6月12日
場所・・・・・・・・自宅庭にて

2020年6月14日 (日)

掛川加茂荘花鳥園へ・・・その三・・もう一度花菖蒲を

2020年6月14日

前回の続きです
紫陽花を見ながら建物内を一巡し 再度菖蒲田へ
見残した方へ向かう
勿論 一度見た花をもう一度眺めながらだが

遊歩道を右へ左へ
最奥にある屋外の紫陽花も眺めながら
一回り
出口へ向かう

だが どうしても後ろを振り返ってしまう
そしてカメラを
もう少し見ていたい気にもなったが
帰りの事を考えるとそうもいかず
車に戻る

帰路は高速は使わず国道経由にしたが
時間的には行きとそれほど変わらず帰宅できた
加茂荘までのドライブでした。
では 今回の最後に もう一度花菖蒲の写真を
  Img_8793

  Img_8795

  Img_8798
もっと広範囲で撮りたかったのだが
持って行ったレンズは望遠ズーム一本
それでもこれだけ撮れたんだから 何とかOKという事で
自己満足にすぎないが・・・・・
尚 上の写真で 奥の方に見えるのは紫陽花ロードに咲く紫陽花
  Img_8799_20200614092601

  Img_8801

  Img_8807_20200614092601

  Img_8808

  Img_8809

  Img_8812

  Img_8816

  Img_8818
上の写真は 望遠ズームの倍率(55mm~250mm)を最低の55mmにして撮影
  Img_8829

  Img_8832_20200614092701

  Img_8836
そして 最後に出口の所から後ろを振り返り
  Img_8839

という事で この項 終了とします。
長々お付き合いいただきありがとうございました では 又

写真撮影・・・・・・・6月9日
場所・・・・・・・・・掛川加茂荘花鳥園にて

花菖蒲の花言葉・・・・嬉しい知らせ、優しい心、優雅、等

紫陽花の花言葉・・・・移り気、冷淡、辛抱強さ、等


  





  


2020年6月13日 (土)

掛川加茂荘花鳥園へ・・・その二・・ちょっと変わったアジサイ達

2020年6月13日

前回の続きです
花菖蒲を半分ほど見てから 庄屋屋敷へ入る
昔の生活用具など様々なものを見させて貰い
昼近くなった為
昼食タイム 管理棟だと思うがその中にある食事処で食事
その後この建物の中で咲いている紫陽花を見
ふたたび菖蒲田へ花菖蒲を見に出る
下にこの建物の中で撮った紫陽花の写真を何枚か載せて置きます
中にはこれでも紫陽花?なんてのもあるかも知れませんが。
では
  Img_8755_20200613122501
此処の紫陽花はそのすべてがオリジナルの花だというが
  Img_8757

  Img_8759
下の写真で天井からぶら下がっているのはペチュニア
  Img_8764

  Img_8767
例年 この建物の中では フクロウのショーが行われていたんだが・・・・今年は????
  Img_8768

  Img_8771
下の写真 緑の所はこれから変色して青くなっていくようだ
  Img_8774

  Img_8776
下の紫陽花は 緑から薄いピンクに
  Img_8778

  Img_8780
下の写真 緑というより黄金色 それからピンクに変わっていく
  Img_8781_20200613122501
下は 緑から青に 
  Img_8785
下の写真はごく普通の紫陽花に見えたのだが・・・・
  Img_8789
そうして 今回の最後に
  Img_8792
とまあこんな所で
次回は 残っていた菖蒲田の花菖蒲の写真数枚をここへ載せてこの項終了とします。


  







  
 

2020年6月12日 (金)

掛川加茂荘花鳥園へ・・・その一

2020年6月12日

いよいよ梅雨入り 静岡では10日に発表された
その一日前 9日の事だが 梅雨入り前の好天の下
家内を連れ 掛川にある加茂壮花鳥園へ出かけてきた

前日8日の夕食時
明日 行かないか 掛川の加茂壮へ?
早速OKの返事
そして9日だ
朝9時半少し過ぎた頃家を出る
新東名は静岡SAから高速へ
森掛川ICで降りれば10分もかからない
家から高速に乗るまでの方が長い位だ
Pに入り受付を済ませ中へ入れば 菖蒲田の花菖蒲 今まさに見ごろ
種類も豊富だ
加茂壮オリジナルの色々な花菖蒲が出迎えてくれる
又 建物の中では アジサイが今を盛りに
天井からつるされたペチュニアと咲き競っている
勿論菖蒲園の奥の方には紫陽花ロードというものも有ったが。

加茂壮の歴史はここでは省略しますが桃山時代から続く旧家であることだけ
此処に載せて置きます

なんだかんだの歴史を踏まえ 今では花菖蒲、紫陽花の名所として
その名が知られている
昨年見に行った時は観光バスも多数来ていたが
今年はコロナの影響だろう
駐車場にあるのは 乗用車のみ それも4割ぐらいだったか

とにもかくにも 花菖蒲や紫陽花を堪能し帰途につく

下にこの時撮ってきた写真を載せて置きます
一応3回ぐらいになると思いますが。
まずは花菖蒲から 見える白い建物は昔からある土蔵
  Img_8710

  Img_8711

  Img_8715
此処の花菖蒲は90種あるというが・・そして紫陽花は50種 そう言われても・・
  Img_8716_20200612091601

  Img_8719

  Img_8720

  Img_8722

  Img_8726

  Img_8732

  Img_8734

  Img_8735
中にはこんなのも 今まで何度か行ってるが初めて見たような・・・
  Img_8739_20200612091601

  Img_8742
これは 此処で飼われている鴨たち
  Img_8743_20200612091601
そうして 今日の最後に もう一枚
  Img_8749

という事で 今日は この辺で 次回は紫陽花になる予定です。

  



  









 

2020年6月10日 (水)

穴場の花菖蒲園・・・城北浄化センターにて

2020年6月10日

今年も行ってきました 穴場の花菖蒲園へ
そこは 静岡市の城北浄化センター
汚水処理場だ
そこにある遊水池で職員の手により大事に育てられている花菖蒲
今年も見ごろを迎え
この5日から9日まで 一般開放

そのニュースを情報サイトで知り 見に出かけたのが5日

此処へは毎年のように見に行っているが
いつも感動して帰って来る
今年はコロナの影響でどうなるんだろうと思っていたが
無事に一般開放

う~~ん 綺麗だ
まだ 満開とまでは行ってはいなかったが
十分だ
例年とは違い 見学路は全くの一方通行
指示通りに歩いていく

又 ここにはタチアオイも植えられており
こちらも綺麗に咲いており
他に アジサイも少しだが咲き
まるで 花の庭園

それでも主に目が行くのは花菖蒲
心行くまで見させてもらい
この場を後に知る

それにしても此処は花菖蒲の隠れた名所 まさに穴場といっていいだろう

下にこの時撮ってきた花菖蒲の写真数枚載せて置きます
では
  Img_8628

  Img_8635

  Img_8641

  Img_8642

  Img_8644

  Img_8647

  Img_8649

  Img_8651_20200610123701

  Img_8674_20200610123701

  Img_8687_20200610123701

  Img_8688
そして 今回の最後に 湧水池にいる水鳥を
  Img_8701
カメラを向けたら これ見よがしに羽を広げ ポーズをとってくれたため
一枚 ガシャリ
カメラを他へ向けたら 同時に 広げていた羽も静かにたたんでいた

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・6/5
場所・・・・・・・・・静岡市城北浄化センター

花菖蒲の花言葉・・・・うれしい知らせ、優しさ、伝言、心意気、優しい心、
           優雅、あなたを信じる
           





2020年6月 8日 (月)

ジャカランダと紫陽花

2020年6月8日

いつも通院している整形の近くに 小学校併設の公園がある
そこには一本のジャカランダが植えられている
それが5月の中旬ごろから蕾を付け下旬には開花していた
その木の下にはいろいろなアジサイも植えられており
まるで 競演状態
だからといって通院にカメラをもってなんてことも出来ず
いつもただ見て通るだけだったが
ある日の午後
改めて行ってみた
それは6/4の木曜日
歩いても行ける所だが 他にも回ろうと思い 自転車で
結局回らずそのまま帰宅はしたが

ジャカランダ ボリビアやアルゼンチン原産のノウゼンカズラ科の常緑高木で
花は青紫色
見ると中々綺麗な花だ
それが今年も開花
だが いかんせん高木 下から見上げているしかない

それでも花の向きは横向き なんとか見れる
適当にレンズを向けながら何枚か
その後 足元に咲く紫陽花を撮り
もういいかと帰宅する

下にこの時の写真数枚載せておきます。
まずはジャカランダから
   Img_8589_20200608121901
青紫色の花が風に揺れていかにも涼し気に咲いている
   Img_8590

   Img_8591

   Img_8602_20200608121901

   Img_8606
続いて ジャカランダの下に咲く紫陽花たちを 
   Img_8597
下の写真は ユリと紫陽花のコラボだ
   Img_8601
雨なしが続き いかにも水が欲しそうな
   Img_8603_20200608122001

   Img_8607_20200608122001

   Img_8615

   Img_8618
そうして今日の最後に ジャカランダの花の拡大写真を
   Img_8602-2
もう一枚
   Img_8602-3
という事で 今日は この辺で なおこの写真を撮った日から数えて4日経った今日8日の
通院時 見たら ほぼ満開になっていた。

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・6/4
場所・・・・・・・・・静岡市内

ジャカランダの花言葉・・名誉、栄光







2020年6月 7日 (日)

白花紫陽花とクチナシの花

2020年6月7日

週間予報見ると木曜辺りから☂マークがずらり
多分このころから梅雨入りだろう・・・・

市内を歩いたり自転車で回っていると アジサイやタチアオイが今が盛りと
咲いている
その中で白い花色の紫陽花も目立つようになってきている
今回はそれにレンズを向けてみた

それはユリの花を見てきた翌6/3の事
自転車で市内を一回り
家を出てから籠上の妙見神社へ立ち寄り その後 浅間神社の前を通り
城北公園、駿府城公園へ回り 自宅へ帰る
およそ15kぐらい 歩いても歩けない距離でもないが
自転車で一回り
その時に撮ってきたのが白花の紫陽花だ

白花もよく見ると中々綺麗なアジサイだ
他の色のものに負けず劣らずの感じで 本当に梅雨も間近いって
事を教えてくれていたような

下にその時撮ってきた写真を載せて置きます
尚 題名にあるクチナシは一重のクチナシで
この時帰りに通った近くの常盤公園で咲いていたもので
まだ咲きだしたばかりの感じでした。
では まず妙見神社に咲いていた紫陽花から
  Img_8547

  Img_8549

  Img_8555
次は 全く白花でもないが 一応とってみたガクアジサイ 多分山紫陽花だろう
  Img_8556

  Img_8558
そして 城北公園にて
  Img_8559
コスモスですね ちと 時期が早いですが(笑)
そして白が混じる山紫陽花
  Img_8562

  Img_8563
次からは 普通の紫陽花
  Img_8567

  Img_8575_20200607141201

  Img_8578

  Img_8579
そうして 帰路に通った常盤公園で撮った一重のくちなしの花を
  Img_8582

  Img_8584 
という事で 今日は この辺で じゃあ又

今回は白っぽいものでまとめてみました
次回はジャカランダと紫陽花という題です。

写真撮影・・・・・・・6/3
場所・・・・・・・・・静岡市内は妙見神社、城北公園、常磐公園
 



2020年6月 6日 (土)

ユリ園へ・・・可睡ユリの園

2020年6月6日

6/2の事 昼食後 袋井可睡のユリ園へもう咲いてるだろうと
出掛けてきた
この時期はまだスカシユリ系の花だが それはそれで充分楽しめる
家を出てR1を西進 およそ1.5時間で可睡斎門前にあるPへ到着
ユリ園自体は可睡斎の東側にある丘の上
緩い上り坂を行けば入園口となる
勿論有料施設 受付で入園料を払い中へ
するとさっそくユリのお出迎え
それを見ながらルート通りに歩いていく
見ながらカメラを向けながら
上から見たりしたから見上げたり
全体から見るとこの日は6分咲きぐらいだったろうか
いや7分
それでも目には十分
一回り半ぐらいしてユリ園を後にする
下にこの時撮ってきた写真をいつもの様に抜粋で載せて置きます
では
  Img_8405

  Img_8411
ユリも種類は色々あるようだが ここでは写真だけとして置きますので 悪しからず
  Img_8416

  Img_8423

  Img_8425_20200605142601
尚 スカシユリ系の花はハイブリッド系の様には香らず見て楽しむ花のようだ。
  Img_8455_20200605142601

  Img_8466
又 このユリ園 一部に紫陽花も植えられ 時期が一致すれば紫陽花とユリのコラボも
楽しめるんだが・・・・
  Img_8483

  Img_8506
下の写真で 向こうに見えるのが可睡斎の建物だ
  Img_8520_20200605142601

  Img_8528

  Img_8530

  Img_8536

  Img_8542
そして 今回の最後に 
  Img_8493_20200605142601
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・6/2
場所・・・・・・・・・・・袋井市可睡ユリの園

ユリの花言葉・・・・・・・純粋、無垢、威厳



  

2020年6月 4日 (木)

電車と競演・線路沿いに咲くタチアオイ

2020年6月4日

何時だったか 静鉄電車の線路沿いに咲くタチアオイが放映されていた
それを見た時 あああそこか すぐに分かった

踏切から踏切のほんの一区間だが
場所そのものは以前から知っていた だが 今までは見に行くこともなかった

今回初めてその場所へ行ってみた
行った日は5/30
家から自転車を走らせ 15分ほどか その場所へ
静鉄電車の日吉町駅と音羽町駅の間のほんの一区間
線路沿いの南側を走る道路の線路寄り
そこに ずらり並んだタチアオイ
成程 見事なもんだ 改めて感心
早速にレンズを向ける と そこへ電車
こりゃあ都合がいいと タチアオイと電車のコラボも何枚か

たまにはこんなのもいいなと勝手に自己満足した5/30の昼過ぎ

下に この時撮ってきた写真をいつもの様に抜粋で載せて置きます。
では
  Img_8364_20200603162701
下の電車は新静岡行き
  Img_8367
下の電車は新清水行き
  Img_8369
電車が来る間に
  Img_8370_20200603162701

  Img_8377

  Img_8380

  Img_8381
そうしてまた電車とのコラボを
  Img_8387
上は新静岡行き、下は新清水行き
  Img_8390
少し間をおいて 新静岡行き
  Img_8398
次が 新清水行き
  Img_8401
そして 今日の最後に タチアオイをもう一度
  Img_8393_20200603162701
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・5/30
場所・・・・・・・・・静岡市内静鉄電車線路沿い







 

2020年6月 2日 (火)

焼津の紫陽花寺へ

2020年6月2日

昨年もこんな名題で載せたと思うが 今年も行って来た
焼津の紫陽花寺へ
といっても この名称はこの場で勝手につけたもので
正式には焼津市坂本にある林叟禅院という曹洞宗のお寺である

5/28 いつもの様に昼過ぎ 家を出る
車で40分ぐらいかかっただろうか
お寺の駐車場へ
此処は高草山へのハイキングコースの起点にもなっており
四季を問わず 大勢のハイカーに親しまれている
そのPへ置き参道へ すると 早速 アジサイのお出迎え
この日はだいたい7分咲きといった処だったろうか
西洋紫陽花やら額紫陽花 山紫陽花が入り混じって
咲いている
色もいろいろ中々にぎやかだ

何時だったか お寺の人に聞いてみたことがあった
此処の紫陽花 どのくらいあるのか
応えは 首をかしげるだけだった記憶があるが
だが そんなことはもうどうでもいい
花を楽しませて貰えれば・・・

いつもの様に1.5時間位いたのかな
もう帰るかと カメラを終いPに戻り 車上の人となる

といいう事で 下にこの時撮ってきた紫陽花の写真を
載せて置きます
勿論 いろいろ 入り混じって。
では もちろん説明文等は無しです
  Img_8218_20200601142301

  Img_8219_20200601142301

  Img_8222

  Img_8226 

  Img_8228

  Img_8236

  Img_8243

  Img_8252

  Img_8259

  Img_8265

  Img_8272

  Img_8288

  Img_8291

  Img_8295
そして 今日の最後に 本堂前の植え込みに咲いていた
真っ白い額紫陽花の花を
   Img_8305
という事で 今日は この辺で じゃあ又

ここの紫陽花を知ってから 今まで行っていた他の紫陽花園へ(特に県西部だが)行かなくなったのも事実だ
たまには と 思ってはいるが。

写真撮影・・・・・・・5/28
場所・・・・・・・・・焼津市坂本 林叟禅院

紫陽花の花言葉・・・・移り気、冷淡、辛抱強さ、冷酷、無情、高慢






    

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック