無料ブログはココログ

« 春バラ咲くころ・・その1・・富士中央公園にて | トップページ | 春バラ咲くころ・・その2・・島田バラの丘公園にて »

2022年5月17日 (火)

シロヤシオ咲く川根大札山へ

2022年5月17日

今回はちょいと予定変更して15日に行って来た事を記事にします
島田バラ園はその次となりますんて宜しくお願いします

相棒はFUJIKAZEさんだ
15日天気が良ければ行って見ましょう
7時ごろ家の前までお願いしますと

約束をし この日の朝7時少し前に家の前に
早速助手席に乗せてもらい出発
行先は川根の大札山
国一を西進 島田向谷のICから通称川根街道へ入り
後は大井川沿いを遡る
天気は雲は出ているものの何とか持ちそうだ
途中GSの所から南赤石幹線林道へ入る
だがこの道 今はおろくぼでストップ
5年ほど前からそうなっているのだが
一向に以前の様に通行可とはなっていない
今回はそれで却って良かったのだが
そんなこんなでおろくぼにある三ツ星天文台の所へ駐車
その後は嫌でも歩きだ
途中土砂崩れで道はふさがれてはいたが
踏み後をたどり向こう側へ
2kほど歩いて樅ノ木平の南尾根登山道登り口
其処を右に見送り
舗装道路をそのまま大札山肩の駐車場を目指す 
ここで一服し山頂を目指す
途中すれ違った人にシロヤシオの事を聞いたら
昨夜の雨だと思いますが落花は凄いですよ
ただ まだ2,3本残ってますから と
それを聞いた時は正直少しがっくり
一応その残っていた花を確認して
なおも先へ進めば 2,3本どころじゃない
あっちこっちに白い花が見える
シロヤシオだ 良かったー
それらを眺めながらなおかつ足元に気を付けながら
頂き目指す

昼食 目の前に満開のシロヤシオ その隣には紅満天星も
向こうの山はガスに覆われ 見えたとしてもうっすら
其のうちこの大札山も今にも落ちてきそうな空模様に
食べるだけ食べて早くに下りますかと
目の前のシロヤシオを撮るだけ撮って
食べた後を片付けザックを背負い 南尾根に入る
途中満開のシロヤシオを見ながら登ったり下ったり
彼がちゃんとついてきてるか確認しながら
下っていけば やがて 樅ノ木平 幹線林道だ
これでほぼ一回り
後はおろくぼのPまでウツギやピンクのモチ躑躅を見ながら
30分程テクテクだ・・・・・いやもう少しかかったかも
いずれにせよ無事車の所へ着いた時は正直ホッとした
一年も山から遠ざかるってこんなもんなのか
正直 そんな思いが頭をよぎった
往復 かれこれ6時間ほど

スマホの距離計アプリを見れば16kほど
歩数は21000歩を超えていたんだが
果たしてそんなもんだったのか????だ
 

だが満開のシロヤシオは見れたし 雨にも会わなかったし
彼もシロヤシオを見る事が出来て喜んでいてくれたし
まずまずの山行でした。

という事で この時撮ったシロヤシオの花の写真数枚 下に載せて置きます

では あくまで写真だけですが

   Img_7601_20220517092901

   Img_7611

   Img_7613

   Img_7616

   Img_7619

   Img_7626

   Img_7630
そして 山頂標識の所で ザックを置いて 記念写真
右側がFさんの物 左側が私の物
   Img_7633_20220517092901
下の写真は 昼食場所の目の前で咲いていてシロヤシオ
   Img_7636_20220517092901
下の写真は 紅満天星 これも中々綺麗な花だ
   Img_7642
そうして 又 シロヤシオ(五葉躑躅)
   Img_7643_20220517092901

   Img_7644

   
   Img_7649

   Img_7651
そして 今回の最後にもう一枚
   Img_7645
という事で 今日は この辺で じゃあ又

それにしても綺麗な花だ 今年も会えたことに感謝して帰路につく

FUJIKAZEさん 本当にありがとうございました
次の山行も一緒に行きましょう

写真撮影・・・・・・・・5/15
場所・・・・・・・・・・川根大札山

シロヤシオ(五葉躑躅)の花言葉・・・愛の喜び、上品


   








« 春バラ咲くころ・・その1・・富士中央公園にて | トップページ | 春バラ咲くころ・・その2・・島田バラの丘公園にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
 良かったですね!
綺麗なシロヤシオに出会えて・・・。
気品があるお花ですね!
お二人の願いが届いたように思えました。
沢山、お歩きでビックリ!腰痛は大丈夫でしたか?
私には絶対見られないお花を沢山、載せて頂き
感謝致します。

また、お二人でお愉しみ下さいませ。

こんにちは
わぁ~ 早速記事に起こされたのですね。
今年もお二人でいらっしゃれて、また前日の雨にもかかわらず、
たくさん咲いていてくれて良かったですね♪
曇天の下、遠くは靄がかかっているようなお天気ではありますが、
そういう中ならではのしっとりとした美しさを感じます。
 
それにしても、重い荷を背負っての上ったり下ったりしながらの
6時間は長かったですね! 21000歩余よりもっと歩かれて
いそうな気がしますよ。
お疲れさまでした。そして有難うございます。

マコママさん

はい シロヤシオは本当に気品のある花ですよ 初めて見たのはかれこれ20年ほど前ですが その時以来毎年時期が来れば見に行って 今年もたくさんの花に巡り会えて良かったですよ。腰痛自体は如何という事もないですが とにかく山そのものが一年ぶり 正直 筋肉痛です。

ポージィさん

ええ 本当に良かったですよ かなり散ってたのも有りましたが まだまだ見せてくれましたからね 行った甲斐が有りましたよ。因みに荷の重さはそれほどないですよ ただ雨具や水 食料など入れるとどうしてもガサバりますからね やむを得ないです。ただ歩いた距離や歩数は そうですねー もう少しあったんじゃないですかね。そう思いますよ。

こんにちわ。

久しぶりに、随分と歩かれましたね。
ただ、一人で歩くよりは二人で一緒の方が
疲れなかったのではないですか。
シロヤシオは清楚な美しさですね。
頂上から見たら絶景だった事でしょう。
ともあれ、シロヤシオを堪能出来て良かったですね。
私も、もう少し若ければ、行ってみたいと思いました。

素敵な貴重な写真を拝見させていただいて、嬉しいです。

ガルボさん

山へ行けば普通ですよ 特に吃驚すほどでもないです。行く場所によってはもっと歩きますからね もちろん疲れました なんせ一年ぶりでしたから(笑)で シロヤシオはそうですね 本当に清楚な花ですよ 今年も無事見る事が出来て良かったですよ 時期が来ると毎年のように見に行ってますが。因みにこの日はドンヨリ 晴れていれば見えてた筈の景色は駄目でしたよ 仕方ないですね。1300mの山の上ですから 其れよりも降られずに済んで良かったです。

こんばんは!
いゃあ、心臓破りでした。
ギブアップしようかと思いましたよ。
身体は鍛えないとダメですね。
次回もよろしくお願いします。

おはようございます♪

ヤッパリ同行者はFUJIKAZEさんでしたか・・・
Fさんは海専かと思いきや山にも・・・
そう言えば以前にも一緒に登山した記事が有りましたね。

花の山よいですね、私も近くにこんな山が有ったら、たとえ一人でも登ったと思います。
妙高では7月にならないと山登りが出来無いので羨ましいです。
シロヤシオ、ベニドウダンなど、こちらでは見ることの出来無い花をありがとうございました。
こちらにも似た花は幾つか有りますが、雪国の木はこんなに大きくなりません。

 今晩は~。

 活躍されておりますね~♪
この時期はどこに出掛けるにもいいですね~。

ツツジにそっくりな~。
いや~・いいですね~。
私もどこかに出掛けたいものです。
 ヒロ・・でした。

⛰・・なんと!!6時間!21000歩\(◎o◎)/!

久々でも、よく頑張りましたねぇ~・・
FUJIKAZEさんも頑張った!

そして、たどり着いたザックが嬉しそう( *´艸`)なかよく2つ♡
それにしても、聡明な花ですねぇ~
そこに咲くからこそですよね。
たくさん咲いてて良かった(*´▽`*)
苦労して見せて頂けることに感謝!感謝!です。

体調はづでしょうか?あまりご無理されませんように~(*´▽`*)

FUJIKAZEさん

いやいやあれだけ歩ければ大したもんですよ 今回の事に懲りず又宜しくお願いします それにしてもシロヤシオ見れて良かったですね。

ロココさん

ええ 彼とは何度か一緒してますよ それで今回の山は3度目じゃないかな アカヤシオ咲くころとこのシロヤシオのころとね。この奥の方にも行ってますがね もちろん花の時期ですが。本当にこちらは良いですよ 4月ごろから花が咲いてくれますんて。最も以前の様には何回も歩くことは出来ませんがね。

ヒロ・・もんたの一年さん

はい 躑躅そのものです 五葉躑躅と言いまして綺麗な花ですよ この山にはほかに紅満天星、更紗満天星、トウゴクミツバツツジ アカヤシオ 山躑躅、モチ躑躅などで彩られます もちろん時期が有りますが。

こころぐ郁美さん

まあ 山へ行くと普通だけどね もっと歩くとも有るから。それよりシロヤシオ 咲いていてくれてよかったよ 行く前は如何かなーと思ってたけど。体調は大丈夫だよ 有難う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春バラ咲くころ・・その1・・富士中央公園にて | トップページ | 春バラ咲くころ・・その2・・島田バラの丘公園にて »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック