無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2012年1月19日 (木)

大温室にてベトナム椿と御対面

2012年01月19日

今日は先日のフラワーパークの続きです。

ファインダーをのぞいて驚いた 曇っている なんだ 接眼部を見ても
何ともない、では フィルター? 案の定水滴だらけ
外が寒く、温室の中は亜熱帯から熱帯 無理もない

ハンカチをポケットからだし、拭きながら 花々にレンズを向ける。

温室へ入ると まず初めに満開のベゴニアたちに大歓迎
思わず目を見張る と同時に レンズを向けていたっけ
098鉢植えの花と云い、天井からと云い 一度に明るくなったよな感じ099それにしても暑い 当たり前だここは温室 しかも着ているものは
全くの冬着 脱ぐわけにもいかずそのままにしていたが
隣の部屋へ入ると そこではポインセチアが来る人を歓迎していた。
通路の両側に色とりどりのポインセチア、部屋の中央近くにはそれのツリーが106天井からは龍に引っ張られたそりがぶら下がっていたっけ。
今見ている所は 部屋の中全体を見下ろすことが出来る様 舞台の様になっている
次から次へ人が訪れる為、その人たちの間隙をぬって撮影。
次の部屋 ここが熱帯を模したところ
全く暑い けど 脱ぐわけにもいかず 手袋だけ外してポケットへ
ここで最初に歓迎してくれたのは109ブーゲンビレア2色あった だが待てよ ファインダーから見た状態
馬鹿に曇っている 変だなーと思いながら先端のフィルターを見たら
全面に水蒸気 ガラス面は冷たく部屋の空気は湿気と暖かさ
こりゃ駄目だ 曇るのも当たり前 ポケットからハンカチを取り出し
ぬぐいながらの撮影となってしまった110上の写真 曇ったまま撮った為 薄暗くなってしまった。111上の写真 名前を記したプレートはあったが あいにくその名を記すのは
忘れてしまった。
でもピンクが可愛らしいね129上のオレンジ色の花は カエンボクと云う。117これはランの仲間だね
次もそうだ121まだ 温室ならではの花はあったものの とにかく暑い
ここから早く出たくなり、先ほどのポインセチアの飾り付けられた部屋へ
ここで本当に珍しいものを見た
今まで見た事がない花 その名もベトナム椿と云った
ベトナム北部の原産でテト(旧正月)に使用するらしい
123いわゆる日本の椿とは違う だが花芯の雄蕊、雌蕊を見ると
紛れもなく椿、しばし 見とれてしまった。
もう一つ変わったものに128ドンベア チリアセアと云う 青桐科で南アフリカ東部が原産と云う

こんな珍しい花を見ながら ゆっくり散策 次の部屋に向かう
次はサボテン 

ここでは特に写真は撮らなかったが 珍しいサボテンを見ることが出来た

それにしても暑い
早く外に出たくなり 温室を後にした 時計を見ればやがて4時
風はいよいよ冷たく 日は暮れ始めている
そろそろ帰るか 噴水広場の上に掛かる橋を渡り もう一度チューリップを見
公園を出る
最後にもう一枚 チューリップを俯瞰できるように櫓が組まれており
そこから写真を撮ってみた
向こうに小さく見えるのが大温室。147これだけ撮ってゲートを出る
Pへ戻り 帰宅
高速経由で5時半には戻っていた。

この公園 浜松西インターから15分ほど、浜名湖のすぐ近く
浜松市営の動物園が隣接し、チケットも同時に買う事が可能だ
また舘山寺温泉街がすぐそばにあり、大草山ロープウェイ乗り場にも近く
車で15分も南下すれば県営ガーデンパークをも楽しむことが出来る
朝から来るか、舘山寺へ一泊すれば 楽しい時を過ごすことが出来ることと思う。

今回私は午後から出掛けた為 このフラワーパークだけで終わったが・・・・

これで この項は終わります。

じゃあ 又ね。


撮影日・・・・・・・・1月14日
場所・・・・・・・・・・浜松フラワーパーク

チューリップの花言葉; 博愛 永遠の愛情 愛の告白

ローバイの花言葉; 先導、 先見、 慈愛、 優しい心

水仙の花言葉; うぬぼれ、 自己愛、 エゴイズム

菜の花の花言葉; 快活な愛、 競争、 小さな幸せ























2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック