無料ブログはココログ

« 春バラ香る頃・・・富士中央公園にて・・その2 | トップページ | 梅雨入り前の富士山と咲き始めていたタチアオイ »

2021年5月18日 (火)

シロヤシオを訪ねて・・・川根大札山へ

2021年5月18日

シロヤシオ 別名五葉躑躅 やはりこの花も
深山に咲く花だ
アカヤシオより半月ほど遅く咲く花で 真っ白い花が見る人の
気持ちを和ませる 本当に綺麗な花だ
その花を見に 5/14 川根大札山へ行って来た

前回は4/27だったから ほぼ 半月ぶりか
相棒はFUJIKZEさんだ
今月はその日が都合がいいという事で
その日を約束
ただ天気が心配だったが
約束日が近づくにつれ 変わる予報
大丈夫かなーと思っていたが 前々日の予報は☀/☁
前日もそうだったが
これなら良いなと 当日朝7時に待ち合わせ
コースは前回行った時と全く同じだ
新東名を使い金谷島田ICで降り 後は大井川沿いに遡る
南赤石林道の入り口についた時 掲示板
なんだ まだ 向こうは通行止めかよ
仕方ないなー オロクボから歩くしかないですね
という事で これも前回と全く同じ
ゲート付近に車を置き そこからしばらく林道歩き
そして南尾根登山道を登っていく・・・・
周囲が何も見えない植林帯 とにかく登る
   Img_1790
時折 彼がついてくるかどうか確認しながら
ピークを一つ越えたあたりだろうか
ぼつぼつ更紗満天星が目に付くようになってきた
   Img_1798

   Img_1802

   Img_1805
それが歩くにつれ増え 他にトウゴクミツバツツジ
其のうち今回の目的の花シロヤシオも
考えてみると この山は 躑躅の山 林道沿いにはモチ躑躅も咲いてるし
時期には登山道沿いにアカヤシオにミツバツツジ 
それがこの時はシロヤシオ、紅更紗満天星、トウゴクミツバ躑躅
まるでそろい踏みだ
ピークを2つほど越え3つ目が山頂
途中 満開のシロヤシオに足を取られ 時間的にはかかったが
まあ到着
早速いつもの様に記念写真
   Img_1856
その後昼食
晴れてさえいれば富士山も見えたのだが・・・・

その後シロヤシオを見ながら
稜線をのんびり歩き 中尾根を下山
本当に前回と全く同じコース
違うのは アカヤシオかシロヤシオ それだけだ

花を見ながら下りて行けばやがて中尾根登山道入り口に到着
後は 林道を下るのみだ
工事のこの字も見えない林道を
何時になったら再開通するんだろう
そんなことを考えながら車の所へ戻り
自宅まで送って貰った14日の事

下にこの時撮ったシロヤシオとトウゴクミツバツツジの写真を
載せて置きます いつもの様に抜粋ですが
では
   Img_1816_20210518150401

   Img_1837
下の写真は山頂直下のもの 見事に満開
   Img_1851

   Img_1854
続いて 稜線上と中尾根を下るときに撮った
シロヤシオとトウゴクミツバツツジ
   Img_1863_20210518150401

   Img_1864

   Img_1866

   Img_1869

   Img_1875

   Img_1876

   Img_1878
で 今回の最後に
   Img_1884
あまりにたくさん咲いていて 最後には きりがないと撮るのを諦め

又 FUJIKAZEさんも十分楽しんでいたようで 一緒に行った甲斐があったこの日

という事で 今回は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・5/14
場所・・・・・・・・・中川根大札山

シロヤシオの花言葉・・・・・・・上品、愛の言葉

紅更紗満天星躑躅の花言葉・・・・恋の出会い、変身、変化、追想 等

ミツバツツジの花言葉・・節制、抑制のきいた生活



   

 



« 春バラ香る頃・・・富士中央公園にて・・その2 | トップページ | 梅雨入り前の富士山と咲き始めていたタチアオイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
真っ白いシロヤシオが見事でしたね。
清楚な感じで素晴らしいお花です!
トウゴクミツバツツジの濃いピンクも鮮やか〜!
FUJIKAZEさまも喜ばれた事でしょう!
素敵なコンビさまです!

こんばんわ・・・
ヤシオツツジ・・・良いですね~自然の中にありますから、派手な色彩ではないものの
何かじわ~と美しさを感じます。

大井川鉄道で行った川根。
確かに周りは1面山山山…とびっきりの森林浴になりましたね^^

こんばんは!
いやぁ~楽しかったですね。
シロヤシオは何度見ても感動です。
なんとも可憐な花ですね。
あの日は20kmも歩きましたかね?
未だにふくらはぎが痛いですよ。
まぁ、運動不足ですね。
次回も楽しみにしています。
ありがとうございました。

こんにちは
 
ステキな山歩きとなられて良かったですね。
前回と全く同じコースだったとのことですが、季節も進み
咲く花も変わって雰囲気の違いもたっぷりと楽しまれたことでしょう。
ベニサラサドウダンの真っ赤な花を拝見した後に、真っ白のシロヤシオ。
そしてトウゴクミツバツツジの濃いピンク。周囲は美しい新緑。
どのツツジも素晴らしい花付きで、遠くから見ると新緑の中に
カラフルな雲か霞がふわりとたなびいているようですね。
良いものを見せていただきました。
それにしても、ほんとに様々なツツジの咲くツツジの山なのですね。
自然とそうなったのでしょうか。

FUJIKAZEさん

本当に楽しかったですね 緑の中を歩いたのもそうですが なんたって満開のシロヤシオを見れたんですからねー。でも 20kは如何ですかねー 私のスマホ連動の歩数計では15.2kですから。

キハ58さん

はい 確かに山だらけですからね 4月5月と花を見ながらのいい森林浴でしたよ。 

マコママさん

ええ 喜んでましたよ とにかく周囲はシロヤシオの群落でしたからね そこへトウゴクミツバツツジが咲いてるんですから もういう事無しですね いい目の保養になりましたよ
あれでアカヤシオと同時期ならいう事無しだったんですが こればかりはねー。

でんでん大将さん

そうですね 毎年のように見に行ってるんですが 毎年爽やかな気分になって帰ってきてます。自然って本当にいいですよ。

ポージィさん

はい 全く同じコース しかもまだ半月ほどですからね でも 変われば変わるもんですね 山の自然てのは アカヤシオの時も良いなーって思っていたんですが 今回はそれ以上でしたからね。 毎年のようにアカヤシオ、シロヤシオを見に行ってるんですが 今年は特に強く感じましたよ 両方とも良い具合に満開だったせいもあるのかも知れませんが。因みにこの山の躑躅は全て自然繁殖です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春バラ香る頃・・・富士中央公園にて・・その2 | トップページ | 梅雨入り前の富士山と咲き始めていたタチアオイ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック