無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年1月14日 (日)

ローバイ咲く頃

2018年1月14日

昨日13日昼前の事 ハッピーの世話も一通り終え 少し時間に余裕があった為
ローバイの花見に出かけて来た

行った先は服織(はとり)洞慶院(とうけいいん)の梅園だ
ここの梅園の梅は古木が多く風情ある風景が見られる事から花の時期は
大勢の人出賑わう
が 今はローバイ
去年のアルバムを紐解いたら1月7日には満開を迎えていた為
今年もと思い行って見た

満月ローバイとソシンローバイの2種類が植えられているんだが
ソシンローバイはまあまあ
満月ローバイの方はやっと咲き出し 1分まで咲いていたかどうか

それでも花見に来る人だけは後から後へ
何れも少しがっかりしたような感じでは有ったが・・・

それだけ今年は寒い日が続き花もそれを感じ取っていたんだろう
蕾はたくさんついていて 後 1週間から10日と云った処だったか
それでも例によっていいとこ撮りだけして帰宅する。
という事で その時 撮ってきた写真を数枚 下へ
まずはソシンローバイImg_6654次は満月ローバイImg_6733見ると開花時期はソシンローバイの方が早く感ずるのだが・・・
下も満月ローバイImg_6738これも満月ローバイ いいとこ撮りだImg_6739次はソシンローバイImg_6748撮っている時もローバイ特有の香りがなんとなく漂ってきていたImg_6750一昨年あたりまではローバイを見に行った時 傍らに必ずハッピーも一緒だったが・・・
勿論梅の時期も・・・・
下の写真はマンゲツローバイImg_6759次はソシンローバイ なぜかこの木だけは満開に近かったImg_6767そして最後に ソシンローバイをImg_6768という事で 今日はこの辺で 咲き始めたローバイの花見に出かけた一時でした。
じゃあ又 なお この13日 富士山の良く見えていた事よ
帰りに信号で止まった隙に車の窓から一枚ガシャリImg_6776



写真撮影・・・・・・・・・・・・1月13日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

ローバイの花言葉・・・・・ゆかしさ、 慈しみ、 先導、 先見


























2018年1月11日 (木)

紅富士を見るつもりで出かけたまでは良かったが・・・

2018年1月11日

昨日10日夕方の事
天気もまずまずだし 行ってくるかと 何時ものように自転車を引っ張り出し
安倍川へ 目的はただ一つ紅富士

夜明けの富士も良いんだが こちらは中々その機会が・・・・
それでいつも夕方の紅富士となる。

安倍川橋を渡り終え 何時ものポイントへ行こうと右折し ヒョイと富士山を見れば
何だあの雲 宝永山より上の部分がスッポリと覆われているではないかImg_6700しかも 雪雲
こりゃあ今日は駄目かな 一応いつものポイントへ行ってしばらく待ってみるか

やがてポイントへ到着
そして 雲の切れるのをじっと待つも 待てど暮らせど雲は晴れない

ついでの事ながら安倍奥の方へ目をやれば 青笹山位までは見えるが
それ以上奥は雪雲に覆われ何も見えずだImg_6706仕方ないな 予報が予報だもんな

もうちっと待って駄目なら帰るか と 思いつつImg_6709富士山にじっと目を凝らしていれば
やがて雲が飛ばされ ほんの僅かだが 山頂部が現れたImg_6716
Img_6718
Img_6720おっ これなら良いかな と 期待し 見つめていた だが 結局駄目
再び雲のベールで隠されてしまったImg_6723しょうがないな 帰るか
又 見にくればいいんだし と 自転車にまたがる

最後にもう一枚 安倍川橋を渡る前 静岡の街越しに雪雲を被った富士をガシャリImg_6728という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・1月10日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸

2018年1月 8日 (月)

光る海と青い空・・・・久能山より

2018年1月8日

正月2日午後の事
余りの好天に 今から久能へちょっくら初詣に行ってくる 遅くも4時までには
帰るよ ハッピーの事頼むな と 家内にいい自宅を出る

150号線 別名 苺街道 そこへ出た良いけども 何だこの混雑
もしかしたら皆行先は久能なのかなー と思いつつ 山下へ
やっと見つけた駐車スペース
とは云うもののこの時期だけの500円也の有料スペースだ

ここまで来たんだ まあいいかと P代を払って 石段下へ
まあ凄い 人、人、人だ 正月と云えど今までこんな大勢いたかなー
首をかしげながら鳥居をくぐり石段に取りつく 上まで1159段の始まりだ
この石段 別名 段数をもじっていちいちごくろうという呼び名がある
其処を快調に登って行くImg_6557何人抜いたんだろう
九十九折りの石段 時折へばった様な人も何人か追い越したImg_6561ある高さまで登った時 ふいと海の方を振り向く
眩しいまでに輝く海 キラキラと太陽の光を反射させ光っていたImg_6563後ろの海は駿河湾 深い藍色をした水だが そこだけ金色に輝いている
うわー 素晴らしい 思わずカメラを向けシャッターを切っていた
そしてしばらく眺めていたImg_6565真っ青い空の下に真っ青い色をした駿河湾
周囲にいる人たちも思わず感嘆の声を上げていたImg_6574その時だ 向こうから何かが飛んでくる 一つ、二つ、都合4つ
そうパラグライダーだ 急ぎレンズを望遠に付け替え撮った写真が下の写真
ここには載せなかったがズームを最大にして撮って見たら
操縦士の何と気持ちの良さそうな事よ
目の前を通り過ぎるまで眺めていたImg_6581その後東照宮本殿へ行ったが なんとまあ あまりの混雑に少々あんぐりImg_6589それでもここまで来たんだからと列につながり 一時 カメラをひっこめ
参拝 そして外へ
それにしてもすげー 人の波
早々に戻るかとImg_6609石段をUターン

下に見えるハウスはほとんどが苺 中には葉生姜のハウスもあるとは思うがImg_6611帰り 来た道を戻るんでは又混雑
そうだここまで来たんだから少し遠回りだが三保真崎まで行ってくるかと
立ち寄ればImg_6620穏やかな駿河湾の向こうにいつもと変わらぬ富士山の姿が聳えていた

正月2日の事でした

なお 翌3日には浅間神社に初詣 そして玄関飾りを購入して来ている

写真撮影・・・・・・・・・・1月2日
場所・・・・・・・・・・・・・・久能山 及び 三保真崎海岸

2018年1月 5日 (金)

明け行く富士と初日の出

2018年1月5日

前回の続きの様なものです
元旦の朝 5時に目が覚める
ハッピーの様子を確認し 着替えを済ませ
ドアーを開け外を見れば何時雨が降ったのか路面はびっしょり が 空には星が瞬いている
なら行ってくるか 初日の出を見に安倍川へ
この日の日の出は確か6時54分
その1時間ほど前だったか自転車で家を出る
駿河大橋を渡り終える頃後ろを振り向けば まだ明けやらぬ空の下に
富士山が堂々と聳えていた
こりゃあいいぞ 明け行く富士と日の出の両方を見られるなImg_6482駿河大橋を渡り終え今回は下流側に
一度用宗街道へでて国道と東海道線 及び新幹線をくぐり 右岸の土手へ上がる
道は車でも通れる舗装道路だが諸車通行止め
適当な場所に止まり 徐々に明けてゆく富士山を眺めていればImg_6489夜はしらじら明けてゆくImg_6492どの位経ったろうか 海の方を見れば かなり赤みがさし 夜明けが近い事を
知らせてくれていたImg_6497富士の山も段々明るくなってくるImg_6506そうだ もう少し下流側へ行くか その方が日の出も良く見えるだろうと
自転車に跨り ペダルを漕ぐ
静岡大橋をくぐれば 何と吃驚 大勢の人
日の出を見に来た人達だろう
思い思いの格好で海の方を眺めていた
その人達に邪魔にならないよう 自転車を進め ここぞと思う所にポイントを決める
そして日の出を待つ
同時に富士山を眺めながらImg_6511やがて 富士山に朝日が当たりだすImg_6523陽が出てくる方を望めばImg_6525出た 何年かぶりに見た初日の出だ
余りの荘厳さに思わず見とれて 富士山はついつい度外視していたのも事実だImg_6534
Img_6538      前回の項で載せた写真は上の写真を撮った直ぐ後の写真
      従って今回は載せなかった

陽が昇り 改めて富士山方向を見れば お山は朝の風景に
帰るか これだけ見れればもういいや
自転車に跨りペダルを漕ぐも 静岡大橋をくぐった所で
どうも後ろ髪をひかれる思い 自転車を止め
橋越しにお日様をガシャリImg_6549そして元来た道を自宅目指す

駿河大橋に来た時 富士山は完全に夜が明け 何時もの富士山が
其処に聳えていたImg_6555という事で 今日はこの辺で 元旦の朝の事でした じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・1月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

2018年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

2018年1月4日

新年明けましておめでとうございます

今年もハッピー共々宜しくお願いします。

という事で 早速

今月末で17歳の誕生日を迎えるハッピー
ソファーの上に載せてまず一枚

011次は 浅間神社へ初詣に行って撮った一枚
本殿横に立てられていた大きな大きな狛犬の絵馬
常葉の学生による作品と云う
この前で記念写真を撮る人が後を絶たず ちょっとした隙間にガシャリImg_6639そして 初詣時に購入してきた犬の置物 吉兆の戌という 酉から交代し
今年も一年 我が家を見守っていてくれる事だろうImg_6647そして元旦に撮った日の出写真
電線がいささか邪魔だったが・・・・・・・・Img_6541そして2018年の夜明けの富士山をImg_6543
元旦の朝 何年かぶりに日の出と夜明けの富士を見に安倍川右岸へ
上の2枚はその時の写真です
その時の事は 又改めて 今回はこの辺で・・・・・・・・・。

真撮影・・・・・・・・・・・・上の3枚・・1月3日
               下の2枚・・1月1日

場所・・・・・・・・・・・・・・・・自宅、浅間神社境内、安倍川右岸














2017年12月24日 (日)

冬の夜のウォーキング

2017年12月24日

毎年寒くなってくると夜のウォーキングに出かけている

今シーズンも11月から始めた

歩くペースは1km10分を目標だ

まずはR1へ出るImg_6261その後駅方面向かい
  下の写真はR1とR362の交差点Img_6268御幸通りを左折Img_6275スタスタ スタスタ マイペースで歩いて行く
  下の写真は地下道から上がった所で一枚Img_6279市役所前を歩きImg_6288中町の交差点を左折 本通りを安倍川方面に向かう
  見える鳥居は浅間神社方面Img_6291R362との交差点に出た所で左折Img_6299七間町との交差点を通り過ぎImg_6303イルミ瞬く青葉通りへ出て交番横を右折しImg_6310
Img_6314常盤公園を通過すればImg_6322後はまっすぐ

自宅に戻る凡そ4kのコースだ

雨さえ降らなければ 夜 ハッピーを寝かせた後 歩きに出る

たまーにカメラを持つこともあるが ほとんどの場合 無一物

ただ歩いてくるだけ

勿論手袋着用 灯りも持ち スタスタ快調に足を運べば

足元からポカポカ

ただ 指先だけは手袋通して冷気が忍び寄る

今は年末

そのせいもあって夜といえど街中は混んでいる

だが それには気にも止めず 今夜も歩いてくる 久しぶりにカメラを持って

冬の夜のウォーキング

という事で 今日はこの辺で じゃあ又

尚 次は年が改まってからの更新になると思いますので 宜しくお願いします。

写真撮影・・・・・・・・・12月23日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡市内

2017年12月19日 (火)

愛犬ハッピーの今日この頃・・・part56・・日向ぼっこ

2017年12月19日

ハッピー 外はいい天気だぞ そんな所で寝ていずに
日向ぼっこでもするか001_2冬晴れの真っ青い空の下 昼前 我が家の庭にはこぼれるような陽射し
しかも風は建物で防いでくれ比較的暖かい
ハッピーの為に 小さな 絨毯を持ち出し
その上に静かに下ろしてやれば
直ぐに下の写真の如し00320分ほどこうしていたか006そのうちに やっとの事で立ち上がるも 足腰のすっかり弱ってしまったハッピー
直ぐにこけてしまう そして足をバタバタさせる
側で見ていて悲しくなるほどだ

怪我をしてからでは遅い すぐに抱き上げ 絨毯の上に下ろしてやれば
又 同じ動作
じゃあしょうがない 抱っこしたまま日向ぼっこするかと
外流しのブロックに腰を掛け そのまま20分ほど
そして家の中に入る

これから寒い間 晴れてさえいれば こんな事が続くだろう

来月末には17歳となるハッピー 人間でいえば92歳ってところか

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・12月19日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅にて



2017年12月16日 (土)

湧きあがる雲と紅富士・・・・・・・清水船越公園にて

2017年12月16日

13日夕方の事
たまには清水船越公園へ行って見るかと 出かけて来た
目的は富士山だったが 公園へ向かってる時見えた富士は雲に覆われ
山頂がほんの少し見えていただけだった
が 到着しPに車を止め 公園から富士山方向を見れば
おお 雲はあそこだけなんだ なら いいか
日没までここで頑張って見るかと 腰を落ち着ける

この船越公園は桜でちと名が売れてる公園だ
時期になれば満開の桜が人々を魅了し 天候さえ許せば 桜と富士山のコラボが
楽しめる公園だ
以前には桜咲く時期ハッピーを連れて何度も訪れており
その都度素晴らしい風景を見せてもらっていた。

さあ これから日没まで凡そ40分 どんなショーを見せてくれるか じっくり見物と行くか

清水の街の向こうに堂々と聳える富士山
朝も一度行った事があったが この時間も中々素晴らしい
しかも安倍川から見るよりもはるかに大きく見える
右の方へ目を移せば駿河湾が青々と見え 愛鷹連峰から箱根の山 伊豆の山々が
良く見えていたのだが
残念なのは広角を持って行かなかった事 それだけだ

という事で その時 撮った写真を下へ
まずは 腰を落ち着けたその時に撮った写真から
山梨県側からであろうか
雲がモコモコと湧き上がり 駿河湾上へ飛ばされ流されているのが良く分かるImg_6187しかも形も様々に変わり ただ見ているだけでも十分楽しめる 今回のショーImg_6193そうこうしているうちに日は傾き 山は 少し紅色がかってきていた。Img_6205湧いては流れ 湧いては流れ 流れては消え 又流れては消え その繰り返しだImg_6210
Img_6220その内 すぐ側でカラスの鳴き声 何処だと見れば すぐ側に有った
鳥のモニュメントの尻尾の所へカラスが一羽 大きな口を開けて鳴いていたImg_6227眼を再び富士山へ
山はかなり紅が濃くなってきている 周囲の風景もそうだがImg_6230

Img_6243さて これだけ良い風景を見せて貰えば 完全な日没まで居る事も無いやと
カメラを納め車に戻るImg_6249最後に この日 公園に咲いていた日本水仙・・・・まだほんの咲き始めだったImg_6251という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・12月13日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市清水区船越公園

水仙の花言葉・・・・・・自己愛

2017年12月14日 (木)

流れる雲と紅富士と

2017年12月14日

3日ほど前の11日夕方の事
何時もの様に紅富士を撮りに安倍川へ
日没時間16時35分それよりも40分ほど早くポイント到着
この時富士山はクッキリ 周囲には雲一つなく晴れ渡っていた
が それじゃあなんとなく物足りず 欲を言えばきりがないんだが
兎に角何か一緒に撮れるものはないものかと
見れば
有った 上空にポカリポカリと流れる雲
あれを何とか入れて撮れないもんだろうかと しばし待つ
このくらいならカメラの視覚に入るかなって処でシャッターを切る
広角なら問題はないのだが 付けてあるレンズは望遠ズーム
いっぱいにズームダウンし富士山を端に レンズはやや上向きでガシャリ
山の方を見れば 南アから流れてきたんだろう 雪雲の成れの果てが安倍奥の山々の
上空で渦巻いていた 上空に見える雲はそのまた成れの果て 平野部へ出た所で
見事に消滅
そんな雲と 暮れゆく富士山のコラボをしばし楽しんでいたこの日の紅富士観賞
下にその時の写真を数枚

まずはポイントについたばかりの時 この時はまだ紅富士ショーは始まってはいない
正面に見える二コブの山は 龍爪山から派生する稜線上の高山という
一番手前の山も龍爪山からの尾根続きで その一番先端に静岡浅間神社があるImg_61074時少し回った頃から周囲がなんとなく赤らんできた
流れる雲もなんとなく色づいてきているImg_61284時を5分過ぎ10分過ぎ
自分の立ち位置は山陰 すっかり夕暮れモードなんだが 富士山方向は・・・・Img_6134日没15分位前になれば富士山もかなり紅色に
それが過ぎると麓の方から夜の闇に覆われてくるImg_6146
Img_6161
Img_6166で ここまでくれば もう日没近い
風も冷たくなり 気温も急に下がってくる そろそろ帰るか
その前にもう一枚Img_6180いやズームアップしてもう一枚などと
撮り始めたら中々終わらない紅富士撮影Img_6184この日も撮影をやめたのは 結局 紅富士ショーが終わった後の事でした。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・12月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡 安倍川右岸より

2017年12月11日 (月)

ミカンの丘のウォーキング

2017年12月11日

今から一月ほど前だったか 一通の封書が届く
封を切って中を見ればウォーキングのお知らせ
アグリウォーキングしみず2017の案内だ

書かれている内容を読むと 今年で10回目を迎えたと そして今回で最後の開催になると
えっ 本当か?
それじゃあ是非とも参加してこなきゃ
で 何時だ?

開催日は12月9日土曜日 しかも雨天でも決行とあり
それでコースはと尚も読んでいけば
JAしみず本店を出てJAしみず本店に戻ってくる11.3kのコースで
時間にして凡そ3時間とある
へー 11.3kねー これなら2時間半あれば何とかなるぞ・・・・・・

やがてやってきた12月9日
朝から快晴 絶好のウォーキング日和だ
一応デイバックに防寒着とタオルを放り込み
ハッピーのトイレと食事を済ませ 8時半ごろだったか 自宅を出る
受け付け場所のJAしみずまでは交通事情にも寄るが40分弱で到着するはず
その積りで車を動かしていく
到着はほぼ予定通り 受付を済ませ 地図とお茶を貰い おもむろに出発
案内標識の通りに歩いて行く
一人抜き 二人抜き 快調に歩いて行く 高速しみずJCTの下を通りImg_6031新東名につかず離れずのコースImg_6034その内コースは左へ いつか歩いた古墳の前を通り
清水トレセンの門前を通り過ぎればImg_6043道は何時しか両側にミカン畑の中の道路を歩くようになる ミカンの丘だImg_6049
Img_6059右へ 左へ しかも段々高みを増していく

その内暑くなる 途中で来ているものを一枚脱ぎ ザックに押し込み
尚もミカン畑の中の道
標高もだんだん上がってくる
新東名庵原ICの下を通り過ぎ 休憩施設立ち寄れば 正面の丘の上に
折り返し点が見えているImg_6069さあもうすぐだ ほとんど疲れも無く 足は快調
途中 後ろを振り返れば 清水港の向こうに三保半島
その向こうに駿河湾がキラキラ光っていたImg_6072間もなくついた折り返し点
そこでチェックポイントの印を貰い 少し景色を見ながら休憩Img_6073そして再び歩き始める
ここで思い出したのが又ハッピーとの事
来たっけなー 確か3回ほど連れて歩いたぞ その時の事が昨日の事の様に
蘇ってきていた。
そんな事を思い出しながら 足だけは快調に歩を進めていたImg_6084
Img_6094上の写真は二つ目のチェックポイント近くで撮影 向こうにミカンの丘と見える
木は山茶花でミカンでないのが笑えるが
下の写真は3つ目のチェックポイント近くで咲いていた冬桜
この桜に見送られゴールを目指すImg_6098
2つ目のチェックポイントを過ぎ3つ目のチェックポイントを過ぎれば
後1.3k程でゴール

無事到着した時 まだ 11時半少し過ぎた頃 所要時間休憩含め2時間と20分程

受付で無事到着のチェックを受け ささやかなるもお土産を頂き
ファーマーズでお昼を購入し ベンチでノンビリ食事をとり
家へ電話を入れる
今 終わったよ これから帰宅する 

清水の絶景を眺めながら心地よい汗をかいたこの日のウォーキング大会
出来る事ならまだまだ存続して欲しかったのが正直な気持ちだ。

ということで 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・12月9日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡市清水区

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック