無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年7月21日 (金)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part43・・アイコンタクト

2017年7月21日

今日 昼食後の事

ハッピー おいで 抱っこな

何時もの抱っことは違い たまたま お腹を上に赤ちゃん抱っこ001ハッピーも大人しくそのままにしている そしてこちらをジーッと見つめる

そのまなざし

何かを言いたげに いつまでも見上げて 他を見ようともしない

目と目が合い アイコンタクト そのもの

だが 犬にとってはこの姿勢 楽じゃないのか その内 盛んにゲップ003ん?何?

慌てて普段通りの抱っこにすれば ようやくゲップも治まる

ハッピーも何か行っているような

多分こうだろう

同じ抱っこでも何時ものこの抱っこの方が楽でいいよ と004この後 間もなく午後の眠りの時間となった 今日のハッピー

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・7月21日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅にて


2017年7月19日 (水)

焼津林叟院参道に咲く山百合の花

2017年7月19日

6月の始めごろだったか 焼津坂本の林叟院へ兄と紫陽花を見に行った時
参道右側斜面に山百合が芽を出していた
へー 山百合が咲くんだ 咲いたら綺麗だろうなー などと話をしながら
その時は帰ってきたのだが・・・・・・

盆も明けた18日の事 妙に気になるあの山百合
もう咲いてるだろうか ちょいと行ってくるかと昼過ぎ ハッピーが寝付いたのを確認し
出掛けてきた
林叟院へは 30分もかからない
岡部から焼津へ抜ける道へ入り Pを目指す
やがて 林叟院への道しるべ その通りに細い道へ入る 参道だ
そしてPImg_2956途中 見えた 山百合が開花してるのが
車から降り 早速開花している百合の元へImg_2931ついでの事ながら 鼻をそっと近づけ 香りを確かめる
う~~ん 何とも言えないいい香りだImg_2934ユリの芽はあちこちにあったが どうやらまだ開花したばかり
あっちにポツン こっちにポツン そんな程度だったが 十分満足Img_2936
Img_2938開花しているものを一通りカメラに収めPへ戻るImg_2941
Img_2950
そして もう一枚Img_2963この日 関東では凄い事になっていた
帰宅後TVニュースで知ったんだが、
お蔭で我が静岡の街は荒れずに 夕暮れ時は夕焼雲も見えていた。
尚 この日は単独で見に出かけている 百合の花見
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月18日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・焼津坂本林叟院参道にて

ユリの花言葉・・・・・・・・・純粋、 無垢、 威厳

2017年7月15日 (土)

ユーカリの花咲く公園へ

2017年7月15日

静岡市西部を流れる丸子川が安倍川に合流する寸前
左岸に小さな細長い公園がある そこ公園の名は下河原南公園と云い
園内にはユーカリの木が何十本か植えられている

そのユーカリ そろそろ咲いているんではなかろうかと思い 見に行って見た
昨年同じ時期に行ったときはほぼ満開状態だったんだが・・・・・

行ったのは14日午後の事 2時には帰るからと 出かけてきた
家から車で15分ほどか とあるスーパーのPへ置かせて貰い
其処から5分弱で その公園

やっと咲き出した程度だったが まあいいか 写真撮るのに特に不都合もないからと
例によっていいとこ撮り
1時間位 そこで時を過ごし 車に戻る

という事で 下に その時撮ったユーカリの写真数枚を

まずは 公園の様子を 足元は雑草だらけだが
直ぐ側に総合病院が有り 職員のちょうどいい休憩場所にもなっている
ユーカリは この公園の両側にズラリ並んでいるImg_2864そして 咲き出していたユーカリの花を
尚 色は2色 紅色とピンク 最初は紅色の花からImg_2812
Img_2817続いて ピンクの花をImg_2821
Img_2824
Img_2831そしてまた紅色の花をImg_2843下の写真は 花蜜を吸いに来たミツバチと共にImg_2853そして 最後にImg_2856香りはなんとなく甘ーく香ってきていたが・・・・

去年今回と同時期に見に行った時は満開で
木もピンクで染まり少々驚いたが 矢張り 天候の影響だろうか
蕾はたくさんあり 直に満開を迎えると思うのだが・・・・

写真撮影・・・・・・・・・・7月14日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市内


ユーカリの花言葉・・・・・・・新生、 慰め、 思い出、 再生





















 

2017年7月11日 (火)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part42・・いつもの時間にいつもの所へ

2017年7月11日

もう4時か 行ってくるかと 何時もの様にハッピーを抱っこし 必要道具を持ち

散歩に出かける・・・散歩と云ってもどっちの散歩かは分からないが

連日暑い まるで梅雨が明けたかのような天候だ 実際はまだ明けてない

夕方4時と云うと まだ日差しはありカンカン照り 路面も暑くとても犬の散歩には適さない

だが 良い所がある

何時もの国道筋に建つ 中程度の建物

とある葬祭会館だ

西日を防いでくれ 風通しも良く 非常に涼しい 散歩にはピッタリの場所

そこまで行き そっと下ろす しばらくはそのまま座ってじっとしているが002その内 おもむろに立ち上がり 歩き出す

日陰の部分を行ったり来たり00515分ほど歩く が やがて ペッタリ座り込む

疲れたのか? それじゃあ帰るか もういっぱい涼んだもんな008ハッピーを抱き上げ 家へ帰る

夕食後 又 同じ所へ抱っこで連れていく

再び行ったり来たり そして 座り込む

夕方と夕食後 この繰り返し

そして7時半 寝床へ連れて行き 一日が終わる013明日も明後日も このパターンは変わらないだろう 命の時間の許す限りは・・・・・

雨でなければの話だが

という事で 今日は この辺で

写真撮影・・・・・・・・・・・7月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅界隈 及び 自宅


2017年7月 8日 (土)

今年も清水七夕祭りへ

2017年7月8日

今年は如何するかな
ハッピーの事もあるし
自身の腰痛の事もあるしなーと思いながらも
結局見に行って来た清水七夕祭り

それは7月7日 それこそ七夕の日だ
昼すぎ ハッピーが寝ているのを確認し 家を出る
往復JRを利用
清水駅を降りれば アーケードのある駅前銀座はすぐそこ
屋台がズラリ並んでいる
それらの店を横目で流しながら行けば銀座通り入口だ
ぶら下がった飾りがズラリ

毎年見ているが なかなか壮観な眺め
それと共に 人出も中々の物

飾りを撮っているのか人を撮っているのか
分らなくなるくらい

そんな通りを ノンビリと飾りを見ながら 写真を撮りながら
時折飾りにレンズを向けていると 目の前に立ち写真を撮り始める人も
毎度のことだが ヤレヤレ
又 当たり前だが 時間が経てば経つほど人通りが多くなる
そんなこんなで駅前銀座~清水銀座を往復する
行って帰ってかれこれ1時間半程度

帰宅すれば ハッピー 目を覚まし 私の帰るのを待っていた
良し良し 目が覚めたんだな お利口さん
今っからお散歩に行こうな
カメラバックを置き
ハッピーを抱っこし 外に出る。

という事で この時撮った写真を抜粋で
まずは駅前銀座の飾り物からImg_2676
Img_2678
Img_2684
Img_2688
Img_2702
Img_2705続いて 清水銀座側 こちらはアーケードなしの青空商店街だImg_2714
Img_2722
Img_2739
Img_2742
Img_2754そして 最後にもう一枚 駅前銀座の入口でImg_2809とまあ 抜粋でしたが 今日はこれにて じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・7月7日
場所・・・・・・・・・・・・・清水駅前銀座と清水銀座






















 
 

2017年7月 5日 (水)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part41・・介護とオムツ

2017年7月5日

ついにオムツが必要になってしまった

例の下痢以降 もしかしたら と思っていたんだが・・・・
ハッピーが腰を下ろした所 全て 濡れている
触れば ハッピー自身の所も 濡れている
これじゃあしょうがない 可愛そうだけど オムツをするしかないな
嫌がるハッピー
嫌だ嫌だと 脚をばたつかせ抵抗するハッピー
だがその抵抗もむなしく オムツ016ケチョンとするハッピー
外してやれば大喜び だが・・・・・・

勿論 外に出る時は外していく 寝る時も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝起きた時から介護状態が始まる
自身の事を済ませ 一通りの用事を済ませ ハッピーの寝床へ
そして抱っこし 必要な物を持ち 外に出る
雨でも降っていれば傘も
そして我が家の駐車場 そこで降し 排尿させる タイミングが良ければ排便も
終われば また抱っこで家の中へ そしてブラッシングと足を綺麗にする
今までなら
我々の朝食後 ハッピーにも食べさせ これで朝の仕事は終了の筈だったが・・・・

進んだ痴呆もあり うっかりはしていられない
今までなら どうという事も無かった場所でも 目を離せば 頭を突っ込み、身動き取れなくなっていたり
すこしでも隙間が有れば 入って行き 動けなくなる
そんな事の繰り返し
あっちを通せんぼ こっちを通せんぼ 危ない所は全て通せんぼ
全く目が離せなくなっている
かといって外に出れば出たでほとんど歩こうとはしなくなっている
抱っこで出て抱っこで帰ってくる

抱っこした状態でソファーに座れば安心しきって寝てしまうハッピー
可愛い いや 愛しい
が 何時までもソファーに座ってもいられない そっと寝床へ下ろしてやっても
分かるんだろう 目覚めてしまう
しばし その場で良し良し007そのまま寝付く事も有れば そうでないことも
その時はやむをえずまた抱っこでソファーに
毎日 そんな事の繰り返し
そしてオムツだ015仕事がまた一つ増えたような

例の下痢以降 もしかしたら と思っていたんだが・・・・

そしてもう一枚 庭で咲いている百日紅
6月末から急速に開花している011という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・百日紅 数日前  ハッピーは7月5日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅

百日紅の花言葉・・・・・・・雄弁、 愛嬌、 不用意



















 

2017年6月29日 (木)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part40・・今日も腕の中で

2016年6月29日

月日の経つのは早いもの もう6月も終わる 直に7月だ
7月末でハッピーは16歳と半年 我が家に来て16年と4か月
早いもんだな

あの時はまだバリバリのサラリーマン 早朝に家を出て帰宅は早くて午後の7時
そんな生活が続いていた
色々あった ある日犬が欲しくて愛護センターへ
そこで一匹の子犬と出会う
この子なら今すぐにでも良いですよと言われ 早速に貰い受ける手続き
そして我が家の子になった
名前は ハッピー そう現在の我が家の大事な家族ハッピーである
可愛い可愛い女の子だった

それから 家へ帰るのが楽しみになった
ただいまと玄関ドアーを開ければ 真っ先に飛び出してきて思い切り尻尾を振って
迎えてくれ
朝は 窓から身を乗り出し あるいは勝手場のドアーから身を乗り出すように送ってくれた

そんな生活がしばらく続いた が やがて定年
毎日 朝から晩まで一緒にいるようになった
それが嬉しかったのか 私の側から離れようとしなくなった

そんなハッピーといろんな所へ行った
海、川、山、連れて行ける所は何処でも連れて行った
東京へも行った事がある
こんな日がまだまだ続くかと思ったんだが・・・

15歳の誕生日を迎える頃 それが急に始まった 老化現象だ
それ以来車には乗せられず
今までの様に一緒に出掛けることもできなくなってしまった
又 今年に入って下痢騒動
いよいよ体が痩せ 食べる量も極端に少なくなってきた
今では自分で食べるのもままならず 掌に乗せて与えている
又 トイレ時 足腰が極端に弱くなっている為
うっかりしていれば排便、排尿した所へ尻もち
其の為 腹へ腕を差し伸べ尻餅をつかないように補助
歩くのもままならず 散歩もほとんど抱っこ
家の中ではそれでも歩いてはいるが・・・・
抱っこの状態でソファーに座れば それで安心するんだろう
直ぐに眠ってしまう
そんな横顔を見てると 可愛いを通り越して愛しさが募ってくる

7月末であれから16年と4か月になるのか
想い出すなー ハッピーが我が家に来た時の事を
可愛い可愛い女の子だったP5040234腕の中で安心しきって寝ているハッピーの横顔を見ていると
ついつい昔の事を思い出してしまう今日この頃。003_2
010という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・上の一枚は16年前 下の2枚は6月29日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅にて









2017年6月27日 (火)

蓮の花咲く頃・・・蓮花寺池公園にて

2017年6月27日

毎日腰痛と相談 全く嫌になるが まあ仕方がないか・・・
この日は比較的調子も良く これならちょっくら出かけられるかなと思い
蓮花寺池公園まで行ってくる
この時期の花と云えば紫陽花 だが目的は別にある
それは蓮の花 今までもハッピーを連れ良く行ったものだ
あの花の形がいい まるで中に妖精でもいるが如くだ

実際 出かけたのは昨日26日午後からである
ハッピーが寝ているのを確認し 行ってくる 3時までには戻るよ と
11時半少し過ぎた頃自宅を出る
蓮花寺池公園Pへは35分ほどで到着
早速池へ
咲いてるかな?見れば ピンク色が見える
蓮の葉の上に あるいは葉蔭に 中には既に散ってしまったものも
蓮の花は蕾が開き始めて散るまで4日ほどの命
特に朝が良い様だが それは ちと無理
どうしても日中の観蓮(こういう言葉が有るのか如何なのかは?)となってしまう

花にレンズを向けながら 池の周りをユックリと回る
トンボも飛んでいる
良し 又 こっちも狙ってみるか
蓮を狙ったり トンボを追ったり 植えられている紫陽花に気をとられたり
一回りし終わったころも それほど疲労感も覚えず
車に戻る
という事で 下に この時の写真を
尚 飛んでるトンボはコシアキトンボ ピントは???である
まずは

Img_2569続いてImg_2571
Img_2573下の写真は 蓮と睡蓮のコラボだが・・・う~~んImg_2582下は睡蓮 蕾と咲き始めたばかりの花 水鏡に写って上下対称Img_2585花弁の陰に誰がいるのやら???Img_2588途中 気をとられた紫陽花 ごく平凡な花だが 先日の雨に生き生きしていたImg_2598そしてトンボ ピントだけ手動にし 後はオート
慣れない飛びもの 何とか撮った だがボケボケ まあ仕方ないかImg_2604下は止まった瞬間に撮った物 これもピントは何処に合ってんだか!Img_2607その後 又 蓮の花見となるImg_2617そして最後にImg_2620という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・6月26日
場所・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園

蓮の花言葉・・・・・・・・清らかな心、 神聖、 離れゆく愛、 雄弁

睡蓮の花言葉・・・・・・清純な心、 信頼、 信仰
































 


 

2017年6月24日 (土)

合歓の花咲く安倍川河川敷にて

2017年6月24日

ふ~疲れた まだそんなに歩いてないのに何故だ❢ ふ~・・・・・・・

23日午後の事 今から牛妻まで行ってくると出かける
別に安倍川見たさではなく 河川敷に咲く合歓の花である
国一を浜松方面に向け走っていると 所々で目にする合歓の花
あれなら安倍川でも咲いているかな と そう思い 出かけた次第である

車から降り 河川敷グラウンドにつけられた道を
先日の雨で流れを取り戻した川面を眺めながら
下流側へ向かいブラブラ歩いて行く
  下の写真は上流側を望むImg_2523合歓 咲いてるかなーと思いつつ歩いて行けば
やがて見えてきた一本の木 合歓の木だImg_2524おりからの風にピンクの花が揺らめいているのが分った
もっと近寄って見てみようImg_2526
Img_2527案外強い風 ピントをどこにどうして合せたらいいのか良く分からないような
揺れ方だ
位置を少しずつ変えながら 治まるのを 待つ
風が治まる瞬間を待って シャッターボタンImg_2528上の写真 バックの山は龍爪山

そうして しばらくこの木の側に居たが 他の木も咲いてるんではないかと移動する
山を見たり川面を見たりしながら歩く
足元にはムシトリナデシコがピンクの花を思い切り広げているImg_2539それを踏まないように 気をつけながら移動 そしてImg_2534
Img_2544
Img_2547上を見たり 足元を見たり ハッピーを連れて遊びに来た事を想い出したり
しながら歩いていればImg_2549上の写真はムシトリナデシコに止まって蜜を吸う蝶
下の写真は流れの中に咲くカラーの花Img_2551
その内に疲労感 可笑しいなー まだ車を置いた所からそんなに歩いてないぞ
何故なんだ???
丁度いい ここで少し休憩して行くかと
安倍川土手につけられた階段へ腰を下ろす それにしても
腰のせいなのか 陽気のせいなのか
前にはこんな事はなかったんだがなー

帰るか でも 嫌でも車まではいかなきゃなー
元来た道をユックリ戻る

最後にもう一枚 合歓の花をImg_2561腰と陽気 何か関係あるんだろう この日は早く寝てしまった。

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・6月23日
場所・・・・・・・・・・・・・安倍川中流域牛妻河川敷

合歓の花の花言葉・・・・・・・・・・歓喜、 胸のときめき

ムシトリナデシコの花言葉・・・・偽りの愛、 青春の息吹、 落とし穴
















  • 2017年6月21日 (水)

    桔梗の花と紫陽花と・・・・森町桔梗寺にて

    2017年6月21日

    今日は雨 しかも大雨 2時過ぎこれで峠を越えたかと思ったら 又降りだし4時には静かになった これで続いていたカラカラも少しは潤うだろう。

    話しは昨日20日の事 久しぶりに森町にある桔梗寺まで出かけてきた
    ここは全国でも1,2を争うほどの桔梗園を持っているお寺である
    正式には香勝寺と云う
    家を出たのが11時半 国一を走り 掛川から県道40号線に入る
    目的の桔梗寺へは1時到着
    ほぼ予定通りだ
    山門をくぐり

    Img_2516園入口の受付で入園料を払い 中へ
    その時 受付嬢がこういった
     まだパラパラしか咲いてなくて満開になってないので済みません と
    いや そんな事ないですよ 咲いてればそれで良いですよ と 言葉を返し中へ
    成程ねー
    2分 いや 1.5分って処か だけど 他の花も咲いてて 差し詰め花の寺だな
    取り敢えず写真撮って行くかと 花にレンズを向けるImg_2409
    下の写真 この花の名前 糸桔梗と云うそうだImg_2412
    Img_2418下の写真は桔梗と女郎花のコラボImg_2422下は 河原撫子 ここに咲いていたのは下のピンクと白 それに紅色が見られたImg_2429それに 萩の花Img_2506満開の紫陽花、これまた満開の河原撫子、咲き始めていた女郎花 萩の花等々
    Img_2436
    Img_2439下の写真 奥の方に見えるのは紫陽花Img_2443
    Img_2455
    Img_2465
    Img_2475下も 桔梗と紫陽花のコラボだImg_2486そして最後に もう一枚Img_2513これらの花と桔梗の花を写真に収め 2時半少し前だったか
    桔梗寺を後にする
    家へ帰れば4時 ハッピーも午後の眠りから覚め 帰りを待っていた
    良し良し さあ行くか でも少し待ってろよ 今着替えるから
    そして 例によって抱っこして散歩に出かける。


    という事で 今日は この辺で じゃあ又


    写真撮影・・・・・・・・6月20日
    場所・・・・・・・・・・・・森町桔梗寺

    桔梗の花言葉・・・・・・・・・永遠の愛、 誠実、 清楚、 従順

    女郎花の花言葉・・・・・・・美人、 はかない恋、 親切

    萩の花言葉・・・・・・・・・・・思案、 内気、 柔軟な精神

    撫子の花言葉・・・・・・・・・大胆、 才能、 純愛

     

    より以前の記事一覧

    2017年7月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          

    最近のトラックバック